IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!
新ページのお知らせ


サイクリング
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で風景撮影

1510CosmosBeeSS
D500で晩夏の花撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影


D750view
ニコンD750レポート

1510CosmosBeeSS
D750で春の花撮影

KRS_2FaquaS
D750で水族館内の撮影

THK_HibariS
D750で博物館内の撮影

TDK15CheaterS
D750で動物の撮影

SkyTreeTopS
D750でスカイツリー撮影


【NIKONの製品】

Nikon D5
※解像度・暗部性能に
磨きをかけた14コマ/秒
のデジタル一眼レフカメラ

Nikon D500
暗部性能に磨きをかけた10コマ/秒のDXデジタル一眼レフカメラ

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D810 ボディー
※D800が更に進化!

Nikon MB-D12
D800・D810用マルチパワー
バッテリーパック
別バッテリーで連射UP

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D750 ボディー
※軽量・高性能・深いグリップ・チルト液晶
1920×1080:60p動画

Nikon MB-D16
D750用マルチパワー
バッテリーパック
※縦位置のホールド抜群!
1920×1080:60p動画

Nikon D7200ボディ
2416万画素 6-7コ/マ秒
EXPEED4+Wifi
1920×1080:60p動画

Nikon D7200
バッテリーパックキット
2416万画素 6-7コ/マ秒
EXPEED4+Wifi
1920×1080:60p動画

Nikon D5500ボディ
2400万画素 3.2型液晶
※バリアングル液晶+
Wifi+タッチパネル
1920×1080:60p動画

Nikon D5500ボディ
2416万画素 3.2型液晶
ダブルズームキット
※バリアングル液晶+
Wifi+タッチパネル
1920×1080:60p動画

Nikon D3300ボディ
18-55 VR IIレンズキット
2400万画素 3型液晶
1920×1080:60p動画

Nikon
リモートコード MC-DC2
(D750,D610,D5300,D3300)

Nikon 単焦点レンズ
AF-S NIKKOR 300mmf/4E PF ED VR
※高性能で軽量な300mmレンズ


NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
※プロが使う標準ズーム

Nikon 超広角ズームレンズ
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
※室内撮影に効果を発揮!


Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D800 ボディー
※詳細な画質が高評価!

Nikon EN-EL15 Li-ion
リチャージャブル
バッテリー

Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
※軽量で高画質のf4ズームで近接1.0m!

Nikon テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER
TC-20E III フルサイズ対応
 焦点距離が2Xになる
コンバーター
(対応要確認)

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm
F5-6.3 Di VC USD
ニコン用 フルサイズ対応

Nikon
リモートコード MC-36AN

掲載データ“禁転載”

chs_banner


野鳥サイトはこちら!

D500と望遠レンズで野鳥の撮影

リンク: トンビがアユ捕獲  トンビが蛇の奪い合い  トンビが野鳥捕獲 
ジャンプ: 200mmでエナガ撮影 テレコンでカワセミ撮影 200mmとテレコン

  D500+SP150-600mm A011でシラサギを撮影      トップへ

 青梅の多摩川の2月 写真は全てクリックで拡大します。

ShiraSagiKaji180218KMFP
シラサギ/D500+SP150-600mm A011 550mm(825mm相当) ISO 1600 1/800 f13 0段 手持ち撮影 トリミング
DsagiI_KMFP180218H_FISHCatchH
シラサギ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 1600 1/1250 f13 0段 手持ち撮影 トリミング
▶︎︎︎︎▶▶▶▶他の写真はシラサギ/多摩川の野鳥たちでご覧ください。

  D500+SP150-600mm A011でカワヒラを撮影      トップへ

 斜面の倒木とと公園で餌を探すのカワヒラ 写真は全てクリックで拡大します。

KawaraHiwa_FT_KFMP180211E
斜面の倒木に留まるカワヒラ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 2500 1/400 f10 0段 手持ち撮影 トリミング
▶︎︎︎︎▶▶▶▶他の写真は2月上旬の釜の淵の野鳥/青梅市でご覧ください。
KawaraHi_MKP180212
公園の地面で餌探しをするカワヒラ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 2500 1/1000 f10 0段 手持ち撮影 トリミング
他の写真は都立武蔵国分寺公園西元地区の2月でご覧ください。

  D500+SP150-600mm A011でアオサギを撮影      トップへ

 初秋  写真は全てクリックで拡大します。 

170925SGI_Aosagiwalk
アオサギ/D500+SP150-600mm A011 380mm(570mm相当) ISO 1600 1/200 f11 0段 手持ち撮影 トリミング

170925SGI_AosagUp
アオサギ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 1600 1/125 f11 0段 トリミング (クリックで900x600pixに拡大)

最近は、ニコンから低価格の200-500mmの望遠ズームが出たり、このタムロンからも新型が販売されたりしています。しかしこの旧型の150-600mm(001)は当時は11万円ほどでしたが、現在価格がかなり下がって来ています。性能的には重量が2kg以内で写真の様な描写をしてくれます。在庫がなくまるまでがチャンスかもしれません。特にこのD500とは、以外にオススメの組み合わせかも知れません。

