IROIROtitle
WaterSafaceW
iroiroLOGO IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト

超望遠レンズなどで撮影した、身近な野鳥や、水辺の野鳥などをご覧になれます。

OkutBridgess
多摩川の橋景色(44)


chikaba
「季節を求めて近場を散策」ページは、不定期に追加または削除される場合があります。

特集:奥多摩檜原村周辺
HinoharaAveS
奥多摩周辺のスポット


特集:御岳渓谷遊歩道 MVRT_IkStepS
軍畑〜美術館(8項目)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門〜愛宕橋


MTK_HandDrawMapS.jpg
多摩川鳥瞰マップ
(size 1200x1811px)

OutDoorとHobby
100509npkS
渓流釣行記録


東京近郊のダム湖特集

MGKE_ZenkeiS
宮ヶ瀬湖畔園地

TL_ShiroyamarDamS
城山ダム(津久井湖)

OGD_BoatUpS.jpg
小河内ダム(桜の季節)


特集:奥多摩川の橋梁

OkutBridgess
多摩川上流部の橋梁(44)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門~愛宕橋


kankouchi

HamariQUmiteS
浜離宮恩賜庭園

MJG_OhToriiS
明治神宮御苑

SkyTreeTopS
東京スカイツリー

TtowerD_upS
芝/東京タワー

TSTGRoofBtCs
東京駅周辺散策

AsakusaS
浅草エリア

KMOcyouchinS
浅草/雷門大提新調

HOTARUNAs
隅田川ライン

SZJtokyoT_BS
芝/芝増上寺

EdoTHs
江戸東京博物館

NewTSdomeE
東京駅復元


NGY_ZigokuNozokiS
南房総・鋸山

KMP141228KFPss
釜の淵公園/青梅

1308MtTKBStAMs
高尾山

chs_banner

2019台風の被害状況/釜の淵の2つの橋

通常の橋風景: 鮎美橋/青梅市 柳淵橋/青梅市釜の淵公園 軍畑大橋橋/青梅市千ヶ瀬 杣の小橋/青梅市 奥多摩大橋/青梅市
奥多摩川の橋のマップ(Google Mapリンク)
 〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで戻ります〕
AyumiB_S
鮎美橋
RyuenB_S
柳淵橋
IKusabataBs
軍畑大橋
SomaKoBs
杣の小橋
OkutamOhhasiBEnteiss
奥多摩大橋

 鮎美橋/釜の淵公園の橋の台風後の景色 ▲top

AyumiB_DriftWood191027
鮎美橋の上流側には、増水した川に流された沢山の流木が、ここに溜まり水が引いて右岸に流れ着いています。
AyumiB_Us191027
この時の柳淵橋上流の「釜の淵」で、橋に向う流れは大雨やダム放水で変化します。
AyumiB_Us190923
平常時の鮎美橋上流

 青梅市の釜の淵公園の東側に架かる「鮎美橋」は上流側にある岩盤で大きくUの字型に曲がって、「かんぽの宿」下の釜の淵の大岩に流れがさらに曲がりこの柳淵橋へと流れてきます。この流れはその時々によって表情を変えます。以前は柳淵橋下の河原には、大水で流された大量の砂利が中央に流され盛り上がり、流れが左右岸の両脇に流れていたことがありました。左の写真は、多摩川の流れは、橋の右岸と中央付近になっています。

   鮎美橋:台風後の下流の景色      トップへ

AyumiB_Ds191027
この時の柳淵橋上流の「釜の淵」で、橋に向う流れは大雨やダム放水で変化します。
AyumiB_Ds190923
平常時の柳淵橋下流

 右画像は2019.10鮎美橋の下流側の川の流れです。突き当たりは岩盤になっていて、ぶつかった流れは、左側に曲がって調布橋方向へと流れていきます。左岸側にたくさんの葦原などの草原が広がっていましたが、、流れによってなぎ倒されていました。橋下流の中央部分には岩がありますが水没してい波立っています。左岸に見える小高い木は流されてしまった様です。右岸は、この日は砂利の岸が出ていましたが、取り残された流木などがかたまっていました。

AyumiB_DsLB191027 AyumiB_DsRB191027
 橋から離れた左岸の木々は増水でなぎ倒されています。右岸には、気が根ごと流されています。遠くにテントの人が見えます。

