IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!
新ページのお知らせ

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。


Nikon Z6II
新:Nikon Z6II

Z6LFS
Nikon Z6

Z6_N200_500_TC20EIIIUP_M
Z6+TC-20+200-500mm
Z6II_FTZ_TC20EIII-200-500mmM
Z6II+TC-20+200-500mm
Z6LFS
Z6で撮影

D500
Nikon D500

TGJ_FallLeefS
D500で風景撮影

1510CosmosBeeSS
D500で晩夏の花撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

1510CosmosBeeSS
NIKON Camera


D750view
ニコンD750レポート

1510CosmosBeeSS
D750で春の花撮影

KRS_2FaquaS
D750で水族館内の撮影

THK_HibariS
D750で博物館内の撮影

TDK15CheaterS
D750で動物の撮影

SkyTreeTopS
D750でスカイツリー撮影


【NIKONの製品】

掲載データ“禁転載”

chs_banner


野鳥サイトはこちら!

Z6II+超望遠レンズで野鳥撮影

新Z6II+(TC2.0x)+200−500mm撮影画像

移 動: Z6IIで2.0xテレコン撮影!! Z6デビュー!! Z6で2.0xテレコン撮影!! Z6登場!!

アオサギ
気流とアオサギ
ツグミ
ツグミ
タシギ
タシギ
ハシビロガモの景色AosagiAshiUp_TKYP201206M
ハシビロガモの景色
カルガモ
カルガモ
コサギの飛翔
コサギと光る水粒
カイツブリ
カイツブリ爆走
枯れ枝とコゲラ
枯れ枝とコゲラ
トビの飛び立ち
トビの飛び立ち
イソシギ
40m先のイソシギ
ジャンプ:Z6+(TC2.0x)+200−500mm撮影画像
藪の中のウグイス
藪の中のウグイス
ダイサギの飛翔
ダイサギの飛翔
カイツブリ
カイツブリ
ササゴイ
ササゴイ
コチドリ
コチドリ
ゴイサギ
ゴイサギの若鳥
魚を咥えるダイサギ
魚を咥えるダイサギ
ウミネコ
ウミネコ
コゲラ
コゲラ
ザリガニとアオサギ
ザリガニとアオサギ
オカヨシガモ
オカヨシガモ
キンクロハジロ
キンクロハジロ
カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ
ハシビロガモ♂
ハシビロガモ♂
ハシビロガモ♀
ハシビロガモ♀
“TKYP”
野鳥公園  

移 動: 2.0xテレコンOK!Z6 +TC-20EIIIでハシビロガモの撮影 +TC-20EIIIでコゲラの撮影 アオサギとザリガニ +TC-20EIIIでオカヨシガモ +TC-20EIIIでキンクロハジロ +TC-20EIIIでカンムリカイツブリ 2.0xテレコンとZ6

リンク: Z6で野鳥撮影 NIKON Z6II登場!! 多摩川の野鳥たち/シラサギ 野鳥サイト 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

     
     

   引き続きf5.6の望遠レンズでも2.0xテレコンが使えるNIKON Z6II      トップへ

Z6II_FTZ_N200_500_TC20EIII
Z6IIでも、2.0xテレコン+DXモードで1500mmまで焦点距離が拡大します。
Z6II_EmblemV
NIKON Z6II
Z6II_BodyF_EVF_M
バトンを受取った『新Z6II』

 ミラーレス一眼カメラのZ6・Z6IIでは、画像処理エンジンを含め暗部性能が飛躍的に上がりました。小さい野鳥撮影の場合、焦点距離は長い方が撮影に余裕が生まれます。また絞り込んだ時の回析補正をONにすることに寄って、被写界深度を広げげてもシャープさが確保されます。このように、超望遠レンズを使用した時のメリットはかなりあるようです。

