IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。
新ページのお知らせ
新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】

PRIUS 2016 TNGA
東京港野鳥公園

【NIKONの製品】

サイクリング
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

NIKON D750(7項目)
ミラーレス一眼NIKON Z6



chs_banner

オオバン/干潟・海辺の野鳥 ツル目クイナ科オオバン 

“TKYP”
野鳥公園  
 リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トンビの飛ぶ顔  トンビが鮎捕獲  トンビが蛇の奪い合い  トンビが野鳥捕獲  野鳥サイト(82種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表
 
 オオバン
Ban_TKYP200223M 
バン
 
東京港の野鳥
YachouBunruiS
野鳥サイトの分類表

   河川・湖沼の野鳥:オオバン      トップへ

 オオバンは、湖沼にいる、ツル目クイナ科の水鳥です。クチバシから額にかけて白い模様が特徴で、黒っぽい胴体なので、遠くからもオオバンとわかります。もう一つの特徴は、水面に居る時にはわありませんが、脚がネオプレーンンを履いたように妙に太くなっています。この事は下の干潟を歩いているオオバンの脚元をみるとよくわかります。鳴き声は、鶴のように高い声で泣くので、遠くからでもオオバンが居るのがわかります。
潜水が得意で、いたと思ったらいつの間にか水中へ消えています。水面の移動がほとんどのカモと違って、脚や水掻きが大きく出来ています。  分類は留鳥で、四季を通じて見ることができます。湖沼・池などで鴨ようにあまり移動は無い様で、樹の様に必ず見ることができています。

OhbanL_TKYP191130
東京港野鳥公園の水草の際を進むオオバン
Ohban_TKYP191116
東京港野鳥公園のオオバン
OhbanPair_TKYP191116
東京港野鳥公園のオオバンのつがい
OhbanR_TKYP191116
東京港野鳥公園の岸辺で餌を探すオオバン
Ohtaka_Shore_TKYP191116
東京港野鳥公園の池の岸のオオバン
OhbanL_eat_TKYP191116
東京港野鳥公園の池で餌を見つけたオオバン
撮影:NIKON D500+TAMRON SP150-600mm f5-6.3 手持ち撮影

 オオバンは、40cmくらいのカモ類に似た野鳥ですが、実はツル目クイナ属の鳥です。特徴は黒い体に、クチバシ〜額まで白くなっています。

   Z6+ミノルタOLDレンズで干潟のオオバン撮影      トップへ

Z6_Shoten_MC300mm
NIKON Z6に焦点工房のマウントアダプター+MC300mm

 Z6には200-500mmf5.6を接続していましたが、今回、都合で焦点工房のマウントアダプター M.SR-N.Zに、昔のミノルタ テレ・ロッコール300mm f4.5を接続して撮影してみることにしました。単焦点の300mmレンズでf値は1:4.5です。重さは筐体が全て金属製で確か1kgを超えていたと思います。
 ニコンのFマウントでは、フランジバックの関係で完全なものはありませんでした。Zマウントの短いフランジバックのおかげで光学性能を無駄にすることなく撮影できるようになりました。右の画像が接続した状態です。
 このシステムで撮影したのが下の画像で、トリミングと画像補正を行なっています。小さい画像も全て900x600pixに拡大できます。Z6では絞り解放のファインダーで、自然にみることができまうす。また、ピント合わせはマニュアルですので手合わせなのですが、焦点があった位置に色が付く「ピーキング表示」があります。フォーカシングスクリーン無しの明るいファインダーと「ピーキング表示」で以外に自然に撮影できます。おまけに背面の「OKボタン」で拡大表示ができるのでオートフォーカスと違い手間はありますが、動きの遅いものでしたらどうにか使えます。 下の画像は、トリミングして、画像処理をしてあります。

Ohban2HigataW_FTKYP200125
東京港野鳥公園の2号観察小屋の前の水位の下がった干潟で餌を探す2羽のオオバン。
OhbanHigataW_FTKYP200125
東京港野鳥公園の3号観察小屋の前を通るマガモのメス。
撮影:NIKON Z6+SHOTEN M.SR-N.Z+MINOLTA TELEROKKOR300mm f4.5 手持ち撮影

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 13/May./2019 - Last Modefied 25/Feb./2020