IROIROtitle

WaterSafaceW
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト


OkutBridgess
多摩川の橋景色(44)


chikaba
「季節を求めて近場を散策」ページは、不定期に追加または削除される場合があります。

特集:奥多摩檜原村周辺
HinoharaAveS
奥多摩周辺のスポット


特集:御岳渓谷遊歩道 MVRT_IkStepS
軍畑〜美術館(8項目)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門〜愛宕橋


MTK_HandDrawMapS.jpg
多摩川鳥瞰マップ
(size 1200x1811px)

OutDoorとHobby
100509npkS
渓流釣行記録


東京近郊のダム湖特集

MGKE_ZenkeiS
宮ヶ瀬湖畔園地

TL_ShiroyamarDamS
城山ダム(津久井湖)

OGD_BoatUpS.jpg
小河内ダム(桜の季節)


特集:奥多摩川の橋梁

OkutBridgess
多摩川上流部の橋梁(44)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門~愛宕橋


kankouchi

HamariQUmiteS
浜離宮恩賜庭園

MJG_OhToriiS
明治神宮御苑

SkyTreeTopS
東京スカイツリー

TtowerD_upS
芝/東京タワー

TSTGRoofBtCs
東京駅周辺散策

AsakusaS
浅草エリア

KMOcyouchinS
浅草/雷門大提新調

HOTARUNAs
隅田川ライン

SZJtokyoT_BS
芝/芝増上寺

EdoTHs
江戸東京博物館

NewTSdomeE
東京駅復元


NGY_ZigokuNozokiS
南房総・鋸山

KMP141228KFPss
釜の淵公園/青梅

1308MtTKBStAMs
高尾山

chs_banner
OKuRMap_Ozaku_A

多摩川橋/青梅市・小作エリア

多摩川橋 友田水管橋 多摩川自動車橋 小作管理橋
奥多摩川の橋のマップ(Google Mapリンク)
御岳発電所〜せせらぎの里美術館 新緑の鵜の瀬橋から御岳小橋  澤井から鵜の瀬橋  澤井から御岳発電所  1月の御岳発電所から御岳小橋 
青梅 軍畑/楓橋下流の2月と野鳥  12月の澤井/楓橋周辺と野鳥 〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで戻ります〕

青梅市・小作に架かる橋 ▲top

 多摩川橋たまがわばしは、最寄りの駅はJR青梅線の「小作おざく駅」で、駅の標高からかなり低い場所にあるので、青梅街道からはかなり長い坂を下った先の多摩川に架かる橋です。ここは大型トラックなど交通量が多い道路ですので、車道・歩道共に広く造られています。この橋の特徴は、3本の橋が少し離れて並んで建設されています。一つはこの多摩川橋で、もう一つは「友田水管橋ともだすいかんきょうで、一番新しく出来たのは、圏央道が通る「多摩川自動車橋」です。

  TamagawaBr_S_TomodaSKK TamagawaBr_N_TomodaSKK
  橋銘板は橋柱ではなく、三角形のオブジェクトが橋の両脇に設置されています.平成28年11月頃に同じ色に塗られリフレッシュしました。

多摩川橋の歴史  ▲top

 JR青梅線の小作駅南東約900mにある多摩川橋は、羽村市小作台と青梅市友田町の多摩川を渡る南北に架けられた橋です。約1km北に走る青梅街道から滝川街道へと繋がる大切な橋となっています。コンクリート製の橋脚が下部にあり、上部にはアーチなど無いため、自動車で橋を走っていて景色や欄干を見逃すと橋とは思わない方も多いかも知れません。この橋は特に上流側の近い距離に橋が2つある特異な橋ですので、景観的にもこのほうが見晴らしが良くなっています。
 大正時代の中期までは、対岸へ渡し船がを利用されていたそうです。時代が変わり物流には余り貢献できなかった渡し船は、橋が出来るまで続きます。時代とともに、吊橋からコンクリート製の大型の橋へと変わっていきました(上流の調布橋は青梅市の産業である織物の運搬にのちの大正11年に吊橋が架けられました)対岸に気軽に渡るのは、苦労していた数々の人々の念願でした。多摩川橋の南側の右岸の上流側のスペース(写真左上)には、この地の歴史が語られた石碑があります。

 【多摩川橋】 むかしこの地に「友田の渡し」があり人々の往来が絶えなかったか、川の水かさが増すと舟がとまり、その度に難儀していたという。
 大正のはじめ、この地の人達は、両岸に鉄索を張り、吊りかごを使って川をわたることを考えた。これを「搬軌」と読んでいたが、一度に大勢の人を運びきれず不便な思いをしていた。  そこで大正九年になって、地元の人々が力を合わせ、今度は巾九尺(二、七米)の吊り橋を架けてこれを利用するようになったのである。
 昭和十四年、この吊橋は東京府によって巾六米の堅固な橋に変わり、長く人々の暮らしをささえることとなった。依頼四十四有余年にわたる使命を果たし終えたコのはしに変わり、かの「搬軌」から数えて三度姿を変えることになった。多摩川橋は、近代的な雄姿を末永く多くの人に愛され、利用されることを願って、ここに完成したものである。
  昭和六十二年三月 東京都(多摩川橋の石碑より引用)

TamagawaBridgeMemory TamagawaBr_History_Watashi
  多摩川橋南の上流側右岸のスペースにある石碑。残念ながら文字が非常に読みにくくなっています。
TamagawaBr_Tsuribashi TamagawaBr_CR_br
  銅板には大正9〜昭和14年までの吊橋と後に架けられたコンクリート製の多摩川橋

交通量が多い多摩川橋はRCコンクリート橋 ▲top

 奥多摩街道や青梅街道から奥多摩に向う方法の一つがこの多摩川橋を通り、吉野街道へ向う時に通るのがこの橋です。奥多摩方面へはこの先のY字路の信号を右折します。  

TamagawaB_North
橋の北側の空き地から見た「多摩川橋」。 OzakuArea_3B
下流にある小作堰管理橋からの景色で、手前から「多摩川橋」「友田水管橋」「多摩川自動車橋」。

市街の中にある橋 ▲top

 この時は1月で草木は枯れていて褐色系の風景になっています。下流川には小作堰管理橋がはるか遠くにみえます。また上流川には、ライフラインの水道管を南の岸に繋げる「友田水管橋」が間近に迫っています。上流部の橋と違って、この辺りは流れは緩やかになり、また河川敷もかなり広く川幅も広くなっています。

  TamagawaB_DS TamagawaB_US
  左は多摩川橋から見た下流の景色で、上流側には近くに「友田水管橋」が並んでいます。
TamagawaB_NPn
橋の北側の空き地から見た「多摩川橋」で向こう側には「友田水管橋」が見えます。

多摩川橋は交通量の多い橋  ▲top

TamagawaB_NBP
友田水管橋からみた「多摩川橋」。左方向はJR青梅線小作駅方向。
TamagawaB_Warea
橋の歩道には出っ張りがあり、橋の周りの景色を楽しめます。歩道は自転車も通行可の幅があります。
撮影:NIKON D800+AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8 NIKON D750+AFS-NIKKOR 70-200mmG f4 VR

ジャンプ: 奥多摩橋 軍畑大橋 梅沢橋/川井 杣の小橋/青梅市御岳 万年橋/青梅市 神路橋/青梅市御岳小橋/青梅市 鮎美橋/青梅市 海沢大橋・海沢橋/奥多摩町 柳淵橋/青梅市釜の淵公園 寸庭橋/奥多摩町古里 トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 24/Dec./2015 - Last Modefied 16/Jun./2018