IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!
サイクリング
Nikon D500

TGJ_FallLeefSs
D500で風景撮影

1510CosmosBeeSS
D500で晩夏の花撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影


D750view
ニコンD750レポート

1510CosmosBeeSS
D750で春の花撮影

KRS_2FaquaS
D750で水族館内の撮影

THK_HibariS
D750で博物館内の撮影

TDK15CheaterS
D750で動物の撮影

SkyTreeTopS
D750でスカイツリー撮影


【NIKONの製品】

Nikon D5
※解像度・暗部性能に
磨きをかけた14コマ/秒
のデジタル一眼レフカメラ

Nikon D500
暗部性能に磨きをかけた10コマ/秒のDXデジタル一眼レフカメラ

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D810 ボディー
※D800が更に進化!

Nikon MB-D12
D800・D810用マルチパワー
バッテリーパック
別バッテリーで連射UP

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D750 ボディー
※軽量・高性能・深いグリップ・チルト液晶
1920×1080:60p動画

Nikon MB-D16
D750用マルチパワー
バッテリーパック
※縦位置のホールド抜群!
1920×1080:60p動画

Nikon D7200ボディ
2416万画素 6-7コ/マ秒
EXPEED4+Wifi
1920×1080:60p動画

Nikon D7200
バッテリーパックキット
2416万画素 6-7コ/マ秒
EXPEED4+Wifi
1920×1080:60p動画

Nikon D5500ボディ
2400万画素 3.2型液晶
※バリアングル液晶+
Wifi+タッチパネル
1920×1080:60p動画

Nikon D5600
2416万画素 3.2型液晶
18/140mmVRキット
※バリアングル液晶+
Wifi+タッチパネル
1920×1080:60p動画

Nikon D3300ボディ
18-55 VR IIレンズキット
2400万画素 3型液晶
1920×1080:60p動画

Nikon
リモートコード MC-DC2
(D750,D610,D5300,D3300)

Nikon 単焦点レンズ
AF-S NIKKOR 300mmf/4E PF ED VR
※高性能で軽量な300mmレンズ


NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
※プロが使う標準ズーム

Nikon 超広角ズームレンズ
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
※室内撮影に効果を発揮!


Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D800 ボディー
※詳細な画質が高評価!

Nikon EN-EL15 Li-ion
リチャージャブル
バッテリー

Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
※軽量で高画質のf4ズームで近接1.0m!

Nikon テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER
TC-20E III フルサイズ対応
 焦点距離が2Xになる
コンバーター
(対応要確認)

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm
F5-6.3 Di VC USD
ニコン用 フルサイズ対応

Nikon
リモートコード MC-36AN
chs_banner

153点AFシステム、200コマの連続撮影が常識を変えた!
NIKON D500  高速連写DX一眼レフ【実写編】

ジャンプ: DXセンサーの画像 ニコンプラザ新宿 玉川上水で撮影 D750との画像比較 拡大画像で比較 D500で動体撮影

★ D500機能編は、こちらから ★  ★ D500野鳥撮影は、こちらから ★

D500repoTonbiW

  APS-C(DX)センサーの画像      トップへ

D500Fview

 D500は、撮影対象に分けると10コマ/秒(連続200コマ)と153点AFシステム、100-51200のISO感度などの性能からすると胴体撮影に向いたカメラといえます。しかし、それ以外の被写体の撮影ではどの位の性能があるのか気になるところです。
DXモード専用はFXフォーマットセンサーのふた回り小さいセンサーでです。焦点距離は1.5倍の画角となります。高速連続撮影や書き込みの関係か、D500は、D7200からは画素数は減って2088万画素となっています。  比較的最近のDXカメラでは1.3xクロップもあり、焦点距離から換算すると約2倍の焦点距離の画角になります。クロップモードではファインダー内に内側に枠が表示されます。しかし、液晶モニターではモードを変えるとそのサイズのフレームで画面一杯確認できます。
 FXからDXを使う方には、対象までの距離をとれるので昆虫、花の撮影にも性能を発揮します。FXカメラでテレコンバーターを使うと、F値が下がり暗くなってしまいますがこれは皆無です。、例えばに60mm位のマクロレンズで近接撮影する場合最短撮影距離は、DXモードで90mm、DXの1.3xクロップで約120mmと焦点距離がのびます。

