IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト


6月の姿見の池

2013 5月の花  6月の花  7月の花  8月の花  9月の花  10月の花
2014 1月の景色  残雪の2月  3月の風景  4月の風景  5月の風景 6月の風景 7月の風景 8月の風景 9月の風景
2017 12月の風景  〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕

  ミソハギとガマの姿見の池の景色   2018.6.22

SGI_Hangeshou180622その代わりポツポツを濃いピンク色のミソハギが花を咲かせています。その間に赤みがかった茶色の蒲(ガマ)の穂がところどころに生えています。 梅雨の雨は一休みで、晴れや曇りの日がポツポツつ続いています。しばらく姿見の池にいっていなかったので、カメラを担いで出掛けることにしました。6月下旬になので、ショウブはもうほとんどが終わり、赤紫のアヤメが数輪残っているのみとなりました。
 姿見の池の中を通る木道の北側には、葉の色の一部を白く染めた「ハンゲショウ」が沢山咲いています。

SGI_MisoH_Gama180622
白ショウブも姿を消して、ミソハギが咲きガマの穂も見えます。

  カルガモのヒナがいる姿見の池の光景   2018.6.22

SGI_Karuga4Bush180622
この時、カルガモのヒナは6羽でしたが、以前は10羽以上居たそうです。
SGI_KarugamoSuiro180622 SGI_Karugamo6180622
好奇心があり、冒険好きのヒナは、水路、草むら、池の東の薮などに集団で動き回っていました。
SGI_Karuga6FloatB180622
動き回っていたヒナは疲れたのか、池の浮き板の上で休み始めました。

  彩りを増す姿見の池の湿地   2013.6.1

 しばらく姿見の池にいっていなかったので、カメラを担いで出掛けることにしました。時間は午後1時を回っていましたが、現地についてみると沢山の低学年の子供達と保護者(先生?)らしき人が大勢いました。子供達を避けながら撮影箇所まで移動してみると、今までキショウブがあった場所に写真の白い花のショウブが群生していました。池側に回ってみると南側の一部にキショウブはかたまって咲いていました。その他薄いピンクのショウブもぽつぽつと咲いていました。


今までキショウブが咲いていた場所に白ショウブが咲いています。 
ライラック色のショウブがぽつぽつと咲いていました

姿見の池の湿地は白、桃、黄に紫が加わりさらに彩りを増した
池東側の湿地は青紫色の花のアヤメが目立ってきました

 (記事:2013.7.1)撮影:NIKON D800 AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8,70-200mmf4G

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ

  トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 1/Jun./2013 - Last Modefied 31/May./2018