IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト


8月の姿見の池

2013 5月の花  6月の花  7月の花  8月の花  9月の花  10月の花
2014 1月の景色  残雪の2月  3月の風景  4月の風景  5月の風景 6月の風景 7月の風景 8月の風景 9月の風景
2017 12月の風景  〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕

  ミソバギがさらに広がった姿見の池の湿地      記事:2013.8

SGI8kamo2
姿見の池の中に作られた木製の浮島で水鳥には大切な休憩所になっています。

 8月に入ってこのところ気温が30度前後と、過ごしやすい夏となっています。梅雨明け直後の猛暑はまたやってくるようですがこの池に行ってみる事にしました。東福寺の道路を挟む東側から湧き水が出ています。ここから姿見の池方向へ流れる小川のになっています。ちょうどこの入口の左側にオレンジ色のノカンゾウが数輪咲いていました。また小川に沿ってヒルガオが咲いていますが、7月中旬頃より色が鮮やかになっていました。
姿見の池の方に移動してみると、ミソハギが池の東の湿地に紫がかったピンク色の花が、景色に緑の中にアクセントと付けています。前回の時よりミソハギの咲く範囲が広がったように思えます。その中に茶色のガマの穂が変化を付けています。草花の写真を撮っていると、ご年配の方から先ほどまでカワセミが枝にいたと教えてもらいました。しかし居着きではないので、すぐに飛んでいってしまったようです。
池の南側の少し高い所を走る電車はいつもは中央線の通勤電車が多いのですが、この日は日曜日だったので“スーパーあずさ”を何回も目にしました。

SGI8nokanzou SGI8giboushi
 左ー湧き水の流れる遊歩道の入口にはノカンゾウが咲く         右ーギボウシは所々で花を開いていた

 左ー池の畔の足下にはアカバナユウゲショウの小さな花が咲く      右ーツユクサの小さな花が緑のなかに映える
SGI8gama SGI8hirugao
 左ー池の湿地にはミソハギの花の中に咲くガマが見られた      右ー池に向かう湧き水の歩道の傍にに咲くヒルガオは色が濃くなった

SGI8superAzusa

(記事 2013.8.5) 撮影:NIKON D800 AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8,70-200mmf4G  Teleconverter TC-20EIII

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 05/Aug./2013 - Last Modefied 1/Jun./2018