1950年代から、野外での楽しみ方を提案していたコールマン。灯りの他に必要なのが、携帯出来るストーブです。湯沸かし、調理などでの必須アイテムです。
【アウトドア用品】

Coleman 200系
Coleman 220系
Coleman 280系


Coleman 500系
Coleman 505系
Coleman 400系


LPガス道具

炭火でDutchOven

薫製道具

掲載データ
“禁転載”

CHS HomePage




【Amazonで見る】
【OLD COLEMAN用】
Coleman(コールマン)
ジェネレーター#502
502-5891

OLDストーブ Coleman502用のジェネレーターです。
【OLD COLEMAN用】
Coleman(コールマン)
ジェネレーター#508/400A
508-5891

Coleman(コールマン)
ポンププランジャー一式
220A6201

適合製品:200A・B、214、220、282、285、286、288、290、295、635、413、414、416、428、508、533、502
【OLD COLEMAN用】
Coleman(コールマン)
ランタン・ストーブ
修理・メンテナンスキット

ポンプカップ2個、グラファイトパッキン2個、燃料パッキン(大・小)他
Coleman(コールマン) スポーツスターII
(プラケース付)
0508A700J

ロングセラーのコンパクトストーブです。
低い気温でもガンガン燃焼します。プラスチックケース付きなので持ち運び安心です。
使い方はタンク部分に日本語で説明があります。
コールマン(Coleman)
508A ストーブ
 ジェネレーター

現行製品508A専用のジェネレーターです。

Coleman(コールマン)
遠赤ヒーター
アタッチメント
170-7065

ゴトクに乗せて火をつければ、遠赤ヒーターに早変わり!完全に固定されないので、注意してご使用ください。
Coleman(コールマン)
フューエルキャリーケース
170-6460

Coleman4Lガソリン缶、LPガスカートリッジや工具など収納できて便利です。

Coleman(コールマン)
エコクリーン 4L
170-6760 [HTRC 3]

使って安心のColemanの純正ホワイトガソリン4L缶です。

Coleman(コールマン)
リュブリカント
149A5361 [HTRC 3]

Colemanランタン・ストーブのポンプ等に使用する油です。

Coleman(コールマン)
スーパーレンチ
149A9505

Colemanランタン・ストーブのポンプ等に使用するレンチです。

Coleman(コールマン)
残ガソリン抜き取りポンプ
170-7043

Colemanランタン・ストーブからガソリンを抜くホースです。

Coleman(コールマン)
ガソリンフィラーII
170-7099

ランタン・ストーブにColemanガソリン缶につけるオートストップ注ぎ口です。

Coleman(コールマン)
フューエル ファネル
2000009367

Colemanランタン・ストーブにガソリンを入れるオートストップ漏斗です。

ビンテージ・コールマンランタン Old Stove

 W.Cコールマンが、最初の散布を手にしたのは1899年のこと。 それは、アラバマ州の小さな街のドラッグストアにともった強烈な光を放つガソリン式のランプだった…。翌年彼は、のちのコールマン社となる「ハイドロカーボン・カンパニー」を設立する。 1901年、本拠地をカンザス州ウィチタに移動し、本格的にランプ事業を始める。以来、現在までコールマン社は変わらず灯りをともし続けている。 (Colemanヒストリーより)

   Coleman 200 Series/Canada      トップへ

Coleman200Crom
メッキとハイベンチレーターの200A
Coleman 200/Canada 1956.3

 カナダのコールマン200は、バルブホイールがアメリカ製の200Aとは反対に付いています。写真の200は1956.3の刻印がある、クロームタンクの初期のベンチレーターが高い製品です。フレームは耐熱塗料で塗られています。
 メッキのタンクにはレトロなデザインの“THE SUNSHINE Of THE NIGHT”の刻印があります。
 この時代のポンプキャップは、小さなネジで止めてありますがこの個体はCリングで固定しているタイプです。 Coleman200CromCOR 56年のモデルのカラーは鉄にメッキがてあり、誇らしげに200の文字とジェネレータの型番が立体的に浮き上がっています。200型のカーラーのデザインは下側に4mm位の穴が空いていますが、これはアメリカ製の200Aも同じデザインになっています。


