IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!
D500BodyS
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で風景撮影

Kumabachi_MTVRTs
D500で晩夏の花撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影


D750view
ニコンD750レポート

1510CosmosBeeSS
D750で春の花撮影

KRS_2FaquaS
D750で水族館内の撮影

THK_HibariS
D750で博物館内の撮影

TDK15CheaterS
D750で動物の撮影

SkyTreeTopS
D750でスカイツリー撮影


【NIKONの製品】

amazonで調べる
【カメラ関係】

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D500 ボディー

Nikon D5
※プロが使う12コマ/秒の
デジタル一眼レフカメラ

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D810 ボディー
※D800が更に進化!

Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
※お手頃な純正品の超望遠ズーム!

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2
ニコン用 フルサイズ対応 A022N

TAMRON
超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD ニコン用

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

Nikon
リモートコード MC-36AN

SLIK 三脚
カーボンマスター
824 PRO N
4段 中型 記念キット

Fiish

PRIUS12

Jsyuri

syuriB

Reform

eco

kaden

souji

Smorke

OldColeman


CHS HomePage




掲載データ“禁転載”

chs_banner

低価格で発売された超望遠ズームレンズ
NIKKOR AF-S 200-500mmE EDとテレコン

  超望遠でテレコンを試して見る      トップへ

TeleCon14.20x
ニコンの純正テレコンTC-14EIII(左)と20EIII

 テレコンはレンズの焦点距離を伸ばしてくれる便利なコンバーターです。フィルム時代は、ミノルタSR-Tを使っていてロッコールレンズにケンコーのテレコンを使っていたことがありました。現在もケンコーからテレプラスが発売されています。このテレコンは低価格で画質は今一つかもしれませんが、幅広いレンズに装着することができます。テレコンの純正品は前玉が出っ張っているレンズの構造上、使用できるレンズが限られています。
 ニコン純正のテレコンは高価で定価は1.4xが72,900円(実売5.5万円〜)、2.0xが75,600円(実売4.6万円〜)となっています。2.0xは製造が4年古いせいか価格が逆転しています。
 最初は70-200mmf4VRに使うために2.0xテレコンを使っていました。1.4xのテレコンに比べ2.0xのテレコンは、f8対応のカメラでは解放f値がf4でないとファインダーでのAFが効きません。それに対して1.4xテレコンは、解放f値がf5.6迄だったらファインダーでのAFが効きます。

  超望遠+テレコンでf8超えでAF作動      トップへ

N200_500TC20
200-500では、TC-20EIIIはレンズとの太さが違います

 タムロンの150-600mmは所有していましたが、手持ちのテレコンを使ってみたくて純正の200-500mmf5.6E ED VRを手に入れました。タムロンでAPS-Cで900mm相当より長い焦点距離が欲しかったのが理由でした。
 このレンズは1.4xのテレコンには対応しています。f8対応のカメラには、f5.6固定のこのズームレンズは全域でオートフォーカスに対応します。しかし手元にある2xテレコンのTC-20EIIIを試して見ることにしました。テレコンを接続してファインダーでフォーカスを合わせようとすると、ピントがいつまでたっても合いませんでした。
 それならと手持ちでファインダーを覗いてマニュアルでフォーカス合わせて撮ってみましたが、手持ち撮影では、ブレてしまいました。これでは飛び物や咄嗟の撮影には対応ができません。このレンズに2xテレコンを接続すると、焦点距離はFXで1000mm、DXで1500mmとなります。実際撮影した画像で等倍比較をした画像は、寝ぼけていていました。テレコン無しの原画を拡大したほうが高詳細に写っていました。

70-200_TC20t""
70-200mmf4ではスマート 

 焦点距離が2倍になったので被写界深度も浅くなっている可能性も考慮する必要があります。
 今までは手持ちの70-200mmで活躍していたテレコンは、やっと活躍の場が出来たにもかかわらず、眠い画像を出力していました。絞りは一定でしたので絞り込んだら幾分よくなる可能性がありますが、回析現象の事も考慮すると、せいぜいf11止まりとなるようです。

NIKKOR200-500TelephonePole NIKKOR200-500TC2x_TelPole
左がAPS-Cでテレコン無しの750mm相当の撮影画像とTC-20EIIIを接続して撮影した1500mm相当の画像
NIKKOR200-500TelephonePoleUps NIKKOR200-500TC2xEf_TelPoleUp
テレコン無しのアップ画像と右上のテレコン使用時(1500mm相当)の黄枠のアップ画像と加工した画像(右)

 2xテレコンはf5.6以上のレンズでは、マニュアルフォーカスのみで、テストして見るとオートフォーカスは効きませんでした。但しライブビューを使用した場合は、オートフォーカスが可能で、これは良い発見でした。テレコンは焦点距離を伸ばし大きく撮影できますが、ノーマル撮影で拡大した方が画質はかなり良好であることがわかりました。
 ちなみにNIKKOR200-500mm f5.6E EDは、テレコンなしでもDX(APS-C)で750mmとなり、タムロンA011のDX(APS-C)で900mmには及びません。しかし上段のテレ端比較ではNIKKOR 200-500mm f5.6E ED VRは、タムロンA011より画質は良いと判断できましたし、テレコン使用よりもこのレンズは画質が良好でした。
 このテストで使用したA011は現在旧製品で、現在タムロンは新製品のA022が販売されています。こちらではテレ端のMTF曲線のコントラスト値がかなり改善されている様なので、このテストより良い結果が出るかもしれません。

