IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

Nikon Z6II
新:Nikon Z6II

NIKON D750(7項目)
ミラーレスNIKON Z6


DaiSagiFlyUpTKYP201115M
Z6+2.0xTCで野鳥撮影
Z6_N200_500_TC20EIIIUP_M
Z6+TC-20+200-500mm
Z6II_FTZ_TC20EIII-200-500mmM
Z6II+TC-20+200-500mm

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

Z6LFS
Z6で撮影

1510CosmosBeeSS
NIKON Camera


D500BodyS
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で風景撮影

Kumabachi_MTVRTs
D500で晩夏の花撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

1510CosmosBeeSS
お手頃超望遠レンズ


D750view
ニコンD750レポート

1510CosmosBeeSS
D750で春の花撮影

KRS_2FaquaS
D750で水族館内の撮影

THK_HibariS
D750で博物館内の撮影

TDK15CheaterS
D750で動物の撮影

SkyTreeTopS
D750でスカイツリー撮影


【NIKONの製品】


SLIK 三脚
カーボンマスター
824 PRO N
4段 中型 記念キット
CHS HomePage


掲載データ“禁転載”

chs_banner

サードパーティニコンZ用ズームレンズ
タムロンから初登場したニコンZ用レンズ

移 動: Z用互換レンズModel A047 A047の外観について 植物の撮影画像 野鳥の撮影画像 動画作例

Z6IIで野鳥撮影 Z6実写レポート Z6IIで野鳥撮影 Z6で旧レンズを使う Z6+TC2.0xと200-500mm

     
     

  遂に発売された、タムロンZ用互換レンズModel A047      トップへ

Tamron70_300Box
遂に発売された、タムロンZ用互換レンズ

 タムロンはFマウントの頃はニコン用として数種類レンズが発売されていました。しかしカメラがFマウントからミラーレスのZマウントに移行してからは、ニコンはレンズの製造ライセンスと発売の許可が出ていませんでした。その為、タムロンレンズは主にソニーα用に発売され、このお陰もあってソニーαカメラのシェアの拡大に影響を及ぼしました。
 そんな中、やっとニコンZ用としてタムロンから発売されたのが、TAMRON 70-300mmF/4.5-6.3 Di III RDX A047Z です。
 タムロンやシグマのレンズは、サードパーティ製として発売された頃の昔は性能がとても低いもので評価の安かろう悪かろうの代名詞となっていました。しかし、筆者も150-600mm(A011)を使っていました。それ迄の性能イメージが、霧が晴れた様に消え去りました。ちなみにこのレンズをDXフォーマットで使う場合焦点距離は105mm〜450mmとなりますが、レンズ本体には手振れ防止機構は付いていません。

TAMRON70 Tamron70_300AccessoriesContents Tamron70_300Manyuals
タムロン70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXDの内容物

   携帯製に優れる Z用互換レンズModel A047の外観      トップへ

TAMRON70_300_Z6IIL_221001 TAMRON70_300_Z6IIR_221001
タムロンZ用互換レンズModel A047の左側と右側の画像
Tamron70300_USB_Terminals
TR_A047zoom
Model A047のUSB-C差込口と伸張式のズーム
でロックされていませんのですぐ撮影可能。

 このレンズの外観は、各所に自然に丸みが付けられていて滑らかさを感じます。そしてレンズのフードのつなぎ目も丸みがありデザインに新鮮さを感じます。レンズ本体のズームリングとレンズ胴鏡の段差が少ないのも好感が持てます。
 このレンズはFX用として発売されていて、ニコンで云うVR(手ぶれ補正機構)が付いていません。将来的にはわかりませんが、現在発売されている、Z50,Zfc,Z30ではカメラ内の手ぶれ機構はありません。


タムロン初のZレンズ

 個人的にもDXモードの焦点距離1.5xはとても魅力的ですが、暗めの撮影環境では手ぶれが出る可能性がとても大きいです。そのぶん胴鏡も細く質量も580gと、24-70mmf4Sよりも80g重くなっています。また、焦点距離は違いますが、AF-S 70-200mmf/4VRの800gより軽く、1.4xテレコンを接続するとほぼ同じ焦点距離になります。TC-14EIIIが190gなので、計990gになり、重量差が410g もあります。たくさんのカメラ、レンズを持参する場合非常にメリットは大きくなります。
 このレンズ本体にはUSB-Cコネクターがあり、ここからPCにダウンロードしたファームウェア等のバージョンアップがダイレクトに可能となっています。

   Model_A047の画像:植物  トップへ

HimawariDry221002
種子採取の為でしょうか、ヒマワリが枯れたまま植えられていました。
NIKON Z6II+TAMRON 70-300mmF/4.5-6.3 Di III RDX A047Z DX178mm相当 ISO1000 1/200~800 f25 手持ち -2.0段

