IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

井の頭自然文化園/和鳥舎と水鳥

動物編はこちら  リスの小径こちら  水生物園はこちら 

   井の頭自然文化園のお話      トップへ

 井の頭自然文化園は井の頭恩賜公園の一角にある都立動物園です。戦時中の昭和17年(1942)5月17日に開園しました。それに先立って昭和9年(1934)には中之島に小動物園が、昭和11年(1936)には水生物館(日本初の淡水魚専門の水族館)がいまの水生物園(分園)に開設されており、それらが母体となって誕生しました。動植物の観察公園として幅広い年齢層に親しまれています。面積は動物園(本園)8.25ha、水性物園(分園)3.3ha。

(井の頭自然文化園パンフレットより)
〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕 

   オオハシ・オオコウモリ・猛禽類      トップへ


 左ー大きなくちばしのカラフルなシロムネオオハシは中南米に分布する     右ー東南アジアにいる大翼手類で翼幅は2m位

 左ーユーラシア大陸・日本に生息するフクロウ           右ー世界に幅広く分布しているミミズク

 左ーチョウゲンボウは都市部に進出する猛禽類 エサはスズメ,ドバト 右ーツミは日本で一番小さなタカで翼長60cm前後本州中部以南で越冬

   和鳥舎      トップへ


 左ーうぐいすは鳴き声に反して意外に地味な色      右ーメジロは名の通りで目の回りが白い

左ーウグイスも梅雨の合間で天気で気温が上がったせいか痒そう      右ーオナガは他の野鳥とは似つかない長い尾が特徴

 左ーツグミはヒヨドリとともに良く目にする中型の野鳥      右ーキビタキは夏取りで山間部で見られる小型の野鳥で彩りがきれい

 左ーヤマガラは神津島・新島など南の島に生息している        右ージョウビタキは大陸から日本で越冬する小柄の鳥
動物編はこちら  リスの小径こちら  水生物園はこちら トップへ

撮影:NIKON D800,D7000 AF-S NIKKOR 24-70mmf2.8,70-200mmf4


【博物館・動物園・水族館は下のアイコンをクリック!】
UENOkhKkokakuS
国立科学博物館
THK_SSh
鉄道博物館(大宮)
140921UDKpandaS
上野動物園
TDK1409RKongIupS
多摩動物公園
ISBrisuUp3S
井の頭自然文化園
KRS_W_kueS
葛西臨海水族園
KRSk_maguroBs
葛西のマグロ復活!!

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ

トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 1st/May/2013  - Last Modefied 24/Feb./2018