IROIROtitle

指定ゴミ袋に収まる傘の捨て方

   分解して部品ごと分け、小さくする      トップへ

KasaHaki
雨の日に必要な傘。壊れてしまうと捨てるのに困りませんか?

 傘を使用していると、親骨が折れて使えなくなったり、日焼けしいて色が褪せてしまったりします。また、ビニール傘では露崎とフィルム部分の接合部が千切れたりします。こんな状態では傘をさせませんので、結局廃棄することになります。
 傘は最近輸入物が増え、500円程度に手に入るようになりました。壊れたりいらなくなった場合、サイズが大きいために処分に困ることがあります。わざわざ粗大ゴミの連絡をするのも面倒ですし、有料のゴミ袋にも収まりません。ここでは、スマートに傘を分解し小さくする手順をご紹介いたします。
 今回はこのジャンプタイプの傘ですが、ビニール傘も基本的な傘の構造は変わりませんので、ご参考にしてみてください。

   傘の構造と必要な工具      トップへ


 傘の構造は、大きく分けると『手元』、『中棒』、『親骨』、『受け骨』になっています。
分解に必要な工具は右のに上げてあります。上からパイプカッター、ボルトカッター、ロッキングプライヤー、万能ばさみです。パイプカッターが無い場合は、中棒を鉄ノコでカットします。ジャンプ傘で無い場合は折れる物もあります。

   分解作業      トップへ

 傘の中棒は、ジャンプ傘の場合、中に上部の止めを操作するために平棒が入っています。このおかげで少し分解しづらくなっています。普通の傘は、中棒はパイプのみですので幾分ラクになります。また傘骨は、ろくろ部で細い針金で束ねられています。これを外すと親骨はバラバラになります。あとは傘幕を外してしまうとバラバラになります。
 このように傘を分解するには、上でご紹介しました工具があるとサギュオがスムーズに進みます。ここで重要な役割をするのが、ボルトカッターで親骨をカットする時に便利です。中棒をカットする時パイプカッターがない場合は鉄ノコでも作業ができます。


パイプカッターが無い場合は、中棒を鉄ノコでカットします。ジャンプ傘で無い場合は折れる物もあります。

下ろくろには、受け骨を縫うように針金が通されてまとめられています。キャップが付いている場合は、外してから針金を解きます。

針金を解くと受け骨がバラバラになります。作業がしやすいように傘布を露先の辺りで切り離します。

親骨をまとめてある上ろくろから、針金をねじってゆるめて親骨を取り外します。上ろくろを止めてあるピンを抜きます。

傘を構成してある各パーツはこんな感じでバラバラになります。ここで袋に入るサイズにカットして燃えないゴミとして出します。
  トップへ

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 2/Apr./2015 - Last Modefied 28/Apr./2019