IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。
新ページのお知らせ
新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】

【NIKONの製品】

chs_banner

アオゲラ/雑木林・公園の野鳥 キツツキ目キツツキ科アカゲラ属 

 リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トンビの飛ぶ顔  トンビが鮎捕獲  トンビが蛇の奪い合い  トンビが野鳥捕獲 
コゲラ
コゲラ
アオゲラ
アオゲラ
空白
YachouBunruiS
野鳥サイトの分類表

   雑木林で目にするアオゲラ      トップへ

 関東地方周辺に棲むキツツキ科は、コゲラ、アオゲラ、アカゲラなどがいます。大きさも小型のものから中型(約30cm)のものまで居ます。このキツツキ科はマダラ模様が特徴で他の野鳥とは模様が違います。このなかでアカゲラは白黒のまだら模様に加え赤が後頭部を下腹に入っている鮮やかな野鳥です。アオゲラは、腹部がまだら模様になっていて、頭頂部と頰に赤い色が入ってる中型の鳥です。コゲラやアカゲラが羽部分が白黒のまだら模様ですが、このアオゲラは羽部分はウグイス色になっています。これらは雑木林にいる野鳥で、一年中に同じ地域で過ごす留鳥です。

Aogera_MKP190324
高い枝に留まった、灰色の体に緑の羽、頬に赤があるアオゲラ
AogeraV_MKP190324 AogeraVnv_MKP190324 AogeraNV_MKP190324Bv
高い幹に留まるアオゲラで、左の写真は背中の羽毛が逆立っています。お目当の餌には、なかなかありつけないようです。
AogeraUsD_MKP190324
今度は幹の裏側に逆さになって餌を探します。キツツキ科の得意とする場面です。
撮影:NIKON D500+TAMRON SP150-600mm f5-6.3 手持ち撮影

   アオゲラの(青梅)      トップへ

Aogera171212KMFP
高い枝に留まった、灰色の体に緑の羽、頬に赤があるアオゲラ

 上の写真は、青梅の釜の淵公園ので撮影したものです。コナラの木でしょうか、川が近いせいか湿気が多く幹には苔が生えています。この表皮のブロック状になっている隙間に潜った虫をさがして食べます。

Aogera171212KMFP7

 アオゲラは,30cm位のキツツキ科の野鳥で、コゲラの体長と比べると、約2倍あります。朽ちた木に穴を空けて巣にしてそこで子育てをする習性があるようです。餌は虫などを食べる野鳥です。体は東北以南の本州に住むキツツキ科の中では大きい方で、腹には白と黒の縞柄がありキツツキ科のポイントになっています。コゲラに比べ絶対数が少ないようで、なかなか出会えませんでした。

Aogera171212KMFP2
木の高い場所にとまって餌の虫を探している様でした。
Aogera171212KMFP8
真後ろから見た後頭部の赤い羽と背中のウグイス色が特徴です。
Aogera171212KMFP9
アオゲラの横顔で頬部分にも赤い色が入っていて胸の白黒の縞模様が特徴的です。。
撮影:NIKON D750,D500+TAMRON SP150-600mm f5-6.3 手持ち撮影

   アオゲラの小物      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 18/Apl./2018s - Last Modefied 4/Jul./2019