IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!
D500BodyS
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で風景撮影

Kumabachi_MTVRTs
D500で晩夏の花撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影


D750view
ニコンD750レポート

1510CosmosBeeSS
D750で春の花撮影

KRS_2FaquaS
D750で水族館内の撮影

THK_HibariS
D750で博物館内の撮影

TDK15CheaterS
D750で動物の撮影

SkyTreeTopS
D750でスカイツリー撮影


【NIKONの製品】

amazonで調べる
【カメラ関係】

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D500 ボディー

Nikon D5
※プロが使う12コマ/秒の
デジタル一眼レフカメラ

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D810 ボディー
※D800が更に進化!

Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
※お手頃な純正品の超望遠ズーム!

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2
ニコン用 フルサイズ対応 A022N

TAMRON
超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD ニコン用

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

Nikon
リモートコード MC-36AN

SLIK 三脚
カーボンマスター
824 PRO N
4段 中型 記念キット

Fiish

PRIUS12

Jsyuri

syuriB

Reform

eco

kaden

souji

Smorke

OldColeman


CHS HomePage




掲載データ“禁転載”

chs_banner

Nikon1で一眼レンズを接続

ジャンプ: 画質が向上したJ5 大きさの比較 チルトモニター FTー1アダプター FTー1+SP150-600mm デジタル一眼レフ
リンク: 四季の花撮影 動物の撮影 鉄道博物館の撮影 水族館の撮影 スカイツリーの撮影

     ★★★★ D750実写レポートは、こちらから ★★★★

  FT-1マウントアダプターでAF-Sレンズの焦点距離が2.7倍      トップへ

J5_FT1
NIkon1の最終型J5とニコンレンズを取り付け可能なFT-1

 Nikon1用のレンズマウントアダプター「FT-1」は、Nikon1のマウントににAF-Sレンズを接続する事ができます。倍率は、接続レンズの焦点距離が2.7倍になり、重量は150gとなっています。24-85mmの場合は、65mm~230mmになります。本体のレンズ10-30mmが35mm換算で27~81mmですから、この2本で27mm~230mmまでカバーできます。また、70-200mmを追加すれば200mmの場合は35mm換算で540mm、27mm~540mmまでカバーできる様になります。写真の様に2.0xのテレコンをつけた場合は、27mm~1080mmとなります。
 散歩がわりの撮影でしたら、J5の小型ボディーを活かして、標準には10-30mmの1Nikkorで。他にFT-1と200mmくらいのレンズがあれば予想していない撮影にも対応ができる可能性があります。ちなみにこの組み合わせで総重量が1.3kgです。ちなみにD750またはD500+TAMRONSP150-600mmを持っていくと3kg前後になってしまいます。これを考慮するとJ5の軽量の組み合わせは、足取りと負担を軽くしてくれます。

NikonFT-1Rside NikonFT-1B
Nikon1でNikkorレンズが使えるFT-1の右横と後ろからの写真

  "FT-1+TC-20EIII+70-200mmf4      トップへ

J5_70-200_ft1_TC-20
Nikon1 J5とFT-1とテレコンバーターTC-20EIIIとAF-S70−200mmf4
J5_70-200_FT1_TC-20Eh
フードまでつけるとかなり長いです
J5_70-200_FT1_TC-20E_Up
Nikon1 J5とFT-1とテレコンバーターTC-20EIIIとAF-S70−200mmf4のカメラ周りのアップ

 ちなみに上の写真の組み合わせで焦点距離は、378mm〜1080mmとなります。カメラの撮像素子は2081万画素で光学ローパスフィルターを採用しない裏面照射型CMOSセンサーなのでD500などのAPS-Cには及ばないもののこのサイズではほどほど良い絵が撮れます。
 超望遠撮影をする時、気を付けなければいけないのは、液晶モニターで被写体を追いながらの撮影は構えが不安定になることです。下の写真は、木道の欄干にカメラを当てがって撮影したものです。荷物が増えますが、撮影は三脚か一脚があると安定すると思います。

SGI_MagamoClean181214 SGI_MagamoRearV181214
姿見の池のマガモの写真 左_対岸:ISO800,1/60秒,F5.6,O段 右_池中央:ISO6400,1/1000秒,F5,O段
SGI_OhshidoriMonW181224
姿見の池の欄干でカメラを固定し、撮影したオシドリの写真
:Nikon1 J5+FT-1+TC-20EIII+AF-S70-200mmF4VR 手持ち撮影 トリミング 

  J5+FT-1+TC-14EIII+70-200mmf4      トップへ

J5_70-200_TC14_FT1Up
1.4xテレコンをFTー1を介してJ5に接続

 今回、ニコンのTC-14EIIIが加わりましたので、2.0xのテレコンTC-20EIIIと画像を比較して見ることにしました。200-500mmでテレコン撮影を行った時には、1.4xに軍配が上がりました。今回はAF-S 200-500mmE f5.6のテストを行った場所を撮影し、他の機種との画像と比較してみます。
 FTー1に接続した画像が上にありますが、存在感のあったTC-20EIIIよりもFT-1と馴染んで見えます。
下の画像は、この1.4xテレコンと2.0xテレコンを接続して撮影し、同じ箇所を拡大したものを各々用意しました。

