IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。
新ページのお知らせ
新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】

PRIUS 2016 TNGA
東京港野鳥公園

【NIKONの製品】

サイクリング
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

NIKON D750(7項目)
ミラーレス一眼NIKON Z6



chs_banner

イソシギ/干潟・海辺の野鳥 チドリ目シギ科イソシギ

YachouBunruiS
野鳥分類表

移 動: 12月のイソシギ

リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(82種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

     
     


  渡り区分 ■ 留鳥  ■ 漂鳥  ■ 夏鳥  ■ 冬鳥

   干潟・海辺の野鳥:8月のイソシギのつがい      トップへ

IsoSIgiPair_RfTKYP200809
東京港野鳥公園の8月下旬:ゴロタ場に現れたイソシギのつがいで水際で餌を探しています。
IsoSIgiPair2R_TKYP200809
東京港野鳥公園の8月下旬:このイソシギのつがいは仲良く同じ方向へ行動しています。

   干潟・海辺の野鳥:7月のイソシギの若鳥      トップへ

IsoSigiYoungFR_TKYP200726
東京港野鳥公園の7月下旬:干潟で餌を探し回るイソシギ。
IsoSigiYoungFRB_TKYP200726
東京港野鳥公園の7月下旬:干潟で餌を探し回る柄違いのイソシギ。
IsoSigiYoungPair_TKYP200726
雨が降る東京港野鳥公園の7月下旬:2羽で干潟で餌を探し回る柄違いのイソシギ。
Isoshigi_ChildtR_TKYP200726
目の上に白い筋がない方のイソシギのアップ画像。
  NIKON Z6 TC-20EIII+AS-S200-500mmE f5.6 DXモード:1500mm相当 ISO800 1/320 f13 0段 トリミング

   干潟・海辺の野鳥:12月のイソシギ      トップへ

IsoshigiLw_TKYP191215
東京港野鳥公園の12月中旬:水たまりの干潟で餌を探し回るイソシギ。
IsoshigiRw_TKYP191215 IsoshigiF_TKYP191215
気温が低くなりイソシギは丸っこくなった様に見えます。カニなどは見当たりませんでした。
IsoshigiLTKYP191215
東京港野鳥公園の12月中旬:干潟で餌を探し回るイソシギ。
IsoshigiR_TKYP191208
東京港野鳥公園の12月上旬:干潟で餌を探し回るイソシギ。
IsoshigiRlowp_TKYP191208
東京港野鳥公園の12月上旬:干潟で餌を探す低い姿勢のイソシギ
NIKON D500+TC-14EIII+AF-S200-500mmE f5.6 1050mm相当 ISO:2500 1/4000 f9

   干潟・海辺の野鳥:11月のイソシギ      トップへ

IsoshigiF_TKTP191116
11月の東京港野鳥公園のイソシギ。
TPWBP_Isoshigi
東京港野鳥公園のイソシギ。

 海辺の干潟などでよく見かける野鳥といえば「シギ類」でこの東京港野鳥公園で入園の時に配られるパンフレットには春と秋に見られる鳥には、7種類のシギが描かれています。そのうちこのイソシギは掲載されていませんでした。
 調べて見るとこのイソシギは、大きさは20cm程度の大きさで、シジュウカラの15cm前後より大きく、ハクセキレイとほぼ同じ大きさの留鳥となっています。名前に「磯」と付いていますが、一般に見かけるのは湖沼などの淡水の水域の方が多いとのことです。下の写真が判りやすいでしょうか、胸から尾までの胴体下側の白い羽が翼の付け根あたりで逆V字型に食い込んでいます。

TPWBP_IsoshigiR_Serch190512
東京港野鳥公園の潮入りの池の岸で餌を探し回るイソシギ。
TPWBP_IsoshigiF_190512 TPWBP_IsoshigiSerch190512
前から見たイソシギで羽の付けにの白い模様は前からでは丸く見えます。
TPWBP_IsoshigiTn190512
こちらは、連休明けの5月中旬の東京港野鳥公園の湿地にいたイソシギです。
撮影:NIKON D500+TAMRON SP150-600mm(A011)900mm相当 トリミング f5-6.3 ISO:1250 1/2500 f13 手持ち撮影

   Z6+ミノルタOLDレンズで撮影      トップへ

Z6_Shoten_MC300mm
 Z6に焦点工房のマウントアダプター+MC300mm

 Z6には200-500mmf5.6を接続していましたが、今回、都合で焦点工房のマウントアダプター M.SR-N.Zに、昔のミノルタ テレ・ロッコール300mm f4.5を接続して撮影してみることにしました。単焦点の300mmレンズでf値は1:4.5です。重さは筐体が全て金属製で確か1kgを超えていたと思います。

 ニコンのFマウントでは、フランジバックの関係で完全なものはありませんでした。Zマウントの短いフランジバックのおかげで光学性能を無駄にすることなく撮影できるようになりました。右の画像が接続した状態です。
 このシステムで撮影したのが下の画像で、トリミングと画像補正を行なっています。小さい画像も全て900x600pixに拡大できます。Z6では絞り解放のファインダーで、自然にみることができまうす。また、ピント合わせはマニュアルですので手合わせなのですが、焦点があった位置に色が付く「ピーキング表示」があります。フォーカシングスクリーン無しの明るいファインダーと「ピーキング表示」で以外に自然に撮影できます。おまけに背面の「OKボタン」で拡大表示ができるのでオートフォーカスと違い手間はありますが、動きの遅いものでしたらどうにか使えます。
 Z6のモード切り替えを使えば、このレンズはフルサイズで300mmですがDXモードでは450mm相当として使えるのがレンズの幅を広げてくれます。

Isoshigi_TKYP200125SII
東京港野鳥公園の潮位が下がった潮入りの池の岸で餌(カニ)捕まえたイソシギ。
Isoshigi_Crab_TKYP200125SII Isoshigi_CrabEat_TKYP200125SII
脚をつかんで振り回し、邪魔な脚を外して胴だけになってからから丸呑みしました。
撮影:NIKON Z6+SHOTEN M.SR-N.Z+MINOLTA TELEROKKOR300mm f4.5 手持ち撮影
NIKON Zシリーズ+マウントアダプターでミノルタMC&MDレンズを使ってみる

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 13/May./2019 - Last Modefied 10/Aug./2020