  新宿ニコンプラザでの描写の確認      トップへ

 このように、動体に適した機種で静物、風景はどれだけ撮れるのか気になるところです。新宿のニコンプラザで気になるレンズをお借りして、D500に装着して撮影した画像を確認することにしました。
 ニコンプラザでは、館内に限り無料でカメラ、レンズなどを使用することができます。持ち出したレンズは16-35mmF4VRなどで、こちらではお借りしたDXレンズの16-80mmf2.8-4EとFX用のAF-S 300mmf/4 PF RD VR他をD500に装着して撮影いたしました。
※画像をクリックすると1800x1200pixに拡大します。

170806NikonS_Ssight
16-80mmf/2.8-4E RD VRで新宿のニコンプラザから見た新宿西口の風景で左側には京王百貨店が見えます。ISO400 f4 16mm
170806SPOup 170806SPOupRF
D500にAF-S300mm F/4E PF RD VRを装着して窓の右下の郵便局の望遠写真と赤枠部分拡大の写真
NikonSalonSinz_Flower NikonSalonSinz_FlowerUp
持参したD500+AF-S16−30mmf/4 VRでニコンプラザ新宿内で撮影した展示の花の写真と部分拡大の写真

  夕刻の玉川上水で色味と感度のテスト      トップへ

TGJ_KamoLeef  8月下旬の夕刻玉川上水へ出かけて見ました。時刻は5時前に現地に到着してそこから撮影することにしました。玉川上水は、江戸時代に江戸の人口増化に伴い作られた用水路です。開鑿(かいさく)された両岸には、護岸のために植えられた現在太くなった幹の木々が鬱蒼としています。陽が短くなって日没は6時半頃になります。
 70-200mmF4VRレンズをこのD500に装着して撮影した画像を確認することにしました。左の「羽繕いをするカルガモ」の写真は、薄暗かったのでISO6400,F/8,1/25で+0.3で撮影しトリミングしてあります。水の反射は手前に少しあるだけで上水の底がはっきり見えます。気温は30度少し手前でカルガモのホッとした一瞬を撮影しました。

TGJ_FallLeef
雨が長く続いたせいで玉川上水わきの遊歩道の土はかなり水を含み落ち葉にコントラストをつけています。
TGJ_Tengutake TGJ_KinokoBro TGJ_KinokoWhi
D500に70-200mmF/4VRを装着してISO12800,F/8,1/100で+0で撮影した土手沿いに顔を出したキノコの写真

  D500/青梅市沢井の風景撮影の部分描写      トップへ

 こちらでは、D500の風景での描写を確認することにしました。レンズはFX用のAF-S24-85mmf/3.5-4.5G VRを装着して広角端の24mm(DXモードで約36mm相当)でISO400でf8まで絞りました。フルサイズのD800などの解像度には全く及びませんがPSでアンシャープマスクを0.3ほど掛ければ多少クッキリします。

170820KZJP_sawai
で寒山寺駐車場から沢井駅方面を見た景色。 FX用のAF-S24-85mmf/3.5-4.5G VR ISO400 f8 1/200 24mm +0.7
170820KZJP_sawaiUP 170820KZJP_sawaiUP_R
上の写真の赤枠部分の拡大。右は黄枠部分の拡大でアンシャープマスク0.3

  D750/青梅市沢井 フルサイズでの風景撮影の部分描写      トップへ

 こちらは同じ景色をD750で撮影したものです。 ちなみにD500の2088万画素に対して、D750はフルサイズ(FX)の2432万画素カメラです。同じレンズ・撮影データーを同じにして、風景は同じ程度に撮影してトリミングしてあります。一目でわかるのは色目で、D750の方が黄色味がかっています。それに対してD500の方が木々の葉の色が自然に見えます。
 大きい写真の右下の部分の拡大では、茅葺き屋根の左下の細長い屋根の縦線がD750の方がクッキリ描写しています。上のD500の右側の拡大写真では、もう一息の画像です。このように等倍近くまで拡大するとフルサイズとAPS-Cの差が出ています。しかし大伸ばししない限り、問題のない程度です。
 D500で撮影したJPEG-Lでの写真サイズは5568x3712pixで、300dpi(1inch内に300pix)で、下の大きな写真では原画で横が47.14cm、縦が31.43cmとなります。大きさはA3で42.0cmx29.7cm、A3ノビで48.3cmx32.9cmですので、A3ノビよりも一回り小さいサイズとなります。

KZJP_SawaiD750
で寒山寺駐車場から沢井駅方面を見た景色。 FX用のAF-S24-85mmf/3.5-4.5G VR ISO400 f8 1/200 24mm +0.7
KZJP_sawaiD750UP_L KZJP_sawaiD750UP_R
上の写真の水色の枠部分の拡大。右はオレンジ色の枠部分の拡大でアンシャープマスク0.3

