IROIROtitle WaterSafaceW
iroiroLOGO IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。

OkutBridgess
多摩川の橋景色(44)


chikaba
「季節を求めて近場を散策」ページは、不定期に追加または削除される場合があります。

特集:奥多摩檜原村周辺
HinoharaAveS
奥多摩周辺のスポット


特集:御岳渓谷遊歩道 MVRT_IkStepS
軍畑~美術館(8項目)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門~愛宕橋


MTK_HandDrawMapS.jpg
多摩川鳥瞰マップ
(size 1200x1811px)

OutDoorとHobby
100509npkS
渓流釣行記録


東京近郊のダム湖特集

MGKE_ZenkeiS
宮ヶ瀬湖畔園地

TL_ShiroyamarDamS
城山ダム(津久井湖)

OGD_BoatUpS.jpg
小河内ダム(桜の季節)


特集:奥多摩川の橋梁

OkutBridgess
多摩川上流部の橋梁(44)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門~愛宕橋


kankouchi

HamariQUmiteS
浜離宮恩賜庭園

MJG_OhToriiS
明治神宮御苑

SkyTreeTopS
東京スカイツリー

TtowerD_upS
芝/東京タワー

TSTGRoofBtCs
東京駅周辺散策

AsakusaS
浅草エリア

KMOcyouchinS
浅草/雷門大提新調

HOTARUNAs
隅田川ライン

SZJtokyoT_BS
芝/芝増上寺

EdoTHs
江戸東京博物館

NewTSdomeE
東京駅復元


NGY_ZigokuNozokiS
南房総・鋸山

KMP141228KFPss
釜の淵公園/青梅

1308MtTKBStAMs
高尾山

chs_banner

しだくら橋/奥多摩むかし道

■氷川エリア: 海沢大橋・海沢橋/奥多摩町 もえぎ橋/奥多摩町・氷川 昭和橋/奥多摩町・氷川 登計橋/奥多摩町・氷川 南氷川橋/奥多摩町・氷川 弁天橋/奥多摩町 愛宕橋/奥多摩町■奥多摩町境エリア: 笹平橋/奥多摩町 琴浦橋/奥多摩町 檜村橋/奥多摩町 境橋/奥多摩町 ■日原川・氷川エリア: 氷川大橋/奥多摩町・氷川 北氷川橋/奥多摩町・氷川 氷川小橋/奥多摩町・氷川
奥多摩川の橋のマップ(Google Mapリンク)
御岳発電所〜せせらぎの里美術館 新緑の鵜の瀬橋から御岳小橋  澤井から鵜の瀬橋  澤井から御岳発電所  1月の御岳発電所から御岳小橋 
青梅 軍畑/楓橋下流の2月と野鳥  12月の澤井/楓橋周辺と野鳥 〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで戻ります〕


最寄りのJR青梅線の駅 :奥多摩駅         最寄りの西東京バス 停留所 :奥12

奥多摩駅よりさらに上流に架かる橋8▲top

ShidakuraBrEnt_190309
奥多摩むかし道の小河内ダム寄りにある「しだくら橋」。
DoushoBrEnt
最上流にある「道所橋」 @2019 GooglrEarth

 「奥多摩むかし道」は青梅街道の奥多摩駅近くの日原街道入口より少し西側に南氷川入り口があります。この奥多摩むかし道は青梅街道の北側の山中を通り、境橋あたりから白髭神社を通り青梅街道の南側を通ります。桃ヶ沢から先は、中山トンネルの上を越え再び青梅街道の北側を通り、奥多摩湖終点の「むかし道水根入口」へ繋がる約10km(徒歩3時間30分)のコースです。
 この「しだくら橋」へは、奥多摩駅から出ている西東京バス [奥12]で「桃ケ沢」の停留所か、「梅久保停留所」で下車して奥多摩むかし道へ入ることができます。 東側は、奥多摩湖(小河内ダム)より青梅街道を約1.3km下った「梅久保停留所」から入ることができます。奥多摩駅方向からは、白髭トンネル近くに青梅街道から分岐する道があります。 この道を下ると、南氷川から始まる「奥多摩むかし道」に合流します。
 このしだくら橋は奥多摩むかし道の西側の「桃ヶ沢停留所」から2.4km東へ進んだ場所にありますが、途中の約1.4kmに「道所橋」を観光することができます。この「しだくら橋」は東側の青梅街道の白髭トンネルからの方が近く「奥多摩むかし道」を入ると約1.0kmの位置にあります。