 Z6初号機を入手まで、D500+TAMRON150-600mmもをメインに使用し、現在は併用しています。この時の焦点距離はDXモードで900mm相当です。しかしタムロン製品には純正テレコンが物理的に接続できませんので、これがタムロンA011 ( SP150-600mm)接続時の最大の焦点距離数になります。

TeleCon14.20x
純正テレコン1.4xと2.0x
◾Zシリーズは他社レンズが使用不可能

 Z6初号機入手時にサードパーティレンズを接続しましたが、タムロン150-600mm(A011)はオートフォーカスが効きませんでした。被写体が動かない場合はマニュアルフォーカス撮影ができますが、動き回る小型の野鳥などでは使い物になりません。Z6初号機購入時には野鳥撮影のメインはD500でしたがオートフォーカスは合成f値はf8で、2.0xテレコンはAFが使えません。仕方なくTC-14EIIIを購入して純正200-500mmEf5.6に接続して撮影していました。手元に2.0xテレコンがありましたが、製品サイトには明記しておらず、当然Z6もD500と同じようにAFが使えないと認識していました。

TobiFly141214
2.0xテレコン+70-200mmf4

 こんな事で構造上TC-20EIIIは前玉が飛び出しているため、レンズの後ろ玉に接触する可能性があるなど、広角〜標準ズームでは構造上制約を設けています。結局手元にある対応レンズは主に植物撮影用の70-200mmf4専用になりました。Z6IIは2xテレコンを装着すると、FXで400~1000mm,DXモードで600mm〜1500mmとなります。流石に飛びもの追うには画角が狭いので、D500にこの70-200mmf4に1.4xテレコンを接続して居ます。こちらの方は35mm相当で147〜420mm程度となり比較的近い距離の被写体にも向きます。

◾Z6シリーズはf5.6レンズ+2.0xテレコンでAFが効く!
TELECONsetD500
D500のテレコンは合成F値8のレンズまで

 Z6+TC-14EIII+AF-S200−500mmのDXモードでの最大の焦点距離は1050mm相当となります。これではTAMRON SP150−600mmのDX時900mmとさほど変わりません。2.0xが接続できたらいいのになぁ…と思いながら試しにZ6にFTZを介して2.0xをAF-S200-500mmEf5.6に接続してみました。遠景の数カ所にピントを合わせてみるとなんと!この2.0xテレコンでAFが効くのがわかりました。
 Z6+FTZ+TC-20EIII+AF-S200-500mmEf5.6でDXモードで撮影すると、この時より、焦点距離はさらに伸び、1500mm相当となります。これで2.0xの利用価値が出ました。滅多にありませんが、オートフォーカスは被写体のコントラスト差が非常に少ない時に稀に迷う時がありました。

◾Z6シリーズのDXモードでは10Mpixに
D750pic_14

 Z7IIは画素数が45.4Mピクセルあるので、DXモードにしても19.5Mピクセルありますので中級クラスに近い画素数があります。画質は当時とは雲泥の差なので単純に比較は出来ません。FXモードで2450万画素のZ6IIのDXモード設定では1032万画素になり、2006年のD80の画素数に近くなります。しかし、明瞭度、解像感、発色などは当時とは比較できないほど進歩しています。
 ミラーレスのメリットとして、一眼レフのOVFではDXモードがファインダー内に枠表示されます。EVFではFX時の時の様にDXモードでも全面で表示されますので、モード変更しているのを忘れるほど、自然に撮影できるのがEVFのメリットです。
 高画素数のセンサーでは画素数が増える程、センサーサイズが同じなので、画素1ピクセルサイズが小さくなるので暗部性能が下がる様です。しかし、20メガピクセルクラスがDXに変更すると画素数が激減してしまうので、Z6グレードで暗部性の優れた2450万画素〜3635万画素のDXカメラが発表されることが待ち遠しく思います。

◾Z6シリーズは設定でファインダーで部分拡大の確認可能!!