  D500とD750の拡々大画像比較      トップへ

 上では、APS-C(DX)のD500とフルサイズ(FX)のD750画像の比較でしたが、ここでは、拡大した部分をさらに拡大してセンサーサイズの違いによる描写を確認することにします。下の大きな写真は、D500の写真ですが、D750でもほぼ同じ位置のオレンジ色の枠部分を拡大してあります。

KZJP_sawaiD750UP_R_M

 下の写真が拡大された写真です。左のD500のAPS-C(DX)とフルサイズ(FX)のD750ではセンサーサイズが違います。フルサイズでは36mmx24mmに対してDXは、24mmx16mmで面積が8.64㎠に対し3.84㎠と44%に留まります。 画素数に関してはD750が2432万画素に対して、D500は2088万画素となっていて85%の画素数となっています。
 ここでは、拡大した部分をさらに拡大してセンサーサイズの違いによる描写を確認することにします。下の大きな写真は、D750の写真ですが、D500でもほぼ同じ位置のオレンジ色の枠部分を拡大してあります。D500の自然な発色に対してD750は、黄色味がかっています。

170820KZJP_sawaiUP_RCU KZJP_sawaiD750UP_RCU
上の写真は住宅の屋根部分を拡大したもので、左がD500で右がD750

  D500とD750でインドアの撮影      トップへ

 ここで使ったカメラはEXPEED4を搭載したD750とEXPEED5を搭載したD500を陽が落ちた夜の室内で撮影したものです。

D750testIndoor
上の写真は、D750でISO6400で手持ち撮影をしたものです。
D500IndoorTest
上の写真は、D500で同じISO6400で手持ち撮影をしたものです。

 下の写真は上の写真の一部を拡大比較した写真で、クリックをすると拡大比較ができます。

D750IndoorTestUp
上の写真は、D750でISO6400で手持ち撮影をしたものです。
D500IndoorUp

上の写真は、D500(APS-C)とD750(フルサイズ)で撮影した写真と、それを部分拡大したものです。一見したところ、受光センサーのサイズが違うものの、後発のAPS-Cセンサーの表現力もなかなか見応えのあるものとなっています。

  D500の新AF追従システムで動体撮影      トップへ

 9月の上旬には、水辺の近くにはトンボが飛び交っています。まっすぐ飛んだかと思えば、急に旋回したりかなり不規則に飛びます。水辺の上で急に小回りして飛ぶトンボは、小さな昆虫を空中で捕まえたりしている時があります。この時は午後3時位で陽が傾きはじめ、飛び回っているトンボの翅が光って見えていました。
 このD500は、広域・高密度の153点AFシステムを搭載しています。所有しているD800やD750とは違い、AF追従性能を高めるAF専用エンジンが高性能化しています。サイトの製品の特徴でも『狙った位置により正確にピントを合わせ、安定したAF精度を発揮します』と記載されています。
 しかし撮影した全てのコマにピントが合っていはいませんでしたが、今までは撮影できなかった素早く動く小さな昆虫も撮影できる様になりました。 超望遠ズームで渓谷を飛ぶトンビの撮影

170926Tombo2
実際の写真は左下の画角で赤枠部分を拡大しています。
170926Tombo1 170926Tombo3
上の写真は連続撮影のコマの二枚で、武蔵の池の上を飛ぶトンボで翅が陽に当たり眩しく光っています。

【ニコンデジタル一眼レフサイトリンク】
〔DX(APS-C)一眼レフ〕 ニコン「D500」に妙な揺れ方をする我が心/日経トレンディネット
予想外の登場に沸くニコン「D500」、5つの注目点と誕生のきっかけ/日経トレンディネット
ニコン「D500」で体験する“史上最強の被写体捕捉力1/2”
ニコン「D500」で体験する“史上最強の被写体捕捉力2/2”
ニどんなシーンでも役立つニコン「D500」の高感度と高機動力
どんなシーンでも役立つニコン「D500」の高感度と高機動力 (2/2)
ニコンD500で撮ってみた~野鳥編
【NIKON D500 レビュー】期待を裏切らない完成度の高さ、高機能にゾッコン
≪Nikon D500スタッフレビュー Part2 (実写・おすすめレンズ編)≫

★★★★ D500特筆の機能は、こちらから ★★★★      トップへ

〔amazonでNIKON一眼ボディを調べる

〔amazonでNIKON常用レンズを調べる

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 5/Aug./2017 - Last Modefied 16/Oct./2017