IROIROtitle
KawaiSt_NPs
ハンドル変更

タイヤ変更

サドル変更

グリップ変更

リアキャリア装着

スプロケット変更

ライト交換
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ

1台の自転車を多機能に楽しむ/ハンドルグリップを変更

ハンドルグリプ・変速機 リアタイヤ交換 ハンドル形状変更 リアキャリアの取付 リアスプロケット交換 サドル交換

グリップの脱着と交換  ▲top     

PRO_GRIP TIOGA_Grip

 ロードタイプのハンドル以外の殆どは、ゴム製のグリップが付いています。運転中に緩むと危険なので、カンタンに取り外せないように接着されている場合があります。ブレーキレバーやシフトレバーはハンドルに通してから固定されている為にグリップを外さないと作業が出来ません。
 グリップを新しい物と交換する場合は、カッター等で他を傷付けないように切り裂き外します。再利用する場合はグリップを取り外す作業の前に、ブレーキレバーやシフターのネジを弛めてグリップとの隙間を大きくします。大きめのマイナスドライバーを用意してハンドルとグリップの隙間に差し込みます。接着剤で止められている場合は、剥がしながら回します。差し込んであるだけの物でしたら、差し込んだドライバーとの間から水を流し入れます。少ししてから捩ルト段々回ってきます。
 抜くときは引っ張っても抜けませんので、グリップは握らず、レバー側のグリップ端に両手の指先を引っかけてエンド側に引っ張ると抜けます。この後にブレーキレバーとシフトレバーを外します。前後変速機付きのグリップシフトの場合も、抜く手順は同じです。このタイプは、シフターの分グリップが短くなっています。

  デュアルコントロールレバー(STIシフターなど) ▲top

     トップへ

CampMirage Shifter_UTG
上の写真は、ロードレーサーのシフターで、ブレーキと1体になっています。咄嗟の操作にも対応できるようになっています。左の物は2000年のカンパニヨーロのミラージュで当時はイタリアで作っていました。操作は変速の送りはレバーの内側にレバーがあり、内側に振る事によってシフトアップします。内側に付いている小さいレバーは、シフトダウンする時に使うもので親指で押し下げます。
右上は、シマノのアルテグラ10sで、ブレーキングでは金属部分のレバー全体が動きます。シフトはレバーを左右に振って変速します。

 ラピッドファイヤーシフター ▲top  

       トップへ

XCrace_XTshiifter JamisDeoShiifter

 ラピッドファイヤータイプの変速機は、ハンドルのブレーキレバーの下側にあります。操作は親指と人差し指で操作します。後述のグリップシフトと違い、ハンドルのグリップのポジションは余り変化がありません。一部のクロスバイクや、マウンテンバイクに使われています。この「ラピッドファイヤー」は7s〜11s位まであります。

グリップシフター  ▲top     

  ShimanoGS7s  右側の写真は、グリップシフター7sです。グリップの内側の太くなった部分を前・後方向へ回すとシフトワイヤーが巻き上げられ変速が出来るようになっています。このタイプは比較的低価格の自転車に付いています。
昔の自転車はレバーがダウンフレーム前側に付いていて、変速をする時にはハンドルから手を離さないでの変速は無理でした。前述のものと同じでハンドルグリップを握ったまま変速できます。 シフターが故障や、シフト操作がうまく作動しない場合パーツが販売されていますので、部品交換が出来ます。グリップシフトは、3s,6s,7sがあります。

ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ

トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 15/Sep./2016 - Last Modefied 8/Jun./2018