タンク側面には「THE SUNSHINE OF THE NIGHT」とロゴ。グローブにもサンシャインマーク
<br> カーラーに刻印された型番とジェネレーター、バルブレバーとホイール

メッキタンクにはビス付きフィラーキャップ、ポンプ部には金属キャプとCリング
電灯に改造: 下にあるランタンは、室内でランプとして使えるように改造してあります。改造方法はこちらから[*再読は再読込み]

   Coleman 200/Canada 1958.4      トップへ

coleman200_58_4
ハイベンチレーターの200デカールはシール
Coleman 200/Canada 1958.4

カナダ製の200シリーズは、タンクのロゴを前に向けると、レバーが正面に見える構造になっています。
レバーの形状も傘の柄の様にクルリと曲げてあり、カナダ独特の雰囲気を出しています。ベンチレーターは同年代に作られたアメリカ製と同じ高さのあるデザインになっています。ポンプキャップのとめ金具ネジではなく、もうC型の針金状の物になっています。 このランタンにはライターの着火で使う石をつかっイグナイターが装備されています。
タンクに付いているロゴは年代によって違いますが、アメリカ製のデカールと違ってシールになっています。デザインはランタン部分の線が太くなっていて大雑把な感じを受けます。

   Coleman Model 200/Canada 1966.10〜1970.1      トップへ


カナダ製のMODEL200はベンチレーター上部が丸っこく優しいデザインになっています。デカールも様々です。
200coror
製造年代によってフィラーキャップは様々

上の200は、“Sports Lite”と呼ばれていました。アメリカ製の200Aのベンチレータの高さが低くなった頃に、このカナダ製の200もベンチレーターのデザインの変更がされています。アメリカ製のベンチレーターの排熱口の下なだらかに落ちているのに対し、このカナダ製のベンチレーターは写真にありますように、一旦垂直に降りてから傾斜が付いて縁に向かっています。
写真の一番右のランタンは1970年1月の刻印のものですが、調整レバーがアメリカ製と同じL型に変更されています。

COLEMAN200_6610TCap
カナダモデルのビス付きフィラーキャップとカーラー

   200A Model/U.S.A      トップへ

coleman200A58_4
カナダ製と違ってホイールはデカール側です。
Coleman 200A 1958.4 Model

 アメリカ製の200Aは、製造された年代によって、カーラーとフレームが黒いものや、赤ベンチレータと緑タンクのものや、カナダ製でご紹介しました、メッキタンクのものがあります。また、製造の年代により、全体の色が朱赤に近い赤、バーガンディー、ディープレッド、グリーンの物もありました。
タンクのロゴはデカールになっていて、カナダ製より繊細なデザインが多いです。また時代によって、枠の色が黄色、赤、縁なし、白枠があります。
ベンチレーターのでサインもここにある背の高い物は1962年頃まで製造されましたが、1963年末期のModelではベンチレーターの形が変更されました。


U.S.A製の200Aも年代によって、色々デザインが作られました。

 200Aシリーズは年代を経て、リニューアルされています。左は赤縁のデカールでハイトベンチレーター、真ん中はこの写真の1966.11の物にはタンクのロゴに“PATENTS PENDING”の印があります。右のものは、バルブホイールが黒になった、1977年のモデルです。写真の物はカーラーを交換してありますが、従来のカーラーには取扱い方法が英字で印字されています。

oldcoror 200Balve Coleman200_7711VH
U.S.A1977.11モデルにアルミカーラーとバルブホイールを交換して重みを出しました。

    Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 3/Dec./2010 - Last Modefied 10/May./2019