IROIROtitle
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 自転車関係 非公開外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ

ブレーキシュー交換で、安全走行
リンク: ブレーキシューを削って細動アップ!  ブレーキアームがグラグラ  ブレーキワイヤー調整

ブレーキシューの交換/ママチャリ前  ▲top 

MBreakMside
主流のサイドプルのシングルピポットブレーキ

 いわゆるママチャリの前ブレーキは、Vブレーキの様にフロントフォークには台座がありません。 サイドプルブレーキやシングルピボット キャリパーブレーキと呼ばれていて、フォーククラウンの中央に付いています。左の写真のように構造が比較的簡単になっています。
ブレーキシューが自由に角度が変えられる、MTBやクロスバイクのVブレーキと違い交換時の調整は隙間調整くらいなのでとてもカンタンです。
 ワイヤーが緩んだ時の調整は、ブレーキ本体にある調整ネジで行います。しかしここが一杯に伸びている場合は、今後のワイヤーの伸びを考慮して、本体の調整ネジを一杯に締めた後にブレーキワイヤーの止めネジを緩めプライヤーなどでワイヤーを張ります。この状態でワイヤー固定ナットをしっかり締め込みます。
 ここからのわかり易い調整方法は、その後にレバーを握ってみて、レバーのアソビを確認します。ここで殆どない時はブレーキワイヤー固定ナットをほんの僅かに緩めて、ブレーキレバーを力いっぱい握ってズルズルと少しずつ伸ばします。これで丁度良いアソビの箇所でワイヤー固定ナットを完全に締めます。上手くいかない時は、初めからやり直します。(このナットの絞め具合は、安全のために時々確認をします)

MBreakMremove MBreakNremove
できれば、10mmのメガネレンチがあるとナットの角を痛めません。ナットを取り外すとブレーキシューが外れます。

ブレキシューの摩耗 ▲top     

 経年劣化でブレーキシューは硬化してしまい、ブレーキシューがリムに喰いつかなくなってしまいます。ブレーキレバーを握っても、滑っている感じがした方は交換前に次の方法を一旦試してください。

  • ブレーキ本体からシューをレンチで取り外します。
  • リムとの密着面を確認します。
  • アルミリムの場合は制動時に小さなゴミ(極小石)等をシューでキャッチして、シューに喰い込んでリムを傷付け、削れたアルミリムの破片がをブレーキシューに埋め込まれている場合があります。
  • この場合は、アルミリムに同心円状の筋が彫り込まれ、シューのゴム面の面積が減って制動が悪くなっている場合があります。
    ブレーキシューの減りが激しい場合や、カチカチになっている場合は新品と交換します。

 ブレーキシューを取り外し制動面を確認します。異常な硬化や金属粉が多いなどの場合には、荒目のサンドペーパーを平らな場所に置いて、ゴム面を削ります。実際このブレーキシューはレバーを握って制動をかける時に、削って出てきたゴムの柔らかい面が、ブレーキング時にリムを捉えてしっかり制動してくれます。

ブレーキシューの交換  ▲top  

 軽快車用の前ブレーキのシューを用意します。工具は10mmのメガネレンチか10mmスパナを用意します。ペンチなどでは、V字型に開くために、ナットを挟んでも滑ってしまいます。できれば、使用頻度が多い10mmのメガネとスパナが一体になっている「コンビネーションレンチ」があると、確実に作業ができますし、ナットも傷めることはすくなくなります。10mmのメガネレンチかスパナで、ブレーキシューを止めてあるナットを弛めます。ナットやワッシャーを無くさないように慎重に取り外します。

MBreakshoe MBreakshoeSet
取り外したママチャリの前に付いているブレーキシュー。取り外す前はこんな感じで前ブレーキナット止されています。

 新しいブレーキのシューを用意します。(写真は古い物)ナットを落とさないように慎重にブレーキアームに差し込みます。次にワッシャーを差し込み、ナットを仮締めします。

MBreakMshoe MspBreak
ワイヤー止めのナットはメガネレンチを使うと角を傷めません。調整ネジで微調整できます。

 ブレーキレバーを握った状態で、ブレーキシューの位置がタイヤに擦らないように、リムの高さの上端から2mmくらいに固定します。位置が決まったら増し締めします。
 但し、ナットを絞める時にブレーキシューをしっかり押さえていないとブレーキシューの角度が曲がってしまう場合がありますので注意が必要です。
 タイヤを浮かせて回転させた時に周期的にブレーキがリムが振れてしまう場合は、リムの振れ取りをします。
 交換前のシューが極端に減ってしまっている場合、新しいブレーキシューを付けると厚みがあり入らない場合があります。この時には右の写真のネジを10mmレンチで緩めてブレーキアームの開きを大きくします。レバーの握り具合を確認して、丁度良い位置で調整ナットをしっかり締めます。
 もしブレーキレバーを握った時に、ブレーキレバーが引っかかるなどワイヤーが滑らかに動かない場合は、ワイヤーを緩めてワイヤーインジェクターでワイヤーのメンテナンスを行います。

ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ 【Amazonで見る】

SHIMANO M50T
ブレーキシューセット
BR-1055他適応
ヨシガイ製
シティ車 軽快車用
ブレーキシュー
BRIDGESTONE
アルミリム用

Tacx(タックス)
BRAKESHOE
TUNER
King TTC
ワイヤーカッター
WC-150
断面がキレイに切れる
デイトナ(DAYTONA)
ワイヤーインジェクター
通称ワイヤー通し。
重くなったブレーキ
レバーが軽くなる

薄口10mm
コンビネーションレンチ
KTC MS3-10T
ワイヤー類の止めに
使われている
サイズで
主に小さいナット用。

ホーザン(HOZAN)
ラバー砥石 K-141

BIKE HAND
YC-735A
ツールボックス
自転車用工具セット

BIKE HAND
YC-728
ツールボックス
シマノホローテック用

SUPER B
YC-728
プロフェッショナル
バイシクルツール
【37点セット】

PARKTOOL
ポリリューブ1000
113g・チューブ入用

KTC
ボールポイントL形ロング
六角棒レンチセット
HL259SP

自転車修理  ▲top     

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.ShionoSince 15/Jan/2014 - Last Modefied 26/Apr./2019