 このレンズは、発売日が2022年9月29日 でしたが、運良く10月1日の午後には入手できました。撮影前日に運良く用意できましたので、翌朝にフルサイズとDX機2台と一緒に撮影に持参しました。
 FXカメラはZ6IIですが、設定をDXモードにしてあるのを忘れていて、このまま撮影しました。このレンズの最短撮影距離は、Tele側で1.5m、Wide側で0.8mとなっています。草花などを撮影するには今まではFマウントの70-200mmF/4で最短撮影距離は、1mでしたので、70-300mmでも被写体までの距離感は良いと思っています。、DXモードでは450mmとなりますが、VR機構が付いていないDXカメラはシャッタースピードを上げられない撮影環境では三脚を使用するなど手ブレには対策が必要です。

Seitakaawadachi2Fly221002 HiganbanaTKYP221002
セイタカアワダチソウに留まる2匹のコバエと終焉を迎えるヒガンバナの画像
NIKON Z6II+TAMRON 70-300mmF/4.5-6.3 Di III RDX A047Z 450mm相当 ISO1000 1/200 f22〜29 手持ち 0段 KikuimoTKYP221002
陽に当たり、黒い背景に引き立つキクイモの花
NIKON Z6II+TAMRON 70-300mmF/4.5-6.3 Di III RDX A047Z DX178mm相当 ISO1000 1/200~800 f25 手持ち -2.0段
TougarashiTKYP221002
Inaho221002
自然観察園に植えられた唐辛子と水田エリアの稲穂
NIKON Z6II+TAMRON 70-300mmF/4.5-6.3 Di III RDX A047Z DX450mm相当 ISO1000 1/200~800 f25 手持ち 0段 TsuyukusaUP_TamronA047
トリミングした小さなツユクサのアップ画像 1/4000でブレは極小
NIKON Z50+TAMRON 70-300mmF/4.5-6.3 Di III RDX A047Z 450mm相当 ISO800 1/4000 F/9  手持ち 0段

   Model_A047の画像:野鳥  トップへ

 遠くにいる小型の野鳥ではこの焦点距離は短いですが、設定がDXモード(APS-C)の為450mm相当となっています。比較的近い被写体や飛び物には追いやすいかもしれません。

IsoshigiTidePool221002
潮溜まりで餌を探すイソシギ 望遠端(換算450mm)で撮影
NIKON Z6II+ TAMRON 70-300mmF/4.5-6.3 Di III RDX A047Z 300mm ISO1000 1/640 f13 0段
Isoshigi70_300DX221002
比較的近くに寄って来てくれたので、望遠端(換算450mm)で撮影
NIKON Z6II+ TAMRON 70-300mmF/4.5-6.3 Di III RDX A047Z 300mm ISO1000 1/500 f13 0段

   Z6II+TamronA047+audio-technica AT9946CMの動画  トップへ

 こちらの動画はNIKONZ6IIにタムロン初のZレンズ70-300mm(A047)で撮影しました。他の写真はDXモード撮影でしたが、こちらは従来のFXに変更しています。手持ち撮影で風で枯れ草が覆いかぶさって来たので、無意識にレンズを下に振っています。風があったので、ウインドマフ付きの外部マイクが効果を発揮しています。


風にそよぐキクイモの花
   撮影:NIKON Z6II+TAMRON Z70-300m 160mm 1920x1080 60fps ISO220 1/250 f13 手持ち撮影

移 動: Z用互換レンズModel A047 A047の外観について 植物の撮影画像 野鳥の撮影画像 動画作例

     
     

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ

ハサミ研ぎ
ハサミ研ぎ
ファンヒーターの修理
GFヒーターの修理

腕時計電池交換
本ふすまの修理
本ふすまの修理

銀ロウ付け
電気コードの接続
電気コードの接続
SuiSChange_NutLLiftS
Rキーホルダー修理
引き戸の戸車保守
引き戸の戸車保守
ブラインドの修理
ブラインドの修理

TOTO便フタ異音修理
蛇口の水漏れ修理
蛇口の水漏れ修理
RM_YAR01_OpenS
Cリモコンの修理
自転車の専用工具と各部の修理(30項目)
自転車の修理(30項目)
ブレーキシュー交換
ブレーキシュー交換
ペダルの整備
ペダルの整備(3)
自転車後タイヤ交換
自転車後タイヤ交換
スポーク交換
スポーク交換(3)
スポーク交換
買物自転車BB整備

多摩川上流部の橋梁(44)
トビの魚捕り
冬の野鳥
トビの魚捕り
トビの魚捕り
釜の淵公園の12月の野鳥
青梅の12月の野鳥
2月の軍畑の野鳥
2月の軍畑の野鳥
アオサギの飛行姿
6月の軍畑 昆虫と野鳥

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 02/Oct./2022 - Last Modefied 03/Oct./2022