IROIROtitle

WaterSafaceW
iroiroLOGO IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト


OkutBridgess
多摩川の橋景色(44)


chikaba
「季節を求めて近場を散策」ページは、不定期に追加または削除される場合があります。

特集:奥多摩檜原村周辺
HinoharaAveS
奥多摩周辺のスポット


特集:御岳渓谷遊歩道 MVRT_IkStepS
軍畑〜美術館(8項目)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門〜愛宕橋


MTK_HandDrawMapS.jpg
多摩川鳥瞰マップ
(size 1200x1811px)

OutDoorとHobby
100509npkS
渓流釣行記録


東京近郊のダム湖特集

MGKE_ZenkeiS
宮ヶ瀬湖畔園地

TL_ShiroyamarDamS
城山ダム(津久井湖)

OGD_BoatUpS.jpg
小河内ダム(桜の季節)


特集:奥多摩川の橋梁

OkutBridgess
多摩川上流部の橋梁(44)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門~愛宕橋


kankouchi

HamariQUmiteS
浜離宮恩賜庭園

MJG_OhToriiS
明治神宮御苑

SkyTreeTopS
東京スカイツリー

TtowerD_upS
芝/東京タワー

TSTGRoofBtCs
東京駅周辺散策

AsakusaS
浅草エリア

KMOcyouchinS
浅草/雷門大提新調

HOTARUNAs
隅田川ライン

SZJtokyoT_BS
芝/芝増上寺

EdoTHs
江戸東京博物館

NewTSdomeE
東京駅復元


NGY_ZigokuNozokiS
南房総・鋸山

KMP141228KFPss
釜の淵公園/青梅

1308MtTKBStAMs
高尾山

chs_banner

柳淵橋/青梅市釜の淵公園内

下奥多摩橋/青梅市・長渕 調布橋/青梅市千ヶ瀬 鮎美橋/青梅市 柳淵橋/青梅市釜の淵公園 万年橋/青梅市
奥多摩川の橋のマップ(Google Mapリンク)
御岳発電所〜せせらぎの里美術館 新緑の鵜の瀬橋から御岳小橋  澤井から鵜の瀬橋  澤井から御岳発電所  1月の御岳発電所から御岳小橋 
青梅 軍畑/楓橋下流の2月と野鳥  12月の澤井/楓橋周辺と野鳥 〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで戻ります〕
SiOkutamaB_ss
下奥多摩橋
CyofuB_fae_USwss
調布橋
AyumiB_S
鮎美橋
RyuenB_S
柳淵橋
MannenB_S
万年橋

 柳淵橋/釜の淵公園の橋の風景 ▲top


この時の柳淵橋上流の「釜の淵」で、橋に向う流れは大雨やダム放水で変化します。


 JR青梅線の青梅駅の南を流れる多摩川対岸にあるのがこの釜の淵公園です。公園内に流れる川には、2本の橋が架かっています。一つはこのアーチ部分から桁に向かって斜めに鋼線が張られた「ニールセローゼ橋」の柳淵橋りゅえんばしと、すぐ下流には斜張橋の鮎美橋あゆみばしが架かっています。
 この公園に流れる川は岸の大きな岩壁に川の流れが曲げられて、変化のある独特の景色を造り出しています。この景色が風光明媚で訪れる人々に楽しみを提供しています。この辺りの流域は河原が広く空が広いので開放感を与えてくれます。

 柳柳淵橋の両端からの景色 ▲top

170423RyuenB_W 170423RyuenB_E
  左ー柳淵橋の左岸(西側)からの景色で「かんぽの宿」が見えます。 右ー右岸(東側)の公園側から見た柳淵橋で向かい側は青梅街道方向。
RyuenB_1712westEnt
秋の柳淵橋の西側の入口
  RyuenB_NPKanji RyuenB_NPKana
  左ー柳淵橋の橋名板で左に漢字、右手にはカナの表記があります。 残念ですが、行書体がくずれすぎて判読不明になっています。
  RyuenB_CompPlate 170423RyuenB_NP
  左ー柳淵橋の完成記念プレートで昭和47年3月完成とあります。 下のパイプに設置された竣工記念プレートで塗り替えが多く判読不明な文字が。
RyuenBw_1712KMFP
釜の淵公園から見た秋の柳淵橋の西端からの景色で正面下は多摩川。

