IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。
新ページのお知らせ
新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】


【NIKONの製品】

chs_banner

アオサギ/水辺の野鳥 ペリカン目 サギ科   

野鳥サイトの分類表  リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トンビの飛ぶ顔  トンビが鮎捕獲  トンビが蛇の奪い合い  トンビが野鳥捕獲  野鳥サイト(82種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 手強いザリガニとのバトル:アオサギの幼鳥
kosagi.jpg
コサギ
ChuSagi_SGI140331sq.jpg
チュウサギ
daisagiT.jpg
ダイサギ
aosagi.jpg
アオサギ
SGI4GoisagiS.jpg
ゴイサギ

 河川を含む水辺にいる野鳥の中でもっとも大型といえる「シラサギ」は、飛行するときに首を曲げて飛ぶペリカン目サギ科で全身が白色の鳥の総称です。地元国分寺で目にするサギ類は、シラサギではコサギ、中サギ、ダイサギで、他にアオサギ、ゴイサギなどが見られました。この他にも、アマサギ、ササゴイなどクチバシが短い種類も含まれ数多く存在します。

   木の天辺で一休みするアオサギ      トップへ

 サギ類は周りがよく見える木の天辺で休むこのをよく見かけます。ここは多摩川の日陰になる右岸の、20m位の高さの針葉樹の天辺です。多摩川は最近「ラフティング」が盛んで、この時も多摩川のアクティビティの一つのゴムボートがひっきりなしに上流から流れてきました。
 水辺の野鳥たちの餌場は川辺が殆どなので、いつもと違う「賑やかな川」にきっと戸惑っているのかもしれません。この場所に20分くらい居ましたが、川辺が安心な状態になるまで木の上に居たのかもしれません。

AOsagi_IQB_RBus_90908
川面がたくさんのラフティングボートが通って落ち着ける場所がなかったのか川沿い20mくらいの木の上で休むアオサギ。
AOsagiNStrN_IQB_RBus_190908 AOsagFoldNeck_IQB_RBus_90908
D810+TAMRON SP150-600mm(900mm相当)右上はD500+200-500mmE f5.6E+TC-14EIII(1050mm相当)トリミング

   水辺で目にするアオサギ      トップへ

Aosagi_MSI150108
目の前から突然飛び立ったアオサギで水滴が後ろに散っています。

 アオサギは河原や水辺で比較的よく見かける野鳥です。シラサギ類と形は似ていますが、薄い灰青と黒の模様が、頭部両脇、羽の付け根、羽の隠れる胴の部分に入っているのが見えます。
 こちらは、姿見の池にやって来た「アオサギ」です。時期は12月下旬で、まだ紅葉が所々に残っているのが見えます。来ている頃です。他の水辺の野鳥もそうですが、ここに流れ込む水は府中街道の西国分寺駅の南西にある「国分寺崖線」の、東福寺近くから流れでる湧水が元になっています。流れ出しから池までの距離は約200m程度ですので、冬でも水温は他の池に比べ幾分暖かいので居心地が良いのかもしれません。

 こちらの写真は、池の南側の岸で休む「アオサギ」です。この姿見の池は東側が湿地になっていて西側には岸近くに水草が植わっています。個体の特徴なのか習性なのか、餌取りは池の南中央部で採るより、西側の背の高めの水草の場所に追い詰めて採っているのを見たことがあります。

170925SGI_AosagiwalkT

   目の前で飛び立ったアオサギ      トップへ

141223AoSagiF0
目の前から突然飛び立ったアオサギで水滴が後ろに散っています。
141223AoSagiF3  コサギの特徴は、繁殖期に東部に2本の長い飾り羽ができるといわれています。1月の水の冷たさに耐えられなくなったのか、枝に止まりました。足の指部分が右の写真の様に黄色くなっているのが確認出来ました。そして嘴の色が他のシラサギはオレンジ色っぽいものが多いですが、こちらは黒っぽくなっています。水中に脚をいれて餌取りをしている時でも他のシラサギ類と区別ができます。

141223AoSagiF1 141223AoSagiF2
向かい岸で休んでいたアオサギが突然飛び立ちました。
AosagiF_MSI150120
この個体はアオサギの中でもかなり大きい部類に入ります。 AosagiF_IGI150109
コウノトリやサギ類は眼光鋭いものが多いですが、このアオサギは怖い目つきをしています。

   手強いザリガニとのバトル:アオサギ幼鳥      トップへ

AosagiZariG_Catch191208TKYP
東京港野鳥公園の東淡水池のアオサギでザリガニを見つけ捕まえましたが近いからか、興奮しているのか眼球が飛び出しています。
AosagiZariG_CachTurn_191208TKYP
ザリガニを咥えたアオサギで。ザリガニのハサミに苦戦しています。目が飛び出しそうです。
AosagiZariG_PickUp191208TKYP
ザリガニも必死で、逆にクチバシを挟まれています。
AosagiZariG_Fight_191208TKYP
アオサギがザリガニを数回クチバシで挟んでいたので、ザリガニの体が割れています。
AosagiZariG_FightEND_191208TKYP
弱って動きが弱くなったザリガニを飲み込みやすい向きに変えます。
AosagiZariG_swallow191208TKYP
アオサギはペリカンの仲間なので、手足のあるザリガニも難なく飲み込んでしまいました。
撮影:NIKON Z6+FTZ+NIKKOR AF-S200-500mmEf5.6ED 手持ち撮影

   アオサギの飛行姿      トップへ

AosagiFly190309
餌を探していた瀬から飛び立ち対岸にむかうアオサギ。
KMF150117AoSagiFlyB2 KMF150117AoSagiFlyB3
こちらは、多摩川中流部のアオサギの飛行姿です。
KMF150117AoSagiFly
アオサギは翼幅が成鳥で約170cmと大きい割には胴長が100cm弱という野鳥の中では大きな部類に入ります。 AosagiOUMERturnL AosagiOUMERturnL2
こちらは、多摩川中流部のアオサギの着地の瞬間で翼を畳む前の一瞬の姿です。(2014.12)
KMF150117AoSagiFiyUp KMF150117AoSagiFlyH
こちらは、多摩川中流部のアオサギの水平飛行の姿で首が長い為飛行時には型に畳んでいます。(2015.11)
AoSagiI_KMFP180218B
撮影:NIKON D750&D500+TAMRONSP150-600mm VR f5-6.3 手持ち撮影

ご興味の方は、下のamazonのリンクで製品の評価などを見れます

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D500 ボディー

Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR
200-500mm f/5.6E ED VR

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D750 ボディー

Nikon
マルチパワーバッテリーパック
MB-D16

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2
ニコン用 フルサイズ対応 A022N

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

Nikon 望遠レンズ
800mm f/4G ED VR

SIGMA 超望遠ズームレンズ
Sports 150-600mm
F5-6.3 DG OS HSM
テレコンバーターキット
ニコン用

SLIK 三脚
カーボンマスター 824 PRO N
4段 中型 記念キット

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 6/Mar./2018 - Last Modefied 11/Mar./2020