IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物・水族園の一部をご覧になれます。

多摩動物公園の鳥たち ※掲載の鳥はほんの一部です

移 動: 多摩動物公園の鳥たち ウォークイン・バードケイジ フライングケージ アジア園 アフリカ園

リンク: 4月の多摩動物公園 5月の多摩動物公園 8月の多摩動物公園 9月の多摩動物公園 多摩動物公園のマンホールデザイン 動物園マップ 恩師上野動物園 井の頭自然文化園 大きすぎない羽村動物公園 野鳥サイト

     
     

   多摩動物公園の鳥たち      トップへ


ベニコンゴウインコは緑に染まった景色に映えます。アップすると肌は真っ白のようです。

ルリコンゴウインコは青と黄色が奇麗。喧嘩のようです。アップすると、クチバシは水牛の角の様な色をしています。

   アジア園/ウォークイン・バードケイジ      トップへ


タンチョウがソデグロヅルの場所にいました。気温が上がって来たのでクロトキは水浴びを始めました。

トキの後ろからのアップとクロツラヘラサギはしゃもじの様なクチバシが特徴的です。

インドクジャクは色彩がとても奇麗。インドクジャクの親子のようです。

   多摩動物公園:アジア園フライングケージ/猛禽類      トップへ


ワシの仲間は自然豊かで大きなフライングケージで飼育されています。ダルマワシはクチバシが赤で目立ちます。

オジロワシは目が鋭く、常に周りに注意を払ってます。イヌワシのつがいの様で、滝の上近くに留っていました。

滝のある岩場にはイヌワシの夫婦らしき姿が。ヒメコンドルはオジロワシを追い払っていました。

左ー猛禽類のシロフクロウは夜行性で殆ど動きません。   右ーコノハズクは耳の様に羽毛が左右に立っています。

   アジア園      トップへ


赤ちゃんを運んでくると云われるコウノトリの目は鋭い。ナベコウはコウノトリと同じケージに同居

ニジキジは体は真っ黒ですが、名前の通り胸から上が虹の様に奇麗。キジはおとなしく体を休めていました。
TDK_WaraiKawasemi
ワライカワセミは日本のカワセミのと違い巨大でした。アオバネワライカワセミ小高い丘の上にいます。

   多摩動物公園:アフリカ園      トップへ


左ーアフリカ園の広いエリアの一角にペリカンが集まっています。  右ー柵の上に乗り羽を動かすペリカン。
TDKFlamingo 140831TDK_FlamSp
この日、フラミンゴも暑さに負けて盛大に所々で水浴びです。

移 動: 多摩動物公園の鳥たち ウォークイン・バードケイジ フライングケージ アジア園 アフリカ園

リンク: 恩師上野動物園 井の頭自然文化園 大きすぎない羽村動物公園 野鳥サイト

     
     

  撮影をしたカメラを見る

この撮影で使用した機材: NIKON D800
TAMRON SP150-600mm
(DXmode撮影で900mm相当)
三脚:SLIKカーボンマスター
824PRO N
ご興味の方は、
右のamazonのリンクで製品br>の<評価を見れます

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D800 ボディー

TAMRON
超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD ニコン用

Manfrotto 一脚
680B 4段 大型
アルミニウム製
※プロも使う頑丈な一脚!

MSLIK 雲台
SBH-200 DQ N
※中型カメラも
しっかり固定!

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ

 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 26/Jul./2019 - Last Modefied 1st./Jun./2020