 D500では、ピント合わせの時ライブビューで液晶モニターで確認することができました。風景撮影などでは問題ありませんが、動きのある被写体を撮影するには、ファインダー画像で追うことが不可欠です。ミラーレス一眼になって、ファインダーから目を話さずにピントの拡大表示がOKボタン等の設定で、出来るようになりました。このおかげで、動きのある被写体の撮影には決定的な差がつきました。「受光素子の画を直接見ることができる事」これがミラーレスのメリットかもしれません。
 その他のメリットとして、EVFは、被写体やレンズが暗くても明るく表示してくれます。一旦同じ環境でOVFのファインダーを覗くと「こんなに暗かったんだ」と実感します

◾EVFファインダは明るくて見やすい!
Z6II_Body
デュアルExpeed6の
Nikon Z6II

 新しいZ6IIではEVFの見え方が改良されました。この先代のZ6では飛び物を追って連写すると、カクカク動いて見えました。OVFのD500と2台持ちの時に比較しすると当たり前ですがOVFの方は、被写体を自然に追う事ができます。見た目のクリアー感はOVFには叶いませんが、Z6IIになって連写中のファインダー表示はまたたきが消え、滑らかに見える様になり撮影がし易くなりました。

  Z6II 翼と背の気流を感じるアオサギの飛翔  トップへ

AosagiFly201220B
気流で羽毛の動きが感じられるアオサギの背
NIKON Z6II+FT-Z+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO3200, 1/6400/F11/-0.7段 DX 1350mmトリミング
アオサギのページは、こちらから

  Z6II+NIKKOR AF-S200-500mmE+TC-20EIII:ツグミ  トップへ

TsugumiR_201220
干潟の泥地で餌を探すツグミ
NIKON Z6II+FT-Z+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO3200, 1/8000/F11/-0.7段 DX 1350mmトリミング
ツグミページは、こちらから

  Z6II+NIKKOR AF-S200-500mmE+TC-20EIII:タシギ  トップへ

TashigiL201220
干潟の泥地で餌を探すタシギ
NIKON Z6II+FT-Z+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO3200, 1/4000/F11/-0.7段 DX 1500mmトリミング
タシギのページは、こちらから

  ZZ6II:ハシビロガモと葦原の景色  トップへ

HashibiroG_SceneryWinter201206
冬の淡水池に航跡を残すハシビロガモと葦原の景色
NIKON Z6II+FT-Z+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO20000, 1/6400/F14/0段 FX 420mmトリミング
ハシビロガモのページは、こちらから

  Z6II:湧水が流れ込む池とカルガモの景色  トップへ

Karugamo2SGI201206
水辺の整備に驚いて木陰に避難したカルガモ
NIKON Z6II+FT-Z+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO5000, 1/60/F14/0段 FX 1000mmトリミング
カルガモのページは、こちらから

  Z6II:葉が落ちた枯れ枝で餌を探すコゲラ  トップへ

KogeraRBr_MKP201206
葉が落ちた枯れ枝の高所で餌を探すコゲラ
NIKON Z6II+FT-Z+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO5000, 1/2000/F14/0段 FX 650mmトリミング
コゲラのページは、こちらから

   Z6II 水辺の野鳥11月下旬:コサギ      トップへ

KosagiWalkinWater201129
浅場で餌を探すコサギで水が透き通っているため黄色い足が見えます。
KosagiFly201129
脚からガラス粒の様な水滴を散らし、飛び立つコサギ(クリックで拡大可)
撮影NIKON Z6II+FTZ+AF-S200-500mmf5.6E+TC-20EIII 1020mm相当,ISO3200,1/8000,f11,-0.7段
コサギのページは、こちらから 多摩川・武蔵野のコサギのページは、こちらから

