IROIROtitle
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ

フロントハブ・メンテナンス  リアハブメンテ

   自転車の前車軸のメンテナンス      トップへ

HubFront
前輪の回転軸の整備をします。

 自転車の主要部分である、車軸にはグリスアップすることで惰性での走行が伸びます。特に室外保管で、雨ざらしになっている場合は注意が必要です。オイルシールの隙間から乾ききったベアリングの間に水が流れ込んで、赤錆が発生します。
またこの部分は高速で回転する車輪の中心ですので、ベアリングがキズだらけになり摩耗してしまいます。
 右の図にあります様に、ベアリングはフロントハブの両側のカップ部分にバラで入っています。このベアリングは、片側が抉られている球押し(ナット)で押さえられています。この球押しを固定する為に、この外側に2つのナットでフォークを挟み込んであります。

必要な工具と構造  ▲top     

 メンテナンスで必要な物は、下の写真にあります「15mmの眼鏡レンチ」と「ハブスパナ」と潤滑になる「グリス」です。清掃には、パーツクリーナーがあると便利です。


フロントハブの調整に使う2種類のハブスパナは薄く作られています。右はフロント初の構造図

  ハブ分解に必要な工具  amazon  ▲top     

 ブレーキワイヤーを外す  ▲top     


車体から前輪を外すために、Vぶれーきを解除します。

 作業をするために車輪をはずしますが、最初にリムを挟み込んでいるブレーキを解除します。写真のVブレーキの場合はレバーの上部分にバナナパイプがあり、その中をインナーワーヤーが通っています。この部分を引っ張ってみるとカンタンに外せます。ママチャリの前ブレーキはほとんどが、ワイヤーを止めてあるナットを緩めるとブレーキが開きます。

 前輪を取り外す  ▲top     

  • 車軸がナットでフォークに固定されている場合は15mmの眼鏡レンチで外します。
  • 車軸には落下防止金具が付いていますので、ナットを緩めながらこれもフォークの穴から外します。さらにナットを緩め車輪を外します。
  • ハブ部分の部品は車軸の他、上の図の様に車軸をフォークに挟み込んで固定するナットと、球押しのロックナットと、ベアリングの球押しがあります。

フロントフォークから外した前輪車軸 2本のハブスパナを使ってベアリングの球押しを緩めます。

フロントハブをグリスアップ  ▲top     

 ハブに使われているベアリングは、ハブ軸のまわりにバラで入っています。そのためロックナットを手で回るくらいに緩めたら、ホイールを水平に置いて作業します。雨ざらしでメンテナンスをしていない場合、台の上にウェス(布)などを置いて、万が一球がこぼれても転がって紛失しない様にします。


固く締まってる時は延長工具を使います。空いた前輪車軸ベアリングの球押し
  • 使用するスパナは15mmと17mmのハブスパナです。しかし17mmの方は眼鏡レンチの方が力を入れ易いので、ハブスパナは15mmだけでもOKです。
  • ハブ部分は上の図の様に車軸をフォークに挟み込んで固定するナットと、ロックナットとベアリングの球押しの部品になっています。

グリスガンで隙間にグリスを充填します。無い場合は木ベラなどで入れ込みます。

1.今回はコンディションが良かったので、グリースを追加充填のみをします。
2.車軸を押し当てた状態のまま、ホイールを水平にします。
3.球押を緩めて、カップ内に状態を確認します。
4.※グリースが切れている場合は、片側11個の球を取り出してパーツクリーナーで清掃します。
5.カップ内も清掃し、グリースを充填します。清掃したベアリングをグリースに埋め込みます。球押しをネジ込んでから反対側の作業をします。
6.グリースを充填します。(写真はグリスガンで充填)
7.一旦球押しをねじ込んで、ホイールを裏返しにして反対側も作業します。この時、反対側の球押しを固定して、車軸を緩めると隙間が空いてきます。
8.3〜5の行程を作業します。

 組み立てます  ▲top     


ガタつかずに滑らかに、車輪が回転する様に球押しを締めます。位置が決まったらハブスパナで固定してロックナットをメガネレンチで本締めします。
  • グリスの充填が済んだら、ロックナットを締め込みます。
  • ホイールの軸を両手で掲げてタイヤを回転させて問題が無いか確認します。
  • 15mmのハブスパナと17mmの眼鏡レンチを使って完全に締め付けます。
  • ホイールをフォークに戻して、脱落防止金具を穴に差し込んでから15mmのメガネレンチで締め込みます。
  • 再び、ホイールを回転させてスムーズに回ることを確認します。

車輪がガタつくことなく滑らかに回転するかを確認し、ブレーキワイヤーをセットします。
  • 左右のナットがしっかりしまっているか確認します。
  • Vブレーキのクイックリリースにバナナパイプのワイヤーを差し込みカバーを差し込みます。
  • ブレーキレバーを握って確実に作動するか確認します。
  • 試乗して問題なければ、修理完了です。
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono since 8/Jun./2015 - Last Modefied 27/May./2019