IROIROtitle

折りたたみ式フロ葢の廃棄

移 動: 大きなものを廃棄する 切断に必要な工具 分解作業手順 工具を調べる 分解作業手順 指定ゴミ袋に入れる

リンク: 傘の修理 傘を小さく捨てる 物干し竿を小さく捨てる  焼き網を小さく捨てる ふろフタの廃棄

     
     

   大きなものを廃棄する      トップへ

BathLid_Change
保温に必要な「風呂フタ」
長期間の使用で壊れます

 風呂フタは保温にとても役立って居ます。ポリエチレン製ができるまで、風呂のフタは腐りにくいヒノキでできていました。現在は保温性の良いこの素材がメインの様です。形状は浴室が覆う様になっていますが長方形がほとんどです。2〜3枚の板状の物や、シャッターの様に丸めるタイプとこの折りたたみ式のタイプとなります。

BathRoom.png
フタは大きいので、
壊れると捨てるのに困ります

 当然湿気の多い場所で使用されるので、現在はほとんどカビ防止対策が施されています。しかし長期間の使用で折り目部分にどうしてもカビが発生し黒くなってしまいます。これが掃除しても取れずに、浴槽と接する箇所はぬめりが出ることがあります。この状態では衛生的には問題がありますが、ブラシで清掃すれば難なく取り去ることができます。
 こんなことで使い進めていくと、今度はヒンジ(プレートのつなぎ目)に切れ目が入ってきました。これは1箇所ではなく少なくとも2箇所ありました。
 こんな経過を経て折りたたみ式風呂フタは壊れていきます。丁度汚れも落ちなくなって来たのでこれが交換のタイミングとなります。
 しかし、大きなものは粗大ゴミ扱いになる場合が多く、清掃センターに行って回収のシールを購入して回収日まで待たなければなりません。
 このように捨てるのにも手間がかかってしまいます。これを回避するには自治体指定のゴミ袋に収まるサイズにすることです。

   切断に必要な工具      トップへ

CircularSaw
風呂フタ切断に使う日立の丸ノコ

 この素材を切断するには、カッター・ハサミなどではきれませんので、ノコギリが必要です。木材用のノコギリは繊細で木の切れ味が落ちる場合があるので使わない方が良いと思われます。そうするとその他のノコは刃が小さい鉄ノコが良いと思いますが刃が小さいのであまり効率はよくないかもしれません。
 手元には数十年前に購入した丸ノコがありましたので、こちらを使ってみることにしました。錆だらけでしたが、スイッチを入れるとしっかりと刃が回転してくれました。思い出してみたら約40年位前に購入し使った記憶があります。
 大きなものを廃棄するには、この様な電動工具があるとスピーディに切断することができます。

  修理部品と工具を見る

   分解作業手順      トップへ

 この風呂フタの幅は70cmありますので、自治体の廃棄用有料袋の40リッターのLLサイズ袋に入れたところ袋から飛び出してしまいました。これでは受取拒否される可能があります。この70cm幅を半分にすれば余裕で袋の底こに平らに収まってくれます。


折りたたんだ状態で、丸ノコでカットします
BathLid_MakeCut
厚みのせいで2枚くらいまでしか刃が通りません。
BathLidCut_in_half
反対側からカットします。

   指定ゴミ袋に入れる      トップへ

OLD _BathLlid_CutHalf
半分にカットするとラクラク自治体の袋に余裕で入りました。

移 動: 大きなものを廃棄する 切断に必要な工具 分解作業手順 工具を調べる 分解作業手順 指定ゴミ袋に入れる

リンク: 傘の修理 傘を小さく捨てる 物干し竿を小さく捨てる  焼き網を小さく捨てる

     
     

   CHSのIROIROサイト:人気ページ      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 2/Apr./2015 - Last Modefied 29/Sep./2021