170925SGI_AosagSitRu 170925SGI_AosagiRside
上の枝のカラスが気になるアオサギ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 1600 1/125 f11 0段 手持ち撮影 トリミング 

  D500+SP150-600mm A011でトビの撮影      トップへ

Tonbi1712KMFP_FlatF
トビ/D500+SP150-600mm A011 250mm(375mm相当) ISO 8000 1/8000 f11 0段 手持ち撮影 トリミング
▶︎︎︎︎▶▶▶▶他の写真は滑空するトビ/多摩川の野鳥でご覧ください。

  D500+SP150-600mmでコゲラの撮影      トップへ

Kogera171212KMFPLAutmL
コゲラ/D500+SP150-600mm A011 420mm(630mm相当) ISO 6400 1/3200 f11 0段 手持ち撮影 トリミング

  D500+SP150-600mm A011でアオゲラの撮影      トップへ

Aogera171212KMFP
アオゲラ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 6400 1/4000 f11 0段 手持ち撮影 トリミング
Aogera171212KMFP7
アオゲラ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 6400 1/2500 f11 0段 手持ち撮影 トリミング

  D500+SP150-600mm A011でシジュウカラの撮影      トップへ

 冬の公園の気に留まるシジュウカラ2羽ですが、こちらに気が付いたのか1羽た飛び立った瞬間を撮影したものです。

2ShijyukaraKMFP17121Fly
シジュウカラ/D500+SP150-600mm A011 250mm(375mm相当) ISO 6400 1/1250 f11 0段 手持ち撮影 トリミング
Shijukara1712KMFP_Branch Shijyukara_AntPSep
左-枯れ枝に留まるシジュウカラ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 6400 1/8000 f11 0段 手持ち撮影 トリミング 
アンテナに留まるシジュウカラ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 400 1/6400 f9 0段 手持ち撮影 トリミング 
▶︎︎︎︎▶▶▶▶リンク:梅の枝に留まる早春のシジュウカラ

 近くからピーチュ・ピーチュと鳴き声が聞こえてきたので、探してみるとその鳴き声の主はシジュウカラでした。しかしアンテナのポールに留まるなど、逆光覚悟で撮影してみました。出来た画はかなり黒く、シルエット状態でしたが、露出調整をPhotoShopで行ってみると以外になめらかに写っていました。しかし順光ではないので、明瞭度はあまりありません。この時のカメラの感度設定はISO400でしたので、これが暗部のザラつきを少なくしたようです。

  D500+SP150-600mm A011とVR70-200mmf4で真夏のエナガ撮影 トップへ

 12月中旬  写真は全てクリックで拡大します。

EnagaBranch1712KMFP
オ真夏のエナガ/D500+SP150-600mm A011 420mm(630mm相当) ISO6400 1/2500 f11手持ち撮影 

 エナガは、留鳥で住宅地〜森林などで見られる野鳥です。全長は13cm位でスズメより一回り小さいですが、体が丸く半分が尾羽なのでかなり小さく見えます。わたの玉に目とクチバシを付けて長い尾が付いているのでとても可愛らしく見えます。
 下の写真は8月に撮影したものです。体の羽毛は冬はとて綺麗に揃っていますが、気温が30℃を超える様な季節になると、放熱のために体の羽はかなり隙間があります。

 8月上旬  写真は全てクリックで拡大します。

enaga_warmAug EnagaRs170808
左-尺取り虫をくわえたエナガ/D500+VR70-200mm 200mm ISO 800 1/400 f4.5 0段 トリミング  右-枝に留まるエナガ 同機材 200mm ISO 800 1/200 f4.5 0段 トリミング

 D500レポート:D500の特徴  D500で風景撮影  四季の花の撮影  D500で野鳥撮影

  D500+SP150-600mmでオシドリの撮影      トップへ

OshidoriSGI171224Lr
オシドリ/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 6400 1/1250 f6.3 0段 手持ち撮影 トリミング
OshidoriSGI171224Fr OshidoriSGI171224r

  D500+SP150-600mmでカモの撮影      トップへ

170926MKP_KGf
カルガモ/D500+SP150-600mm A011 380mm(570mm相当) ISO 6400 1/1250 f11 0段 手持ち撮影 トリミング

MKP_kgamoUp
カルガモ/D500+SP150-600mm A011 450mm(675mm相当) ISO 6400 1/1250 f11 0段 手持ち撮影 トリミング
170926MKP_MgamoM
マガモ♂/D500+SP150-600mm A011 600mm(900mm相当) ISO 6400 1/2500 f11 0段 手持ち撮影 トリミング

