IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。
新ページのお知らせ
新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】

【NIKONの製品】

chs_banner

カワラヒワ/草地・農耕地の野鳥 スズメ目アトリ科ヒワ属 

 リンク: アトリ科の野鳥/シメ 多摩川の野鳥たち/シラサギ トンビの飛ぶ顔  トンビが鮎捕獲  トンビが蛇の奪い合い  トンビが野鳥捕獲 
カワラヒワ
カワラヒワ
シメ
シメ
空白
YachouBunruiS
野鳥サイトの分類表

   身近にいる野鳥:カワラヒワ      トップへ

ShimeKFP190309S
同じアトリ科のシメ

 カワラヒワはもっとも草原や農耕地にいる野鳥です。場所によっては公園などでも見ることができる野鳥です。身近な野鳥は小さいものは14cm位のスズメ〜60cm弱のカラスを見ることができます。このカワラヒワは、全長が約13cm位と小型の野鳥です。臆病なのか集団でまとまっているため、一羽が飛び立つと一斉に高い木の枝などに飛んで行ってしまいます。サイズが近い留鳥としては、14cmとほぼ同じサイズのシジュウカラやスズメがいます。
 鳴き声は、コオロギの様な綺麗な声で鳴きます。クチバシがジュウシマツの様にしっかししているので、植物の種子など硬い物を主に食べます。

KawaraHiwa_FT_KFMP180211E
危険を感じて木の上から見ていたカワラヒワは安全だと感じたのか斜面の倒木の上に集まり餌を探し出しました。
KawarahiwaBranch_KFP180211 KawarahiwaBraF_KFP180211
人の気配を感じたのか小高い木の枝に移りました。
KawarahiwaGraB_KFP180211
警戒心の強いカワラヒワで、体は前を向いて居ますが目はこちらを見ています。仕舞われた尾羽はとても綺麗です。
KawaraHiwa_FT_KFMP180211F
2月下旬の川沿いの公園。高い木から倒木の上に飛んで行ったカワラヒワの群のうちの2羽。

   市街地の公園で見つけた:カワラヒワ      トップへ

 カワラヒワはスズメくらいの大きさで、警戒心が強いので近くと、群で高い木の上などに一斉に逃げてしまいます。こんなことで近づいて観察できない野鳥ですから、遠くから人の視力で見るカワラヒワはスズメの様に見えます。しかし、スズメが茶色系の模様ですが、カワラヒワはこの様に黄色、白、黒が羽の端に入っています。飛び立つと開いた羽の黄色で、違った鳥だったと気が付きます。

KawaraHi_MKP180212B
2中旬の街のなかの広い公園で900mm相当でのぞいていると、カワラヒワを見つけました。
KawaraHiF_MKP180212B
カワラヒワを正面から見た写真で、クチバシは蜜を吸う野鳥と違い種子を食べるので頑丈です。
KawaraHi_MKP180212 KawaraHi2_MKP180212B
地面で種子などを探していましたが、子供が走るので驚いたのかこの後で高い枝に一斉に飛んでいきました。
KawaraHi_Br_MKP180212s
危険を感じて高い枝に飛んで行ったカワラヒワの群で、安心と感じると餌を探しに再び地面に降りて来ます。
撮影:NIKON D7000+70-200f4VR,D500+TAMRON SP150-600mm f5-6.3 手持ち撮影

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 18/Apl./2018s - Last Modefied 25/Mar./2019