  気になる超望遠ズームレンズの1.4xテレコン使用      トップへ

TELECONsetD500s
AF-S TC-14EIIIを装着した画像

 f5.6のレンズで、AFが効くテレコンを使うためにTC-14EIIIを手に入れました。これは上記のTC-20EIIIではライブビューではAFが効くものの、飛び物などファインダーを覗きながらでは被写体を追いながらシャーッターを押すことができないためです。このTC-14EIIIはTC-20EIIIより以降に発売された改良型で、前後のレンズに汚れ防止加工が施されてグレードが上がっています。しかし2.0xのテレコンより価格が高くなっていますが、数多いf5.6レンズに装着するとAFが効くテレコンバーターとなっています。倍率は2.0xには劣りますが、画質も含めて良くなっています。
 左上の画像は,NIKON D500に1.4xテレコンとAF-S200−500mmを装着したものです。このレンズではズーム範囲が、標準の200-500mmからテレコン無しのAPS-Cで300-750mmとなり、さらに1.4xテレコン装着で焦点距離は420mm-1050mmとなり、テレ端では1000mmを超えます。

  ニコンの1.4xテレコン AF-S TC-14EIII      トップへ

 下の写真は、ニコンのテレコン TC-14EIIIの製品内容で、ポーチ、多国籍用説明書、保証書、本体、前後レンズキャップのみです。2.0xテレコンと比べると文字が幾分太めになり少しロゴデザインが良くなったように見えます。そのほかレンズのリリースレバーが本体と同色のつや消しになっているので高級感が増しています。前後のレンズには、フッ素コートが施され、汚れが付着しづらくなったようです。製造は共に安心のMADE IN JAPANとなっています。
 本体の直径は、マウントサイズより一回り大きい程度ですので、太いレンズに装着するとくびれがとても目立ちます。

TeleCon14IncludedItems TeleCon14Side
左がとTC-14EIIIの同梱品とTC-14EIIIの画像
N200_500TCD500L N200_500TCD500Lup
左がとTC-14EIIIを装着した状態と接続したTC-14EIIIのアップ画像

  AF-S 200-500mmE f5.6+1.4xテレコンでの撮影      トップへ

NIKKOR200-500TC2x_TelPole NIKKOR200-500TC14x_TelPole
左がとTC-20EIIIを接続して撮影した1500mm相当の画像APS-Cで右は1.4xテレコンの1050mm相当の撮影画像
NIKKOR200-500TC2xEf_TelPoleUp NIKKOR200-500TC14x_TelPoleUp
上の2.0xテレコン使用時(1500mm相当)テレコンのアップ画像の黄枠のアップ画像と1.4xとテレコン使用時(1050mm相当)の画像(右)

 上の画像はさらに上の記事でテレコン無しの750mm相当の撮影画像と、TC-20EIIIを接続して撮影した1500mm相当の画像を比較してみました。ここでは、倍率は下がるもののf8対応カメラでAF撮影が可能になった、TC-E14III(1.4xテレコン)の画像と、ライブビューで撮影可能な2.0xテレコンで撮影した画像を比較してみました。
 左側が2.0xテレコンの画像で右側が1.4xテレコンの画像です。撮影環境が違うために陰影が違っています。2.0xテレコンで焦点距離がテレ端1000mm、APS-Cで1500mmとなります。かたや1.4xテレコンはAPS-Cでのテレ端の1050mmの画像となっています。
 単純の比較は被写界深度の差などもありますが、このテレコンの倍率差での画像を比較しますと、1.4xのテレコンでは、中央上のガイシに印字された文字が判読できます。
 テレコンの評価で良く見る記事で、無理をしていない解像度が出ている感じがします。
このように純正の2.0xテレコンでファインダー撮影は無理なものの、ライブビューでは確実に通常に ロックオンしてくれます。しかしこの合焦は等倍拡大程度の伸ばすとかなりピントが甘くなっています。AF微調整をやってみたものの思った画像が得られませんでした。
 両画像を拡大比較してみますと、1.4xの方は中央左上にあるガイシの印字をどうにか読み取ることができます。しかしテレコン無し画像と比較すると解像度は落ちています。

NIKKOR200-500TC14x_TelPoleUp NIKKOR200-500TelephonePoleUp
上の1.4xテレコン使用時(1050mm相当)テレコンのアップ画像の黄枠のアップ画像とテレコン無し(750mm相当)の拡大画像(生画像)

  ノーマルと1.4xテレコン画角の差      トップへ

NIKKOR200-500TelephonePole NIKKOR200-500TC14x_TelPole
左がAPS-Cでテレコン無しの750mm相当の撮影画像とTC-14EIIIを接続して撮影した1050mm相当の画像