  D500+VR70-200mmf4+TC-20EIII 1.3xモードでカワセミ撮影      トップへ

 初秋  写真は全てクリックで拡大します。

 この日は、いざという時のために70-200mmf4と2.0xテレコンを持参して出かけました。目的地には珍しくカワセミがいるようで、カメラマンが2人いらっしゃいました。今回150-600mmは持ってこなかったので、テレコン装着で70-200mmの焦点距離は最大400mmに、DXモードでは1.5倍になるので焦点距離は600mmになります。更に納得いきませんでしたので、さらにD500の1.3Xモードで780mmの焦点距離にて撮影いたしました。

KawasemiMKP_Ew
武蔵野野池のカワセミ/D500+VR70-200mmf4+TC-20EIII 400mm x1.3(DX:780mm相当) ISO400 1/60 f9 -0.3段
KawasemiMKP_E
武蔵野野池のカワセミ/D500+VR70-200mmf4+TC-20EIII x1.3(DX:780mm相当) ISO400 1/60 f9 -0.3段 拡大

  2.0xテレコンでさらにクローズアップ      トップへ

 小さい野鳥などは望遠レンズで撮影しないと、小さすぎて上手に撮れません。レンズ交換ができる一眼レフでは、200mm程度〜600mm程度までは10数万円程度で高性能な望遠レンズが揃っています。この辺りをチョイスすると良い画を撮ることができます。
 持ち運びに関しては、特に超望遠ズームレンズ(400mm~)は大きく2kg以上あります。ボディと合わせると簡単に3kgをゆうに超えます。またしっかりした三脚は2〜3kgありますので、こちらを合わせて持っていくと、合計重量は5〜6kgになります。また他にサブカメラを持っていくとなると、軽くても2〜3kg増えますので、計7〜9kgになってしまいます。撮影目的を決めていないと、重労働になってしまいます。
 こんな時持っていると便利なのがテレコンバーターです。ちなみに上で使用した物はNikonTC-20EIIIですが、価格も5万円以上と高価なです。また、構造上、特定のレンズしかに使えないなど、かなり制約があります。また、焦点距離は2倍に伸びますが、絞りが2段暗くなりF4レンズですとF8になります。逆にメリットは、最短撮影距離が装着するレンズと同じなので、花や昆虫などの近接撮影では効果抜群です。
 このD500などのDX(APS-C)カメラに装着すると焦点距離は200mmの場合F値は変わらず画角が1.5倍になり約300mm程度となります。これに2.0xのコンバーターを装着すると約600mmの画角になります。最近のカメラは感度が上がっていますが、等倍近くに拡大すると暗部にノイズが乗ってしまいます。テレコン装着すると画質は多少落ちますが、比較的明るい時に撮影すれば、絞りやシャッタースピードを上げることができます。結果的にピントの奥行きも深く、ぶれにくい画を撮ることができます。
 上のカワセミの撮影に使用したレンズは、D500にAF-S NIKKOR 70-200mmと2.0xのテレコンを装着して撮影したものです。

NikonTC30EIII

 焦点距離が伸びると被写界深度は浅くなり、画角が狭くなってきますのでブレには注意が必要です。ニコンの最近の機種では画像処理エンジンに暗部に強いEXPEED4や5が搭載されました。感度を上げても比較的ノイズが少ない状態で撮影出来ますので、以前の機種よりもさらに上のスピードでシャッターを切ることが出来ます。 三脚で確実に撮影される方は、AF-S70-200mmf4と、三脚台座RT-1(AF-S300mmf4E PF兼用)を装着しリモートコードを使用すれば万全です。これでさらに固定した状態で撮影できます。

Nikkor70-200VR NikonRT1 70-200_TC20
AF-S NIKKOR 70-200mmf4 VR+TC20EIII +RT-1

   D750で撮影した花の写真を見る

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ

ハサミ研ぎ
ハサミ研ぎ
ファンヒーターの修理
GFヒーターの修理

腕時計電池交換
本ふすまの修理
本ふすまの修理

銀ロウ付け
電気コードの接続
電気コードの接続
SuiSChange_NutLLiftS
Rキーホルダー修理
引き戸の戸車保守
引き戸の戸車保守
ブラインドの修理
ブラインドの修理

TOTO便フタ異音修理
蛇口の水漏れ修理
蛇口の水漏れ修理
RM_YAR01_OpenS
Cリモコンの修理
自転車の専用工具と各部の修理(30項目)
自転車の修理(30項目)
ブレーキシュー交換
ブレーキシュー交換
ペダルの整備
ペダルの整備(3)
自転車後タイヤ交換
自転車後タイヤ交換
スポーク交換
スポーク交換(3)
スポーク交換
買物自転車BB整備

多摩川上流部の橋梁(44)
トンビの魚捕り
冬の野鳥
トンビの魚捕り
トンビの魚捕り
釜の淵公園の12月の野鳥
青梅の12月の野鳥
2月の軍畑の野鳥
2月の軍畑の野鳥
アオサギの飛行姿
6月の軍畑 昆虫と野鳥

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 18/Feb./2018 - Last Modefied 18/Jun./2018