IROIROtitle
iroiroLOGOsss

野鳥サイト

国分寺周辺の野鳥
国分寺周辺の野鳥

RankingBar
 2022年1~5月 
1.梅の花と野鳥
2.Z6II+超望遠
3.野鳥サイト
4.野鳥撮影︎︎D500
5.Z6+超望遠
6.上野動物園鳥園
7.オナガ
8.多摩動物園の鳥
9.国分寺の野鳥
10.ホシハジロ
11.オオタカ
12.センゲン山の野鳥
13.トビの魚取り
14.井ノ頭_野鳥園
15.ヤマドリ
16.ハクセキレイ︎︎
17.オカヨシガモ
18.カワラヒワ
19.カワウ
20.Z50+超望遠
21.トビ
22.ツグミ
23.ジョウビタキ
24.野鳥の区分け
25.キジバト
26.オシドリ
27.トビエサ捕獲
28.ダイサギの狩り
29.ハイタカ
30.キセキレイ



新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】

PRIUS 2016 TNGA
東京港野鳥公園

【NIKONの製品】

サイクリング
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

NIKON D750(7項目)
ミラーレス一眼NIKON Z6



chs_banner

キジバト物語/産卵から巣立ち ハト目ハト科キジバト属

YachouBunruiS
野鳥分類表

移 動: 郊外で良く目にする野鳥:キジバト キジバトの産卵と抱卵 キジバトの産卵準備 キジバトの産卵 キジバトのヒナの誕生 キジバトのヒナの成長 巣立ちの準備 1羽になったキジバトのヒナ 戻ってきた2羽にのキジバト

リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(82種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

     
     


キジバト
キジバト
カワラバト
カワラバト
YachouBunruiS
野鳥サイトの分類表

   郊外で良く目にする野鳥:キジバト      トップへ

 キジバトはハト目ハト科キジバト属の野鳥です。体長は約33cmと身近な野鳥ではカラスにの次に大きな鳥です。羽・背あたりに黒に茶色いウロコ模様がはいっています。鳴き声はグッグッポポー グッグッポポーと低音で鳴きます。首の左右に黒と灰色の筋模様が入っています。首あたりが青〜緑の虹色のようなハトはドバトで、公園や神社の境内などでよく見られます。
 土鳩が地面で見られますが、キジバトは地面ではあまり目にせず、木の上の枝・電線などでよく見かけます。

Kijibato_MKPNm180502
木々が多い都立武蔵国分寺公園の西元地区のフェンスの上に止まるキジバト。
KijiBatoTGJ190419A KijiBatoTGJ190419B
4月中旬の玉川上水の遊歩道のキジバト。懸命に餌を探していました。
KijibatoNGPSKE_MSP18050
新緑の野川公園内の自然観察園内で地面で餌を探すキジバト。

   身近な野鳥:キジバトの産卵と抱卵  2014.7.2〜2014.8.12         トップへ

KJBume
キジバトは頻繁に梅の木にやって来ました。

   キジバトの産卵準備  2014.7.3〜2014.7.9         トップへ

Kijibato_NestBuilding140709
枝の二股の所に細い枝を集めて梅の木の枝の又に敷き詰めます。
Kijibato_hug140709 Kijibato_Tail140709
敷き詰めた小枝のベッドで交尾するキジバト

   キジバトの産卵  2014.7.10〜2014.7.12                  トップへ

KJBEgg1 KJBEggx2B
しばらくするとじっとしているキジバトの下に2つの卵を発見しました。
KJBsudukuri1
親鳥は卵を温め続けます。

   身近な野鳥:キジバト ヒナの誕生  2014.7.26                 トップへ

 キジバトが抱卵していた卵が孵りました。産卵してから16日目が立ってしまっていました。ひよこのイメージをしていましたが、なんと肌は真っ黒でクリーム色の産毛が生えていました。ヒナはまだ目が見えない様です。生まれたてのキジバトのヒナは、体毛がクリーム色で顔の地肌は黒です。きっと枝の色と保護色になっているかもしれません。
 ハトは素嚢そのうという消化器官の一部から哺乳類の乳成分のようなもの(ピジョンミルク)が分泌されが出て幼鳥に与えるようですが、オス親からも分泌されるそうです。雛鳥が親の口の中を突いているのは食事と同じ行動のようです。

KJBbx2UP
しばらくすると親鳥の下からヒナを発見しました。片方のヒナに餌を与えている様です。

KJBbx2Soudatsus
早速親鳥は。餌をあげますが、ヒナは貪る様に親鳥の口を突っつきます。

   身近な野鳥:キジバト ヒナの成長  2014.8.5                 トップへ

KJB140805x2
だんだん成長してくると産毛が抜けたキジバトらしい羽が出て来ました。
KJB140808AB KJB140808A1
さらに日が経つと産毛がまだ残るものの、頭の周りの毛が灰茶色になってきました。

   身近な野鳥:キジバトのヒナ巣立ちの準備  2014.8.5                 トップへ

KJB140812x2B
巣立ち間際の2羽のキジバトで、数日後ここから巣立っていってしまいました。
Kijibato_SpreadWing140805
翼を広げて羽ばたきの準備をするキジバトの雛

 身近な野鳥:1羽になったキジバトのヒナ  2014.8.11              トップへ

KijibatoAlone140811
成長の早い1羽が巣立ちして、発達の遅い1羽が巣に残っています。
KijibatoLeaveNest140810 KijibatoEmptyNest140811
頭部の産毛は無くなり成鳥に近い姿に。いつの間にか巣は空っぽになっていました。

 身近な野鳥:戻ってきた2羽にのキジバト若鳥  2014.8.12              トップへ

Kijibato2_ReturnNest140712
飛ぶ練習でもしていたのでしょうか?古巣はしばらく空いていましたが、2羽のキジバトが戻ってきました。

 一旦は戻ってきたキジバトのヒナですが、まだ産毛は残っているものの飛ぶ力が付いたようでこの巣には戻ることはありませんでした。この後、思い出したのか近くまで来て電線の上から旅立った巣を眺めに数回やって来ています。しかし大人になってからは全く目にしなくなりました。しばらくして近所で仲の良い2羽の若いキジバトを何回も見かけました。
PS:毎年、6月をすぎると近所でキジバトの鳴き声を耳にします。庭の梅の木も成長し枝ぶりも変わってしまいました。なかなか安定した場所が見つからないようで、現在8年経ちましたが営巣ができないようです。木の下に細い小枝が落ちている時はもしかしたら、キジバトが巣作りしているかもしれません。

撮影:NIKON D7000+70-200f4VR,D500+TAMRON SP150-600mm f5-6.3 手持ち撮影

移 動: 郊外で良く目にする野鳥:キジバト キジバトの産卵と抱卵 キジバトの産卵準備 キジバトの産卵 キジバトのヒナの誕生 キジバトのヒナの成長 巣立ちの準備 1羽になったキジバトのヒナ 戻ってきた2羽にのキジバト

リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(82種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

     
     

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 20/Apl./2018 - Last Modefied 28/Jul./2022