IROIROtitle

iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

syuri

このページでは、「捨てるなら, ダメモトで直してみる」をコンセプトに家庭用品を修理したページです。



新ページのお知らせ

ファンヒーターの修理
ファンヒーターの修理

171020enelCh_BcoveropS
乾電池充電器の修理

SuiSChange_NutLLiftS
リールキーホルダーの修理

SuiSChange_NutLLiftS
水漏れリモコンの修理


蛇口の水漏れ修理


バーナーキャップ修理


センサーライト修理


回転野菜水切り器


軟質プラスチック
(亀裂など)


ブラインドの修理


キッチン床修理


旧型水洗トイレの修理



自転車修理


ファスナー修理


戸車メンテナンス


傘の修理


銀ロウ溶接


電気コードの接続


小型照明製作


中間スイッチ追加


USBファン修理


掲載データ
“禁転載”


CHS HomePage

    "ガスファンヒーターの内部清掃"


警告灯がすぐに点くフィルターの掃除 厚紙を使ったファンヒーターの掃除 シロッコファンの掃除
最終手段:分解内部清掃 リビング使用のガスファンヒーターの内部清掃 トップページ
ニトリミニファンヒーターの内部清掃 各種ファンヒーターの内部清掃

     
     

FanH_FilterBrushM
フィルターの掃除と交換
GasFanHeaterBackSuctionB_M
綿埃の吸い取り
GFH_BrowLotDustM
シロッコファンの掃除
GFH_CombuChamberInnerDustM
油煙ホコリ機分解掃除
GFHB_InternalStructureF_M
分解メンテナンス
HowTswitchRemovable
タクトスイッチの交換

 長期間使用の止まってしまうガスファンヒーター対策  トップへ

GFH_CleanNotYet
ガードを外した吹き出し口

 ガスファンヒーターの普段のお手入れにはフィルターのみの掃除で済みます。この製品の裏面にあるラベルには、形式番号や製造年が記載されています。このファンヒーターは2005年製造で、すでに14年も経っています。長期間使用していると内部に細かい塵がこびり付いて来ます。
 特にファンヒーターの送風装置は、省スペースで円筒形のシロッコファンが使われています。側面から吸い込んだ空気を、温めて前面から吹き出す役目をしています。使用時にフィルターサインが出る原因としては、燃焼した空気を吐き出す箇所に問題がある場合です。

SurpriseWoman.png
覗いてびっくり
ファンに埃の層が!

 この場合は、燃焼した空気の排出が間に合わず、内部が高温になってしまい警告ランプが点滅してしまう場合です。
 このシロッコファンは、羽の窪んだ箇所に温まった空気を受け、前面に送り出します。微細な埃が長期間の間に積もりこびりついている場合があります。他のファンヒーターが調子悪い時にガードを外し羽部分の箇所を点検すると案の定、温風を送り出すファンの窪んだ部分に埃が溜まっていました。羽部分にこびり付いた埃は歯ブラシで掃除ができます。その後警告灯が点くことなく問題なく使えています。  

 使用する用具 トップへ

GFH_CleanToolss GFH_LongBrusSize
ハンディー掃除機、スクレーパー、プラスドライバー  ファン掃除のブラシ2種類と、写真にはありませんがエアダスターが必須

 ガスファンヒーターの前面にあるガードを外すには、プラスドライバーのみですが、実際やったみると外す時に引っ掛かったのでスクレーパーで浮かせてあげるとすんなり外れます。
 右は掃除用品で、歯ブラシと毛足が3㌢位のブラシ(写真はペットボトル用)が搔き出すに便利です。

【アマゾンで用具・部品を調べる】 

  狭い所でも吸い取れる「小型ハンディクリーナー」と「アダプター」

 前面の吹出し口ガードを外す トップへ

GFH_BrowWindou
吹き出し口の中はかなり埃が積もっています。
GFH_FGuardScrew GFH_FGuardOff

 プラスドライバーでルバー型の前ガードを止めてあるネジを外します。(この機種の場合は、下に2本ありました。)下のみ2本のネジの場合は、上に引っ掛かる場所があります。外す際には下側を引き出した後に、下側に引くように外します。手前に無理に引っ張ると、本体にある爪を曲げてしまいますのでご注意してください。

 シロッコファンの掃除 トップへ

GFH_BWindouDust GFH_FanCleaner
つもりに積もった埃は、大量でハンディクリーナーで吸い取ります。
GFH_CleanToothBrus GFH_CleanLongBrus
しぶとい汚れなので、歯ブラシを使って掻き出します。ブラシの毛足は長いとしっかり取れます。

 プラスドライバーでルバー型の前ガードを止めてあるネジを外します。(この機種の場合は、下に2本ありました。)下のみ2本のネジの場合は、上に引っ掛かる場所があります。外す際には下側を引き出した後に、下側に引くように外します。手前に無理に引っ張ると、本体にある爪を曲げてしまいますのでご注意してください。

GFH_BWindouDust GFH_FanCleaner
ガードを外して見てビックリ!積もった埃は、大量でまずハンディクリーナーで吸い取ります。
GFH_LotofDust GFH_FanDust
落ちた埃を搔き出すのには、歯ブラシが奥まで入ります。かなりの量の埃。

 ファン内部の残った埃を吹き出す トップへ

GFH_BrowLotDust GFH_AfClBrow
最後にエアダスターで吹くと驚く位、塵が煙幕の様に出て来ました。最後に残った塵を完全に吹き飛ばします。

 シロッコファンをブラシで掃除しただけでは、送風した時に一斉に大量の塵が部屋中に拡散します。 こんな事にならないように、掃除したファンヒーターを屋外に持ち出します。エアダスターを用意してシロッコファンの内部に吹きかけ残っている塵を完全に吹き飛ばします。

 清掃後に組み立てます トップへ

GFH_CleanEnd GFH_GuardSet
ガードと内部の汚れを、濡れた布で拭き取ります。。
GFH_FGuardSet
清掃後に組み立てたリンナイガスファンヒーター。

 組み立て後にガスホースを本体に接続し、ガスコックを開きます。電気コードをコンセントに差し込みスイッチを入れます。一旦ホースは外していますので、ガスが本体に安定的に届くまで燃焼状態を確認します。点火後、フィルターの警告灯はつかなくなりました。シロッコファンの効率が上がったせいでスムーズに温風が吹き出してきます。フィルターの赤ランプの点灯はなくなりました。燃焼効率はかなり上がったように感じます。 現在、設定温度までは快適に動いていますが、自動停止してしまう現象が出ています。次はこの原因を探ってみます。

GFH_CleanCycle
FanH_FilterClean FanHeaterOverhaul FanHeater_FOverhaul FanHeater_DisassemblyCleaning
最終手段:分解内部清掃 突然燃焼ストップの12点滅のエラーは酸欠?
FanH_FilterBrushM
フィルターの掃除と交換
GasFanHeaterBackSuctionB_M
綿埃の吸い取り
GFH_BrowLotDustM
シロッコファンの掃除
GFH_CombuChamberInnerDustM
油煙ホコリ機分解掃除
GFHB_InternalStructureF_M
分解メンテナンス
HowTswitchRemovable
タクトスイッチの交換

     
     


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 19/Feb./2019 - Last Modefied 18/Mar./2021