   崖崩れが起きた対岸の岩壁      トップへ

050306kuzure""
2005.3月の釣行時に崩れていた対岸の岸壁

 大型台風の影響は、豪雨に伴い上流の山々に吸い込んだ薄いが、沢などから吹き出し、河川に流れ込みます。この時に水辺の土砂を削り、雨水に溶け込み流れて来ます。また、多摩川は上流に小河内ダムがあり、ここの放水で濁った水が流れてくることが多いようです。もう一つは嵩を増した水位が岸辺の構造物を壊したり、流してしまったりします。もう一つは斜面の壁などに雨水が大量に浸み込む、重さに耐えきれなくなって滑り落ちる「崖崩れ」です。ここ釜の淵公園でも多摩川の逆Uの字の北側の崖(青梅市立美術館南)がこの台風の雨で崩れました。調べて見ると2005.3.6に釣行した時にこの辺りの岸壁から大きな岩が落ちていたことがありました。今回は上の斜面が崩れた様に見えます。

AyumiB_LandSlide191027
釜の淵公園の多摩川の逆Uの字の北側の崖(青梅市立美術館南)がこの台風の雨で崩れた様です。

 柳淵橋/釜の淵公園の橋の台風後の景色 ▲top


この時の柳淵橋上流の「釜の淵」で、橋に向う流れは大雨やダム放水で変化します。
RyuenB_Us_19021
平常時の柳淵橋上流

 青梅市の釜の淵公園の西側に架かる「柳淵橋」は上流側にある岩盤で大きく左(左岸)側に曲がって、「かんぽの宿」下の釜の淵の大岩に流れがさらに曲がりこの柳淵橋へと流れてきます。この流れはその時々によって表情を変えます。以前は柳淵橋下の河原には、大水で流された大量の砂利が中央に流され盛り上がり、流れが左右岸の両脇に流れていたことがありました。左の写真は、多摩川の流れは、橋の右岸と中央付近になっています。

   2019台風19号柳淵橋下流の景色      トップへ

RyuenB_Ds_Typ2019
この時の柳淵橋上流の「釜の淵」で、橋に向う流れは大雨やダム放水で変化します。
RyuenB_Ds190728
平常時の柳淵橋下流 2019.7.28

 右画像は2019年9〜10月の台風15号、19号襲来前の2019.7柳淵橋の下流側の川の流れです。左岸側に大量の砂利が堆積していて、流れは左岸側と右岸側とに偏っています。中央部分の流れは右岸の流れよりも少し高くなっているので、橋の下流側で合流します。この流れは正面奥の岩盤にぶつかり大きくUの字型に曲がり下流側の方向へと流れていきます。しかしこの流れは2019.9.23には左(左岸)の流れは見えませんでした。流れはこの後一番奥のマンションが見える右下で本流と合流します。

   釜の淵公園の場所と地形      トップへ

 JR青梅線の青梅駅の南を流れる多摩川対岸にあるのがこの釜の淵公園です。公園内に流れる川には、2本の橋が架かっています。一つはこのアーチ部分から桁に向かって斜めに鋼線が張られた「ニールセローゼ橋」の柳淵橋りゅえんばしと、すぐ下流には斜張橋の鮎美橋あゆみばしが架かっています。
 この公園に流れる川は岸の大きな岩壁に川の流れが曲げられて、変化のある独特の景色を造り出しています。この景色が風光明媚で訪れる人々に楽しみを提供しています。この辺りの流域は河原が広く空が広いので開放感を与えてくれます。

撮影:NIKON D800,D810,Z6 AFS-NIKKOR 24-70mmG f2.8 24-70mm/4S,VR16-35mmG f4ほか 

2019多摩川増水    1   2   3   4   5  次は・増水の軍畑大橋

ジャンプ: 奥多摩橋 軍畑大橋 梅沢橋/川井 柳淵橋/青梅市御岳 万年橋/青梅市 神路橋/青梅市 鮎美橋/青梅市
海沢大橋・海沢橋/奥多摩町 柳淵橋/青梅市釜の淵公園 寸庭橋/奥多摩町古里

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 24/Dec./2015 - Last Modefied 1st./Nov./2019