IROIROtitle
iroiroLOGOsss

野鳥サイト

国分寺周辺の野鳥
国分寺周辺の野鳥

 野鳥ランキング30 
 2023年7~12月 
1.D500+超望遠
2.Z50+超望遠
3.オナガ
4.Z6II+超望遠
5.多摩動物園鳥
6.野鳥サイト
7.Z6+超望遠
8.Zfcビュー
9.オオタカ
10.トビの若鳥
11.Fマウントテレコン
12.200-500mm
13.Z400mmf4.5
14.国分寺の野鳥
15.カワウ
16.梅の花と野鳥
GA4の250件越えの為計測不能
17.トビの魚取り
18.水辺:ダイサギ
19.ダイサギ
20.ハシビロコウ
21.カルガモ
22.カワラヒワ
23.市内のカワセミ
24.キジバト物語2
25.セグロセキレイ
26.シロハラ
27.トビ
28.梅花とメジロ
29.アオサギ
30.ハイタカ



新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】

PRIUS 2016 TNGA
東京港野鳥公園

【NIKONの製品】
NikonZfcview
レトロミラーレス一眼!!
NIKON Zfc
NIKON D750(7項目)
軽く良く写る!!
ニコンZ50レポート
Nikon Z6II
内部は激変!!
Nikon Z6II

Nikon Z6II
Nikon Z9

Z6LFS
初ミラーレス
Nikon Z6レポ

サイクリング
Nikon D500



chs_banner

キジバト物語3/巣造りハト目ハト科キジバト属

YachouBunruiS
野鳥分類表

移 動: キジバト物語3/産卵〜巣立ち キジバトの巣 場所選び 庭の梅の木に昨年に続く巣作 空になっていたキジバトの巣 産卵していたキジバトの巣 抱卵中のキジバト 消えたキジバトと卵

リンク: 郊外で目にするキジバト キジバト物語/産卵から巣立ち キジバト物語2/産卵〜巣立ち 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(104種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

人気ページコンテンツへ移動
     
     

キジバト
キジバト
カワラバト
カワラバト
YachouBunruiS
野鳥サイトの分類表

   キジバトの巣 場所選び    2024.5.9      トップへ

KIjibato_240510_3rd
この場所が安全なのか、昨年とほぼ同じ場所に巣作りをしました
撮影:NIKON Z50+TAMRON 70-300mm

 昨年は庭の梅の木にキジバトが3回目の巣づくりをしました。巣の中には2つの卵がありました。残念でしたが、孵ったのは1つで1羽しか育ちませんでした。その雛は無事に育ったものの何時も独りぼっちで行動していてテリトリーになる「巣を中心としたエリア」でよく見かけました。育ってからも元の巣へ何回か戻って来ているのを目にしていました。
 何時も1羽だと思っていたこのキジバトが2羽揃っているのを見つけました。もしかしてお相手が見つかったのだろうか?と暫く番いの姿は目にできません。
 それが梅の実が2.5~3cmくらいに育ったある日、この梅の木にペアのキジバトが下見にきているのを目にしました。
 営巣の時には、作っている巣の真下には組み損ねた小枝が地面に散っています。これが造り始めの印となります。昨年も営巣していましたが、木の枝は毎年伸びるので形が変わるので昨年造った場所には難しい場合があります。しかし、昨年とほぼ同じ場所に構えています。

野鳥のベビーラッシュはこちら

  庭の梅の木に昨年ぶり、3回目の巣作り:キジバト    2024.5.10   トップへ

 庭にある梅の木枝端は建物から2m程度離れていて、さらに1m程先にキジバトが巣を造っています。5月には葉も茂っているので、強い日差しや雨などから巣を守ってくれます。巣作りが始まるとオスは巣の素材として細い枝を運んで来ます。真直ぐのものは引っ掛りが少ないので中々固定できずに真下に枝が落ちてしまいます。そんなことから、地面に小枝が沢山落ちている時は真上に鳥の巣がある場合があります。真っ直ぐのものは巣造りに向かないこと学習したのか、オスが運んで来たのは枝分かれしているものでした。運ぶのは大変でしょうが、この部材だったら安心して巣作りが出来そうです。

