IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

国分寺周辺の野鳥
国分寺周辺の野鳥

 野鳥ランキング30 
 2022年10~12月 
1.野鳥撮影︎︎D500
2.Z6II+超望遠
3.Z50+超望遠
4.野鳥サイト
5.NIKON Zfc
6.オナガ
7.Z6+超望遠
8.オシドリ
9.ホシハジロ
10.オオタカ
11.コサメビタキ
12.国分寺の野鳥
13.ジョウビタキ
14.梅の花と野鳥
15.NIKON D750
16.エゾビタキ
17.井ノ頭_野鳥園
18.トビの魚取り
19.ZでMOVIE
20.オカヨシガモ
21.カワセミの狩
22.ヤマドリ
23.カワウ
24.トビの幼鳥
25.ダイサギの狩り
26.マガモ
27.府中の野鳥
28.野鳥の区分け
29.ハイタカ
30.コゲラ



新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【NIKONの製品】
NikonZfcview
レトロミラーレス一眼!!
NIKON Zfc
NIKON D750(7項目)
軽く良く写る!!
ニコンZ50レポート
Nikon Z6II
内部は激変!!
Nikon Z6II

Nikon Z6II
Nikon Z9

Z6LFS
初ミラーレス
Nikon Z6レポ

サイクリング
Nikon D500



chs_banner

エゾビタキ/雑木林の野鳥 スズメ目ヒタキ科

YachouBunruiS
野鳥分類表

移 動: 腹が白いくりっとした目がの特徴の野鳥:エゾビタキ

リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(104種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

     
     

ヒタキの仲間
キビタキ
キビタキ
ルリビタキ
ルリビタキ
ジョウビタキ
ジョウビタキ
エゾビタキ
エゾビタキ
コサメビタキ
コサメビタキ
YachouBunruiS
野鳥サイトの分類表

   10月中旬のエゾビタキ      トップへ

EzobitakiL_V_221016
背筋を伸ばして
餌探しをするエゾビタキ

 前回撮影したのが、2017年6月中旬でした。中々出会う機会がありませんでした。今回で5年ぶりになります。10月の自然生態園の木の先端近くの枝に留まっていたエゾビタキ。木の枝の先端に留まっていて飛び立っては元の枝に戻るを数回繰り返していました。このおかげでシャッターチャンスが増えました。なぜまた同じ枝に戻るのか?と調べてみると、見晴らしのいい高い枝に留まって餌になる羽虫を探している様でした。それで虫を捕まえては同じ位置に戻りまた捕まえにに飛び立つを繰り返していた様です。
このエゾビタキは、大きさがスズメとほぼ同じで、胸に縦縞が入っているのが特徴で、コサメビタキと比べ判別しやすい鳥です。エゾビタキは秋に日本を通りかかる「旅鳥」の様で丁度シーズンに合致したようです。

Ezobitaki221016
10月の自然生態園の木の先端近くの枝に留まっていたエゾビタキ。
EzobitakiRup_221016 EzobitakiFaceUp_221016
枝のてっぺんに留まり、虫の狩りをするために待ち伏せしている様です。
撮影:NIKON Z50+FTZII+TC-14EIII+AF-S Nikkor200-500mm f5.6E VR 1050mm相当 ISO800 1/4000 f9 +0.3段 手持ち撮影 トリミング

   腹が白いくりっとした目がの特徴の野鳥:エゾビタキ      トップへ

 まだ新緑が眩しい6月下旬の御岳渓谷遊歩道ぞいにある木々の枝で見つけたものです。エゾビタキは胸に筋模様があり、目がくりっとしています。大きさはスズメとほぼ同じくらいの小型の部類の野鳥になります。
 エゾビタキは飛んでいる虫を捕まえて、留まっていた枝に戻るという習性があるようで、おそらくまた飛び立ちこの枝に戻ってくるのでしょうか?
 このヒタキ科の野鳥は、上にあるオオルリも同じ仲間です。形が似ている「ジョウビタキ」はツグミ科のグループということで、似ているからビタキとついたのでしょうか。
 残念ながら、この鳥を撮影してからまだ一度も出会っていません。
 また機会があれば、撮影したものを掲載をするつもりです。

IQ170624_Ezobitaki
6月の御岳渓谷遊歩道沿いの若葉の木の枝に留まっていたエゾビタキ。
撮影:NIKON D500+TAMRON SP150-600mm f5-6.3 手持ち撮影

移 動: 腹が白いくりっとした目がの特徴の野鳥:エゾビタキ

リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(104種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

     
     

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 22/Apr./2019 - Last Modefied 24/Oct./2022