OTMM_YamanakaBrdEnt
青梅街道の桃ヶ沢停留所の脇道を下った所にある中山橋

しだくら橋は軽量吊り橋 ▲top        

 この「しだくら橋」の奥多摩むかし道沿いの袂にある石碑には、「奇岩・景勝 惣岳渓谷」とあります。もともとこの橋は、奥多摩町の林業の為に架けた橋のようで、行き止まりとなっているようです。実際渡ってみると重量制限の「3人以上で渡らないでください。」とあるように、かなり波を打って揺れるのが感じられます。両岸の橋柱は、床板の上下の揺れに対応する可動式(左下写真)で、負荷を柔軟に吸収するように作られています。この重量制限は、上流にある「道所橋(写真右上)」と同じで、「3人以上で渡らないでください。」と奥多摩町の看板が掲示されています。この橋には橋名板が掲げられていますが、しだくら橋には、名所の石碑がありましたが、橋名板は見当たりませんでした。

ShidakuraBr_Caution
 惣岳渓谷の石碑と重量制限がある吊り橋で、以前は5人以上が老朽化のせいか「3人以上」となっています。
ShidakuraBrP_190309 ShidakuraBrEntV_190309 ShidakuraMonument
簡易的に作られたような作業用の吊り橋で袂には奇岩・名勝の惣岳渓谷の石碑があります。
ShidakuraBrP_Mfulcrum ShidakuraWireRust
しだくら橋の橋柱は、揺れ方向に動く可動式になっています。吊り橋のワイヤー・転落防止のネットは錆びだらけです。

 しだくら橋の下流と上流の景色 ▲top       

 しだくら橋の下の景色は、橋入口の石碑に名勝「惣岳渓谷」にあった通り、両岸が切り立ち深い谷になっています。奥多摩(氷川)方面に向かう下流は、先に大岩が点在し独特な風景になっています。橋直下はたくさんの岩が流れを堰き止め、下流に向かって白泡が立つ急流になっています。小河内ダム側の上流は、しだくら橋直下で流れ堰き止められゆったりした深い水深の瀞場になっています。さらに上流は右岸に続く岩に流れが当たり川底の砂利などが掘られ水深が深くなっています。その大岩の少し先には、上の小さな写真の「道所橋」がありますが、ダムの放水口から多摩川は蛇行を繰り替えし、流れてきます。ちなみにこの「奥多摩むかし道」上流まで
 上流側は、先に大淵が見えますが、枝が覆いかぶさっていますので、新緑の時期からは、橋から水面は見にくくなるかもしれません。

  ShidakuraBrDs_190309 ShidakuraBrUs_190309
  左ー橋下流の景色で先には巨岩が並んだ景色が見えます。右ー上流の景色は橋直下で大淵から下流へ流れ込む変化のある景色が楽しめそうです。

撮影:NIKON D800+AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8 NIKON D750+AFS-NIKKOR 70-200mmG f4 VR
ジャンプ: 奥多摩橋 軍畑大橋 梅沢橋/川井 杣の小橋/青梅市御岳 万年橋/青梅市 神路橋/青梅市御岳小橋/青梅市
鮎美橋/青梅市
海沢大橋・海沢橋/奥多摩町 柳淵橋/青梅市釜の淵公園 寸庭橋/奥多摩町古里
トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 11/Mar./2019 - Last Modefied 14/Mar./2019