   干潟・海辺・水辺の野鳥11月下旬:カイツブリ      トップへ

SuzugamoRampageKaitsuburiRun201129
突然狂った様に泳ぎだしたカイツブリに驚く2羽のスズガモのメス(クリックで部分拡大可)
NIKON Z6II+TC-20EIII+AF-S200-500mmRf5.6,1500mm相当,ISO3200,1/3200,f11 トリミング
カイツブリのページは、こちらから

  Z6II:トビと応援を待つハシブトガラス  トップへ

Tobi_DrowfBranch201129B
にらみ合いで加勢の仲間を待つハシブトとトビ
NIKON Z6II+FTZ+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO2500, 1/1600/F18/0段 (DXモード:1500mm相当)トリミング
TobiTakeOffBranch201129
沢山のハシブトを避けるために枯れ枝から飛び立つトビ
NIKON Z6+FTZ+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO2500, 1/1600/F18/0段 (DXモード:1500mm相当)トリミング
トビのページは、こちらから

  Z6II:40m先の対岸で餌を探すイソシギ  トップへ

Isoshigi_Z6II_201129
淡水池の水上を渡り40m先の対岸に降り立ったイソシギ
NIKON Z6II+FT-Z+TC-20EIII+AF-S200-500mmE f5.6ED 設定: ISO6400, 1/1600/F22/0段 (DXモード:1500mm相当)トリミング
イソシギのページは、こちらから

  2.0xテレコンが使えるNIKON Z6II      トップへ

Z6IIL_FTZ_N200_500_TC20EIII
ShukaraInBush
薮の中で餌を探すシジュウカラ

NIKON Z6II

 小さい野鳥や遠くにいる野鳥などは望遠レンズで撮影しないと、小さすぎて上手に撮れません。レンズ交換ができる一眼レフでは、200mm程度〜600mm程度までは10数万円程度で高性能な望遠レンズが揃っています。この辺りをチョイスすると良い画を撮ることができます。しかし、解像度優先に作られているために、テレコンの前玉が前マウント面より出っ張っています。「レンズ後部がテレコンバーターに接触し、破損する恐れがありますので、取り付けないでください」との注意書きがあります。このため装着は主に望遠(ズーム)レンズが対象になります。(詳しくはAF-Sテレコンバーター使用上の注意をご覧ください。
 持ち運びに関しては、特に超望遠ズームレンズ(400mm~)は大きく2kg以上あります。ボディと合わせると3kgをゆうに超えます。またしっかりした三脚は2〜3kgありますので、こちらを合わせて持っていくと、合計重量は5〜6kgになります。また他にサブカメラを持っていくとなると、軽くても2〜3kg増えますので、計7〜9kgになってしまいます。撮影目的を決めていないと、撮影が重労働になってしまいます。


マウントアダプターと超望遠レンズ

 こんな時持っていると便利なのがテレコンバーターです。また、構造上、D500などのカメラでは、テレコンを装着した合成F値がf8までのレンズしか使えませんので、レンズ本体のの明るさがf5.6までが装着可能でした。結局オートフォーカスは、f5.6x1.4倍=f7.84に収まるTC-14EIIIでしか使えませんでした。
 2.0xテレコン装着で焦点距離は2倍に伸びますが、絞りが2段暗くなりF5.6レンズですとF11になります。D500のオートフォーカス検出範囲-4EVからでした。しかし画像処理エンジンEXPEED6を搭載したZ6では、オートフォーカス検出範囲が「ローライト設定-6EV」と暗部性能が上がったせいでf5.6+2.0xテレコンでオートフォーカスが効く様になりました。
 メリットは、最短撮影距離が装着するレンズと同じなので、花や昆虫などの近接撮影では効果抜群です。ニコンのコンバーターのページには対象外をなっていますが、Z6の登場によってNikonのTC-20EIIIの活躍範囲が広がったと言えます。
 このZ6でDX(APS-C)モードにすると焦点距離は1500mmまで伸びます。DXモードは、等倍にするとFXに比べると画質は多少荒くなります。テレコン装着すると画質は多少落ちますが、比較的明るい時に撮影すれば、絞りやシャッタースピードを上げることができます。
ZのAF検出範囲(ローライト時):Z7は-4EV、Z6は-6EV、Z5は-3EV、Z50は-4EV

