6月の深大寺周辺  神代水生植物園は こちら  深大寺そば店マップはこちら

   調布市の歴史のある寺院      トップへ


歴史ある深大寺の本堂

 調布市のある深大寺は 天平5年(733年)満功上人が法相宗の寺院として開創したと伝えられています。859年に天台宗に改宗しました。1646年と1865年に火災に遭い、本堂の大半を焼失しました。現在の本堂は大正時代に再建されました。
境内には元三大師堂があり第十八代天台座主慈恵大師良源の大僧正の自刻像が比叡山よりこちらに遷座され安置してあります。『縁起』によると、深大寺の元三大師像は比叡山解脱谷において、大師さま自ら能救世間苦の大願を起こされて刻まれたお姿であることを伝えると共に、「武蔵深大寺は代々の勅願所なり、此の影像を安置し、国運を守り、東国の群生を化益し給わん」ことを願われたと伝えていることから、特に大師さまは自刻像によせて国家の守護と東国の人々の安寧を深大寺に託されたのです。(深大寺オフィシャルサイトより)」 神代水生植物園はこちら


左ー深大寺本堂の左手には五大尊池があり植物に覆われています。 右ー元三大師堂は五大尊池をはさみ本堂の左手にあります

   深大寺界隈      トップへ


深大寺バス乗り場近くにある看板で深大寺名物のたくさんの蕎麦店が描かれています。

 深大寺周辺は、観光地としてとても素敵な場所です。左の地図にありますように、お寺を中心として、都立神代植物園、神代水生植物園、数々の茶屋、そば店が数々あります。武蔵境通りから深大寺入口を入ると、緩やかにカーブした道路は緑で覆われています。ここを進むとバス発着所が左手に見えてきます。ここが深大寺の正面玄関になります。左手には観光案内所があり、資料をいただけますのでまずは立ち寄りたい場所です。

   深大寺門前のお店      トップへ

 入口を進むと左手には鬼太郎茶屋が見えてきます。こちらは妖怪マンガで有名な水木しげるさんが描いた「ゲゲゲの鬼太郎」の茶屋が開いています。緑と石畳の門前の道には味があるお店が多くあります。楽焼きのお店、土産物店、蕎麦店、茶屋と昭和の雰囲気を醸し出すお店が門前の道に軒を並べています。深大寺そばは有名ですので是非ご賞味ください。


左−鬼太郎茶屋はキャラクターグッズ販売のアンテナショップ? 右−山門前の嶋田屋からみた深大寺山門

東西に走る門前の道 打ち水の路面とひもうせんが奇麗

    らく焼きは20分で窯で焼いて完成する 店頭にはたくさんの焼き物
トップへ   撮影:NIKON D800 24-70mm f2.8, 70-200mm f4

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 15/Jan/1997 - Last Modefied 9/Apr./2019