 今度は、比較的にf8AF対応で、画質もほどほどなTC-14EIIIとAF-S 200−500mm Eのテレコンを使わないノーマル状態の画角比較をしてみます。かたやフルサイズではテレ端は500mmで1.4xテレコン使用は700mmとなっています。画角はおおよそ、500mmでは画角が5°で、APS-Cでは750mmのために3.3°となります。
 このレンズのテレ端500mmに1.4xテレコンを使った場合、700mmで3.5°、APS-Cでは1050mm相当で約2.3°となります。2.0xテレコンを接続したときにはフルサイズで1000mmとなり、画角は約2.5°となります。さらにAPS-Cでは1500mmとなり、画角は1.65°となります。
 このように遠くの被写体が拡大されて写すことができますが、季節により湿度が違うと透明感が無くなったり、温度が高い場合には揺らぎが出てシャープに写せない場合があります。遠い被写体は空気が乾燥した冬場が最適と言えるかもしれません。

  Z6+FTZ+AF-S 200-500mmf5.6E ED+2.0xテレコンでの撮影      トップへ

Z6_FTZ_N200_500_TC20EIII
NIKON Z6+FTZ+RC-20EIII Z6でf8超えの撮影が可能に!
Z6_N200_500_TC20EIIIUP
本体接続部のアップ画像

 NIKONのカメラのレンズに関する注意書きで、合計f8までの制約がありました。ここで使っているD500では、ライブビューでは可能でしたが、ファインダーではAFが迷っていつまで経ってもピント合わせができませんでした。最近Z6を購入してみました。画像処理チップがExpeed5使用のD500よりZ6でExpeed6になり暗部性能が格段に向上しました。このお陰かたまに迷いが出るものの、ファインダーでも撮影することができました。
 D500と200-500mmf5.6では合成f値がF8になるには、テレコンはTC-14EIIIしか対応しませんでした。手持ちのTC-20EIIIは先述しましたが、解放がF4のレンズで後ろ玉あたりの形状が物理的にコンバーターが嵌るものが対象でした。このテストでもZ6が来るまで、70-200mmf4G VRしが出番がありませんでした。おそらくTC-14EIII は、ミラーレス発売前のFマウントの対象レンズ用として出番があると思います。
 実際、試しにTC-20EIIIをFTZを介してZ6にを取り付け、AF-S 200-500mmf5.6E EDに取り付けて見ました。接続状態は上にある画像となりますが、重量は一層重くなり手持ちではギリギリという感じになりました。できれば迷いのないモニター使用で三脚使用がいいかもしれません。
 ちなみに下の画像はZ6のフルサイズのもので、焦点距離は500mmx2で1000mmとなります。D500+TC-14EIII+200-500mmf5.6E EDでは、500mmx1.4倍でAPS-Cで1.5倍になるので、合計では1050mmとなりほぼ同じ焦点距離となります。ただしZ6でDXモードを選べば焦点距離は合計で1500mmとなります。

Z6_N200_500_TC20EIIITelPole Z6_N200_500_TC20EIIITelPoleUP
左がZ6+TC-20EIIIを接続して撮影した1000mm相当の画像で右は撮影画像の一部を拡大したものです。

ニコン200-500mm  1   2   3  次は・テレコン装着で野鳥撮影


【ニコンデジタル一眼レフサイトリンク】
〔DX(APS-C)一眼レフ〕
ニコン「D500」で体験する“史上最強の被写体捕捉力1/2”
ニコン「D500」で体験する“史上最強の被写体捕捉力2/2”

★★★★ D500実写レポートは、こちらから ★★★★      トップへ

〔amazonでNIKON一眼ボディを調べる

〔amazonでNIKON常用レンズを調べる

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ

ハサミ研ぎ
ハサミ研ぎ
ファンヒーターの修理
GFヒーターの修理

腕時計電池交換
本ふすまの修理
本ふすまの修理

銀ロウ付け
電気コードの接続
電気コードの接続
SuiSChange_NutLLiftS
Rキーホルダー修理
引き戸の戸車保守
引き戸の戸車保守
ブラインドの修理
ブラインドの修理

TOTO便フタ異音修理
蛇口の水漏れ修理
蛇口の水漏れ修理
RM_YAR01_OpenS
Cリモコンの修理
自転車の専用工具と各部の修理(30項目)
自転車の修理(30項目)
ブレーキシュー交換
ブレーキシュー交換
ペダルの整備
ペダルの整備(3)
自転車後タイヤ交換
自転車後タイヤ交換
スポーク交換
スポーク交換(3)
スポーク交換
買物自転車BB整備

多摩川上流部の橋梁(44)
トンビの魚捕り
冬の野鳥
トンビの魚捕り
トンビの魚捕り
釜の淵公園の12月の野鳥
青梅の12月の野鳥
2月の軍畑の野鳥
2月の軍畑の野鳥
アオサギの飛行姿
6月の軍畑 昆虫と野鳥

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono 14/Aug./2019 - Last Modefied 15/Aug./2019