J5_70-200_TC20rs J5_70-200_TC20Ups
Nikon1 J5とFT-1にニコン70-200mm f4+2.0xの1080mm相当と一部拡大部分
J5_70-200_TC14B J5_70-200_TC14BUp
Nikon1 J5とFT-1にニコン70-200mm f4+1.4xの756mm相当と一部拡大部分

 上の段の2つの画像は、2.0xテレコンをJ5にFT-1を接続して撮影したものです。下の画像は、1.4xのテレコンを同じように接続して撮影したものです。200-500mm f5.6で良好な画像を出した1.4xでしたが、この70-200mmGレンズでは、2.0xの撮影画像の方が解像感が良く逆転してしまっています。

  JJ1+FT-1+TC-14EIII+200-500mm f5.6 ED      トップへ

J1_200_500_TC14_FT1Up
1.4xテレコンをFT-1を介してJ1に接続

 本来はNIKON1の中で解像度の高いJ5を接続するところですが、このAF-S200-500mm f5.6ED VRが認識しませんでした。サイトで確認するとこのレンズはJ5に対応していませんでした。J5は以前のモデルより制約が多いようです、メーカーには、販売中止になった製品でもユーザーの手元には残っていますので現在のレンズには接続できるように、ファームウェアーのアップデートを開発をしていただきたいものです。
 NIKON1は、手元に初代のJ1があったのでこれをFT-1を介してAF-S 200-500mm f5.6ED VRに接続して見ることにしました。このJ1は問題なく接続、液晶表示ができました。初代のJ1は、J5に比べるとカンタン操作のカメラの部類に入るもので、細かい調整はメニューからと、やり難くなっています。またこの頃のカメラはISO感度が最大でも400位に設定しておかないと画質が荒れるので日中だと程々に綺麗に撮影出来ます。

J1_N200_500TC14x_TelPole J1_N200_500TC14x_TelPoleUp
Nikon1 J1とFT-1にニコン200-500mm f5.6+1.4xの1890mm相当と一部拡大部分

FT-1+70-200mm+テレコン1.4x参考画像

J5_70-200_TC14B J5_70-200_TC14BUp
Nikon1 J5とFT-1にニコン70-200mm f4+1.4xの756mm相当と一部拡大部分

 上の画像はカメラが20Mpixとテレ端200mm+1.4xの画像とその一部拡大画像です。上のJ1の写真は10Mpixとテレ端500mm+1.4xの画像です。レンズの焦点距離の差が2.5倍あります。このためか部分拡大画像ではJ5の画像よりもJ1の方が良く解像しています。しかし、2011.10発売のJ1はISO感度が3200迄で、2015.4発売のJ5の12800とは大きな違いがあります。このためJ1は明るい環境でないと画質が荒れる可能性があります。

  FT-1+タムロンSP150−600mm      トップへ

J5_FT1_SP150_600mm
NIkon1の最終型J5とFT-1にタムロンSP150-600mm(A011)

 手持ちのタムロンSP150-600mm(A011)とFTー1を介してJ5に繋げて見ました。残念なことに、サードパーティ製のこのレンズではレンズの認識がされず「レンズが接続されていません」とのアラートがモニター中央に出ます。結局先には進めなかったために、色々対策をしてみました。
 色々やっているうちに、このレンズで撮影することができるようになりました。 まず、レンズのフォーカスモードレバーをMFに設定します。それでもカメラ側のレンズの検索の作動音が止みませんので、今度はカメラ側の撮影モードをM(マニュアル)で設定します。何回かレンズ捜索動作がありますが、少しすると止まり一応これで撮影ができるようになりました。
 ちなみに、下の画像はNikonD500にSP150−600mmを付けて900mm相当として撮影したものを例とし掲載しました。手元にニコンのテレコンTC-20EIIIがありますが、残念ながらSP150−600mmには構造上接続ができません。ちなみに画像は室内の窓越しから撮影したものです。

D500+SP150−600PBA
NikonD500+タムロンSP150-600mm(A011)の900mm相当の画像
J5+SP150−600PBAntB J5+SP150−600PBA_b
Nikon1 J5とFT-1にタムロンSP150-600mm(A011)1620mm相当の上部分と下部分
J5+SP150−600insulatorMuni J5+SP150−600insulator
露出調整前の撮影画像と補正後の画像

 当然、フォーカスと露出はマニュアルのままですので、ピントと明るさをカメラの液晶モニターで調整します。これで撮影したものが上の写真です。
ちなみにJ5にFT-1を介してSP150−600mmを接続すると、焦点距離は1620mm相当になります。被写体は、約20m位先のアンテナと50m位先にある電柱の碍子です。
 この撮影は手持ちでは難しく、かなり安定性の良い頑丈な三脚を必要とします。

J5+SP150−600Entire
Nikon1 J5+FT-1+タムロンSP150-600mm(A011)外観

Nikon1 J5  1   2  次は・今更のNikon1 J5は魅力的TOP

  更に上の写真を撮るにはデジタル一眼レフ      トップへ

〔amazonでNIKON一眼ボディを調べる

〔amazonでNIKON常用レンズを調べる

トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 11/Dec./2018 - Last Modefied 17/Jul./2019