IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト


トビの幼鳥の修行/多摩川の野鳥 

修行を積むトビ幼鳥 トビの飛ぶ顔  トビが鮎捕獲  トビが蛇の奪い合い  トビが野鳥捕獲 

   真冬のトビ:多摩川上流部      トップへ

TobiIQ_BrR180225H2
対岸の枯れ木の枝に留まったトビ

 トビはタカ目タカ科に属する猛禽類で地域によりトビともいわれています。トビは留鳥で、生涯が終わる迄日本で過ごします。大きさは良く目にするカラスより大きく、翼を広げると1.6m位あるといわれています。
こちらは東京の青梅市〜奥多摩町を流れる多摩川流域周辺の上空です。ここは流域の対岸の茂みの枝の上で休んでいるトビですが、成鳥と少し違って見えたので、資料で確認すると「トビの幼鳥」でした。成鳥と比べると、胸の羽の模様が縦方向に流れています。

YoungTobiFly180225
対岸の枯れ木の枝に留まったトビ
TobiIQ_BrF180225 TobiIQ_BrF180225Vup
飛び立った後、短い距離でUターンして近くの枝に戻った時の写真で、頭の羽が逆立って丸く刈り込んだプードルのようになっています。
TobiIQ_BrR180225H
直立して枝に留まるトビの幼鳥

 トビの特に冬場は餌になるものが少なく、条件が悪い季節です。 成鳥でもなかなか獲物を探すのに苦労しています。大人のトビは空高く広範囲に飛び回り獲物を探します。この幼鳥は飛ぶのにまだ慣れてないのか、飛ぶ距離が少なく上空へは向かいませんでした。早く獲物を取れるようになって、代々子孫を繋いでいって欲しいものです。

TobiIQ_BrR180225H2e
枝に留まって一休みしながら獲物に探しに気を配っているように見えます。
撮影:NIKON D500 TAMRON SP150-600mm(DXモード900mmで撮影)  手持ち撮影


ご興味の方は、下のamazonのリンクで製品の評価などを見れます

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D500 ボディー

Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR
200-500mm f/5.6E ED VR

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D750 ボディー

Nikon
マルチパワーバッテリーパック
MB-D16

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2
ニコン用 フルサイズ対応 A022N

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

Nikon 望遠レンズ
800mm f/4G ED VR

SIGMA 超望遠ズームレンズ
Sports 150-600mm
F5-6.3 DG OS HSM
テレコンバーターキット
ニコン用

SLIK 三脚
カーボンマスター 824 PRO N
4段 中型 記念キット

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 26/Feb./2018 - Last Modefied 26/Feb./2018