IROIROtitle

iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

syuri

このページでは、「捨てるなら, ダメモトで直してみる」をコンセプトに家庭用品を修理したページです。



新ページのお知らせ

ファンヒーターの修理
ファンヒーターの修理

171020enelCh_BcoveropS
乾電池充電器の修理

SuiSChange_NutLLiftS
リールキーホルダーの修理

SuiSChange_NutLLiftS
水漏れリモコンの修理


蛇口の水漏れ修理


バーナーキャップ修理


センサーライト修理


回転野菜水切り器


軟質プラスチック
(亀裂など)


ブラインドの修理


キッチン床修理


旧型水洗トイレの修理



自転車修理


ファスナー修理


戸車メンテナンス


傘の修理


銀ロウ溶接


電気コードの接続


小型照明製作


中間スイッチ追加


USBファン修理


掲載データ
“禁転載”


CHS HomePage

"警告灯が点くガスファンヒーターの対策"


FanH_FilterBrushM
フィルターの掃除と交換
GasFanHeaterBackSuctionB_M
綿埃の吸い取り
GFH_BrowLotDustM
シロッコファンの掃除
GFH_CombuChamberInnerDustM
油煙ホコリ機分解掃除
GFHB_InternalStructureF_M
分解メンテナンス

警告灯がすぐに点くフィルターの掃除 厚紙を使ったファンヒーターの掃除 シロッコファンの掃除
最終手段:分解内部清掃 リビング使用のガスファンヒーターの内部清掃 トップページ

 ファンヒーターでお手入れが必要なフィルター  トップへ

GasFanHeaterBack
背面の吸気フィルター

 冬の暖房では、遠赤外線をミラーで反射する灯油ストーブや、カーボンヒーターなどのタイプと、吸い込んだ空気を温めてシロッコファンで温風を送り出すファンヒータータイプがあります。このタイプは、石油(灯油)や、都市ガス、電気を熱に変換してファンで送り出す形式です。

SurpriseWoman.png
また点いた!
どうしましょう…

 先述の遠赤反射タイプに比べて空気を取り込んで燃焼するために、燃焼に不必要な埃などの不純物を吸い込み 内部の温度センサーの作動を阻害しないよう、また異物を吸い込んで燃えないようにフィルターが設けられています。
 電気ファンヒーターなどは、比較的粗い目のフィルターが使用されていますが、ガスファンヒーターなどでは火を使うために1mm以下の目の細かいものが使用されています。内部の燃焼や汚れを防ぐのに貢献していますが、細かい埃などが付きやすいのが難点です。  

 掃除しても点く警告ランプ  トップへ

 背面にあるフィルターを掃除機ようのブラシでホコリ取りを行った後でも、短期間で「フィルターお知らせランプ」が点滅する場合の対策を考えて見ました。このファンヒーターは約1年前に新しいフィルターに交換してしばらくは、何の問題も無く使用していました。しかし最近警告ランプが1〜2週間の間に点滅してきました。
 比較的まだ新しいフィルターだったので、原因を探りました。まずは掃除機の吸い込み口をブラシに変えて念入りにフィルターの外側から全体の埃を吸い込みます。この時気をつけなければいけないのは、内側から吸い込むと、埃がさらに網目の中に入ることになりますので、注意が必要です。確認のために陽の差す場所でフィルターの網の状態を見て見ると、フィルターを覆っていた綿埃は取れたものの細かい埃は取れていません。これでは、1mm位の細かい網目にとっては細かい埃であっても目を塞ぎかねません。

FanH_FilterAfterCleaner FanH_FilterCleanTools
左が、掃除機をかけた後の状態で、細かい埃がまだ残っています。右は掃除に使う歯ブラシ。

 歯ブラシを使用した掃除 トップへ

 細かい埃は掃除機用のブラシでは、大まかなものしか撮ることができません。ここで細かい目の掃除をするために、歯ブラシを使います。ただし毛先が開いたものは使えませんので、新品に近い毛先がまっすぐなものを使用します。
 下の写真にありますように、よく見ると網目に沿って汚れがこびりついているのがわかります。ここにさらに大きな埃が着くと、フィルターが塞がりファンヒーター内部の温度が以上に上がってしまい、警告ランプが点滅することになります。
 今回は短時間で行うために洗剤などを使わない掃除を行なっています。燃焼部に吸い込まないように、水分を除去するなど手間がありますがマジックリンなどの家庭用洗剤などを使ってもいいようです。
 ファンヒーターは使用場所にもよりますが、目詰まりの正体は綿埃が主で、外から入ってくる土埃ですが、キッチンなどでは、それに油煙などが加わり取りづらい目詰まりになります。油を使って調理するときはファンヒーターが油煙を吸い込まないよう、換気は回しておくとあとあと掃除がラクになります。

FanH_FilterBrush FanH_FilterBrushClean
左が、掃除部分を拡大したもので、網目に細かい埃がまとわりついています。歯ブラシあ裏から押し出すように動かします。
FanH_FilterCleanFin FanHC_AfterBrush
左ー掃除を終えたフィルター 右ー掃除後にかなり汚れた歯ブラシで油や土埃のような物も吸い込でいたようです。

GFH_CleanCycle
FanH_FilterClean FanHeaterOverhaul FanHeater_FOverhaul FanHeater_DisassemblyCleaning
FanH_FilterBrushM
フィルターの掃除と交換
GasFanHeaterBackSuctionB_M
綿埃の吸い取り
GFH_BrowLotDustM
シロッコファンの掃除
GFH_CombuChamberInnerDustM
油煙ホコリ機分解掃除
GFHB_InternalStructureF_M
分解メンテナンス

 リンナイガスファンヒーターの部品:エアフィルター(1例) トップへ

 汚れがこびりついている場所は、歯ブラシはフィルターの裏側から網目に詰まったものを押し出すように動かします。

  修理部品と工具を見る



CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 22/Jan./2019 - Last Modefied 20/May./2020