IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

国分寺周辺の野鳥
国分寺周辺の野鳥

RankingBar
 2022年1~5月 
1.梅の花と野鳥
2.Z6II+超望遠
3.野鳥サイト
4.野鳥撮影︎︎D500
5.Z6+超望遠
6.上野動物園鳥園
7.オナガ
8.多摩動物園の鳥
9.国分寺の野鳥
10.ホシハジロ
11.オオタカ
12.センゲン山の野鳥
13.トビの魚取り
14.井ノ頭_野鳥園
15.ヤマドリ
16.ハクセキレイ︎︎
17.オカヨシガモ
18.カワラヒワ
19.カワウ
20.Z50+超望遠
21.トビ
22.ツグミ
23.ジョウビタキ
24.野鳥の区分け
25.キジバト
26.オシドリ
27.トビエサ捕獲
28.ダイサギの狩り
29.ハイタカ
30.キセキレイ



新ページのお知らせ
【オナガ】

【ダイサギ】

【コサギ】

【アオサギ】

【ゴイサギ】

【カワウ】

【カワガラス】
KogeraBrSQ_SGI180212
【コゲラ♂】

【コゲラ♀】

【カワセミ】

【ハクセキレイ】

【セグロセキレイ】

【キセキレイ】

【オシドリ】

【カルガモ】

【マガモ】

【モズ】

【カワラヒワ】

【シメ】

【シジュウカラ】

【ジョウビタキ♂】

【ジョウビタキ♀】

【ホオジロ】

【エゾビタキ】

【アオゲラ】

【ムクドリ】

【ヒヨドリ】

【ツグミ】

※カワラバト

【エナガ】

【メジロ】

【ハシブトガラス】

【スズメ】

【キジバト】

【ガビチョウ】

PRIUS 2016 TNGA
東京港野鳥公園

【NIKONの製品】
NikonZfcview
レトロミラーレス一眼!!
NIKON Zfc
NIKON D750(7項目)
軽く良く写る!!
ニコンZ50レポート
Nikon Z6II
内部は激変!!
Nikon Z6II

Z6LFS
初ミラーレス
Nikon Z6レポ

サイクリング
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影



chs_banner

アオジ/雑木林・公園の野鳥 スズメ目ホオジロ科アオジ

YachouBunruiS
野鳥分類表

移 動: 冬のホオジロ科の野鳥 3月中旬のアオジ 2月上旬のアオジ 12月上旬

リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(82種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

     
     

ホオジロの仲間
ホオジロ
ホオジロ
カシラダカ
カシラダカ
アオジ
アオジ
オオジュリン
オオジュリン
YachouBunruiS
野鳥サイトの分類表

   ホオジロ科の野鳥の冬鳥:アオジ      トップへ

KadhiradakaKA_DMs
同じ科のカシラダカ

 アオジは、スズメ目ホオジロ科の16cm程度の小型の野鳥です。この野鳥は、漂鳥で暑くなると国内の標高の高いところへ移動したりする野鳥です。冬になると北からやって来るのもいるとの事です。この鳥を撮影したときは2月と12月で、上段は畑で餌探ししている時のもので、下段の12月は鬱蒼とした雑木林の垣根の様な低木の隙間から撮影しました。冠羽根がカシラダカとよく似ています。しかしカシラダカが頰が白いのに対して、茶ぽくなっています。また腹部分が黄色味がかっています。

  4月中旬のアオジ

 サクラの殆どの花びらが散った4月の中旬近い晴れた日に国分寺市内にある池に出かけてみました。時間帯も昼を回った頃でしたので鳥の姿は見えず、この池には水面を賑わしていたカルガモの姿も全く見えませんでした。そんななか枝の隅々まで目を凝らして探していると、なにやら高枝のあたりで動くものがいました。レンズを750mmにして覗いて見ると国分寺では初めてのアオジでした。

Aoji_SGIsakura220410
今回は、初めての場所で桜の散り始めた桜の木に止まっているアオジを見つけました。
撮影:NIKON Z6II+TC-14E+200-500mmf5.6E 750mm 手持ち撮影  ISO1600,1/1000 f8 0段

  3月中旬のアオジ

Aoji_Branch_TKTP200315
2月中旬出会えたアオジとは違うかも知れませんが体が大きくなったようです。
撮影:NIKON D500+VR200-500mmf5.6E 825mm相当 ISO800,1/400 f9 -0.3段

  2月上旬:畑の畝のアオジ

AojiFfield_Rs_TKYP200223
2月中旬の東京港野鳥公園の自然生態園の畑の中を歩き回るアオジ。
AojiFfield_F_TKYP200223
畑の中を歩き回り地面に落ちている種子や昆虫を探すアオジ。
AojiFfield_FUp_TKYP200223
アオジの顔アップで他のホオジロ科の鳥は茶系ですが、この中ではかなり鮮やかな色彩です。
AojiFfield_B_TKYP200223
畑の中を歩き回るアオジの背中の模様で頭部が緑色がかっています。
撮影:NIKON Z6+AF-S200-500mm f5.6E ED VR+TC-20EIII 1000mm 手持ち撮影

  12月上旬のアオジ

AojiLeftSide_NaturalEG_TKYP191208
12月の東京港野鳥公園の自然生態園で見つけたアオジで、冠羽が立っています。
AojiBack_NaturalEG_TKYP191208 AojiLeftSide_NaturalEG_TKYP191208
鳴き声で何かいると探していると出会ったアオジ。

 最初は木立の中に何かいると雑木林の垣根のように密集した低木の隙間に小型の野鳥がいました。色がカモフラージュしていて離れているとなかなか見つけられませんでした。やっと見つけて撮影できましたが、サイトに載せる為に画像処理している時に種類が判明しました。冠羽根が起きていたのでカシラダカと思いましたが、腹部の色が黄色味かかっているので「アオジ」とわかりました。冠羽根はカシラダカの様に興奮すると立つのでしょう。

AojiLeftSide_NaturalEG_TKYP191208
同じく芝生にいる昆虫などを探すアオジでホオジロと違い腹部は白い
撮影:NIKON D500+TAMRON SP150-600mm f5-6.3 手持ち撮影

  12月中旬:40m先の対岸の約16cmのアオジ

 細長い池の対岸で16cmほどのアオジを見つけました。距離は約40mあり肉眼では藩閥できませんでした。結局はコントラストの薄い日陰の環境でした。レンズは最長のテレコン2.0x+APC-Cの1.5倍モードで1500mm相当となりました。被写体が小さいので、トリミングでさらに荒れていまいました。

Aoji2_SIP201213C
1500mmで40m先の対岸にやってきたアオジのペア。左下の画像の一部を拡大したもので、鳥は赤丸の位置。
Aoji2_SIP201213B Aoji2_SIP201213
12月中旬の東京港野鳥公園の40先の対岸にやってきたアオジのペア。( 拡大)
撮影:NIKON Z6II+VR200-500mmf5.6E+TC-20EIII 1500mm相当 ISO3200,1/640 f11 -0.7段

移 動: 冬のホオジロ科の野鳥 3月中旬のアオジ 2月上旬のアオジ 12月上旬

リンク: 多摩川の野鳥たち/シラサギ トビの飛ぶ顔 トビが鮎捕獲 トビが蛇の奪い合い トビが野鳥捕獲 野鳥サイト(82種) 野鳥分類別サイト 野鳥サイトリスト版 野鳥サイトの分類表

     
     

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 19/Apr./2019 - Last Modefied 26/Apr./2022