 柳淵橋の橋と上流下流 ▲top

  RyuenBridgeDS RyuenB_US
左ー橋から見た下流の風景で、この先には鮎美橋があります。右ー柳淵橋からみた上流の景色で奥にあるのが釜の淵の大岩と「かんぽの宿 青梅」。

若鮎の像 ▲top

  RyuenBjWakaAyu"" WakaayuPlate
  左ー川の西側の釜の淵公園駐車場そばにある「若鮎の像」右ー1913年にこの地に鮎の放流が行われたのを記念し建てられて「若鮎の像」の由来

 【若鮎の像建設の由来】石碑より引用
「大正2年(1913)6月東京帝国大学教授石川千代松博士はこの地先に琵琶湖小鮎数百尾を移植し遡上鮎のように大型鮎となるのかの画期的実験を試みそれに成功し現在の様に全国各河川に琵琶湖産稚鮎の放流をみるに至りました。
 博士の功績をたゝえると共に日本最初の放流値奥多摩川大柳原を記念するため奥多摩漁業協同組合を中心として全国同好の者多数の浄財ににより若鮎の像を建てました。」
                         昭和四十八年二月二十日 若鮎の碑建設委員会

柳淵橋の構造 ▲top

170423RyuenB_Construction
釜の淵公園内の多摩川左岸から見た柳淵橋の風景です。
  170423RyuenB_Pipe 170423RyuenB_PipeConst
  左ー公園側から見た柳淵橋横の下流側で構造物のパイプが通っていますが両端で塞がれています。
RyuenB_LBus_Arch Bracket180616 RyuenB_LBds_Arch Bracket180616
  柳淵橋のアーチ部分の橋の構造でブラケットで橋台に固定されています。
RyuenB_1712westStep
秋の柳淵橋の左岸(西側)の階段から橋の側面を見た景色で多摩川は、左端でUの字型に大きく右へ曲がっています。

 柳淵橋はアーチ橋に分類されるようですが、少し構造が変わっています。
 よく見てみますと主な構造物は上部のアーチ部分と、人用の道路部分の下部にある左右の太い2本のパイプで左右はトラス状に鉄骨がクロスして下部分の強度を高めています。上にあるアーチ部分と通路左右にある太いパイプは鋼線でジグザクに固定してあります。
 鵜アーチ部分と下のパイプ部分は、右上の写真にありますように、二つのパイプをつなぐ複数枚の長円形の金属板で頑丈に接合されています。
 この柳淵橋は、公園内にあるため景観が優先されていて、一般のトラス構造や一般のアーチ構造よりも景色を邪魔しないものになっています。

展望台から見た柳淵橋周辺 ▲top

  RyuenB_HighSite RyuenB_HighSiteUS
  左ー公園内の展望台から見た柳淵橋の風景で、正面は市営プール。 右ー大岩の上の展望台から見た上流の景色で左にはかんぽの宿があります。 RyuenB_OvDeck
釜の淵公園内の展望台から見た柳淵橋の風景で、正面奥に見える川が直角に曲がりこの真下の淵まで続きます。 170423KamaF_Kampo
柳淵橋の上流の風景で、正面左に見えるのが釜の淵の大岩で川が直角に曲がり下流にある柳淵橋の方向流れて行きます。
撮影:NIKON D800 AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8 VR16-35mmG f4ほか 

青梅 釜の淵公園    1   2   3   4   5  次は・釜の淵公園

ジャンプ: 奥多摩橋 軍畑大橋 梅沢橋/川井 柳淵橋/青梅市御岳 万年橋/青梅市 神路橋/青梅市 鮎美橋/青梅市
海沢大橋・海沢橋/奥多摩町 柳淵橋/青梅市釜の淵公園 寸庭橋/奥多摩町古里
トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 24/Dec./2015 - Last Modefied 10/Jun./2018