IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。
新ページのお知らせ
新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】

【NIKONの製品】

chs_banner

シメ/森・草地・農耕地の野鳥 スズメ目アトリ科シメ属 

 リンク: アトリ科の野鳥/カワラヒワ 多摩川の野鳥たち/シラサギ トンビの飛ぶ顔  トンビが鮎捕獲  トンビが野鳥捕獲 
カワラヒワ
カワラヒワ
シメ
シメ
空白
YachouBunruiS
野鳥サイトの分類表

   身近にいる野鳥:シメ      トップへ

ShimeKFP190309
非常に臆病な野鳥で、わずかな気配で飛び立って、にどと戻ってきません。これは嘴と目の間が黒くないので、♀のシメです。
KawaraHiwa_FT_KFMP180211T
同じアトリ科のカラワヒワ

 シメはカワラヒワと同じスズメ目アトリ科の野鳥です。形もかなり似ています。カワヒラは茶っぽいオリーブ系に黄色・黒・白の色が入っています。このシメは茶系の体に羽先が黒く白っぽい帯が入っています。この野鳥は小さいものは14cm位のスズメ〜60cm弱のカラスを見ることができます。このシメはよく見かけるスズメより2周りくらい大きい、全長が約18cm位と小型の野鳥のなかでは大きめです。この鳥も臆病なのか集団でまとまっているため、一羽が飛び立つと一斉に高い木の枝などに飛んで行ってしまいます。サイズが近い留鳥としては、雲雀とほぼ同じサイズということです。
 鳴き声は、チッ、チッ、チッ、チッ、と甲高い声で鳴きます。クチバシがジュウシマツの様にしっかししているので、植物の種子など硬いも物を主に食べます。

ShimeHU_KFP190309
上を向いたシメで、嘴の下にはV字型の黒い模様があります。
ShimeNV_KFP190309 ShimeTurnA_KFP190309
危険な気配を感じて、周りを警戒していてこちらを発見したらあっという間に飛び立っていきました。
撮影:NikonD500+TamronSP 150-600mm(A011) ISO1000 f8 1/2000 0段

ShimeKFP190309

   身小金井公園の高い木の上方に留まるシメ      トップへ

ShimeKGP_18031B
危険を感じて一斉に木のかなり高いところまで飛んでいきました。
ShimeKGP_18031F
このシメの特徴は前側の下から見るとクチバシの下が黒くなっています。これはオスで黒い部分が、嘴から目まで繋がっています。
ShimeKGP180318
このスズメ目アトリ科は色は違えど同じ様な配色位置になっています。
撮影:NIKON D500+TAMRON SP150-600mm f5-6.3 手持ち撮影

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 20/Apl./2018s - Last Modefied 25/Mar./2019