KIjibatoPair_240510_3rd
巣篭もりをしたメスに少し離れた畑から小枝をせっせと運ぶオス
撮影:iPhone SE3 ビデオより切り出し トリミング
TurtleDovePutBranches240510 TurtleDoveTrimmingBranches240510
オスが探して運んで来た枝をメスに渡し、巣の下にその枝を敷き詰めます
撮影:(左)iPhone SE3  (右)NIKON Z50+TAMRON 70-300mm
TurtleDoveCarryingBranch240510
強い風雨でにも崩れにくく運び辛い枝分かれした小枝をを持って来ました

 この場所の周りの環境は、農地が残る住宅街で所々に木が残っています。強い風などで飛ばされた折れた小枝が巣の素材となりますが、キジバトにとってもこの環境は次世代に命を繋ぐに適した所かも知れません。

  空になっていたキジバトの巣  トップへ

 この日は、強風が吹き荒れ木の葉が強く横方向にバタバタと揺れていました。こんな中オスがせっせと運んできていた、枯れた細枝を木の枝の又部分に引っ掛けて作るのですが、卵が落ちない様に隙間なく作るのが難しいのでしょう。案の定枝分かれして落ちにくそうな形の枝でさえ地面に落下していました。
翌朝の6時半くらいに1羽のキジバトがやって来ましたが戻って来ました。再び枝拾いに往復している姿を確認し、現在これを繰り返しています。オスがくわえて持って来た小枝を、しっかりした巣の床になる様に確認している様です。

  産卵していたキジバトの巣  トップへ

 席を外す前にキジバトの姿を確認すると見えなかったので、強風で避難しているのだろうと所用を済ませて戻ると、地上からキジバトの姿を確認できました。真下で色々音を立てていても以外に飛立つこと無く、巣の上にいました。・・・いつもより周りの環境に敏感に反応しなく堂々としています。
 WEBカメラを利用しでライブビューの様に観察できる環境カメラを柱に固定して、をローカルで作りました。その2階の観察場所で改めて観察してみると親鳥のお腹の下に白く丸いものが見えます。これは、完全に産卵したものです。しかし風速6m/秒と強い風の中、葉が覆いかぶさりよく見えません。そんな中撮影したのが下の画像です。

LayEggsOne240511
強風の中風で葉が暴れまくり、すぐには確認できませんでしたが、キジバトの下には産卵した卵が見えます
撮影:NIKON Z50+TAMRON 70-300mm トリミング

  抱卵中のキジバト    撮影:2024.5.15 トップへ

KijibatoIncubationUp240515
春は強風が吹きまくり、強い雨が降ったりしましたが、時たま卵の位置を変えたりするのが見えました。

  消えたキジバトと卵    撮影:2024.5.18 トップへ

 午前に鳩を確認してから所用があり、出かけました。その時近所でケルヒャーで大きな音を立てて1時間くらい清掃をしていました。宅配便のエンジンの音でもビクともしなかったキジバトですが、戻ってきたら何やら存在の気配がありませんでした。
 不思議なのは、騒音に驚いて逃げるのであれば卵は残っているはず。その卵を幾ら探しても落下もしていないし、巣の下周辺にも見つけられませんでした。まさか卵を脚でつかんで移動したとは思えません。
 キジバトの天敵は、カラス、ネコ、ヘビとされています。落下していたら下に割れた卵の印が残っているはずです。この木の下は草木が多いところで、カナヘビは目撃していますが・・・犯人は誰なのでしょうか?

MissingEgg_Turtledove240518
幾ら探しても卵の姿が見つからないキジバトの巣の中
撮影:NIKON Z50+TAMRON 70-300mm DX:420mm ISO 8000 1/125秒 f/13 +1.0 トリミング

移 動: キジバト物語3/産卵〜巣立ち キジバトの巣 場所選び 庭の梅の木に昨年に続く巣作 空になっていたキジバトの巣 産卵していたキジバトの巣 抱卵中のキジバト 消えたキジバトと卵

リンク: 郊外で目にするキジバト キジバト物語/産卵から巣立ち キジバト物語2/産卵〜巣立ち 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(104種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

人気ページコンテンツへ移動
     
     

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 15/May/2024 - Last Modefied 18/May/2024