 Z6で活躍する AF-S TELECONVERTER TC-20EIII
NikonTC20EIII
Z6IIでAFが効くTC-20EIII

 焦点距離が伸びると被写界深度は浅くなり、画角が狭くなってきますのでブレなど撮影には注意が必要です。ニコンの最近の機種では画像処理エンジンに暗部に強いEXPEED6が搭載されました。感度を上げても比較的ノイズが少ない状態で撮影出来ますので、以前の機種よりもさらに上のスピードでシャッターを切ることが出来ます。 三脚で確実に撮影される方は、ただでさえ重いレンズですので、リモートコードを使用すればブレ対策には万全です。これでさらに良い環境で超望遠撮影ができます。

ジャンプ:新Z6II+200−500mm撮影画像
アオサギ
気流とアオサギ
ツグミ
ツグミ
タシギ
タシギ
ハシビロガモの景色AosagiAshiUp_TKYP201206M
ハシビロガモの景色
カルガモ
カルガモ
コサギの飛翔
コサギと光る水粒
カイツブリ
カイツブリ爆走
ハシブトとトビ
ハシブトとトビ
トビの飛び立ち
トビの飛び立ち
イソシギ
40m先のイソシギ
ジャンプ:Z6+200−500mm撮影画像
藪の中のウグイス
藪の中のウグイス
ダイサギの飛翔
ダイサギの飛翔
カイツブリ
カイツブリ
ササゴイ
ササゴイ
コチドリ
コチドリ
ゴイサギ
ゴイサギの若鳥
魚を咥えるダイサギ
魚を咥えるダイサギ
ウミネコ
ウミネコ
コゲラ
コゲラ
ザリガニとアオサギ
ザリガニとアオサギ
オカヨシガモ
オカヨシガモ
キンクロハジロ
キンクロハジロ
カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ
ハシビロガモ♂
ハシビロガモ♂
ハシビロガモ♀
ハシビロガモ♀

移 動: 2.0xテレコンOK!Z6 +TC-20EIIIでハシビロガモの撮影 +TC-20EIIIでコゲラの撮影 アオサギとザリガニ +TC-20EIIIでオカヨシガモ +TC-20EIIIでキンクロハジロ +TC-20EIIIでカンムリカイツブリ 2.0xテレコンとZ6

リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 野鳥サイト 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表 野鳥サイトの分類表 D750で撮影した花の写真を見る

     
     

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ

ハサミ研ぎ
ハサミ研ぎ
ファンヒーターの修理
GFヒーターの修理

腕時計電池交換
本ふすまの修理
本ふすまの修理

銀ロウ付け
電気コードの接続
電気コードの接続
SuiSChange_NutLLiftS
Rキーホルダー修理
引き戸の戸車保守
引き戸の戸車保守
ブラインドの修理
ブラインドの修理

TOTO便フタ異音修理
蛇口の水漏れ修理
蛇口の水漏れ修理
RM_YAR01_OpenS
Cリモコンの修理
自転車の専用工具と各部の修理(30項目)
自転車の修理(30項目)
ブレーキシュー交換
ブレーキシュー交換
ペダルの整備
ペダルの整備(3)
自転車後タイヤ交換
自転車後タイヤ交換
スポーク交換
スポーク交換(3)
スポーク交換
買物自転車BB整備

多摩川上流部の橋梁(44)
トビの魚捕り
冬の野鳥
トビの魚捕り
トビの魚捕り
釜の淵公園の12月の野鳥
青梅の12月の野鳥
2月の軍畑の野鳥
2月の軍畑の野鳥
アオサギの飛行姿
6月の軍畑 昆虫と野鳥

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 26/Feb./2020-Last Modefied 24/Dec./2020