IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物・水族園の一部をご覧になれます。

2014.『カワセミ』の幼鳥

移 動: カワセミの家族 カワセミの子供 2羽のカワセミ

リンク: カワセミ/水辺の野鳥 モエビをダイビングキャッチするカワセミ 武蔵の池のカワセミ2013 カワセミの一瞬のダイブ 姿見の池で魚を補職する『カワセミ』 『カワセミ』の幼鳥 8月の姿見の池の野鳥 国分寺にいる『カワセミ』 都立武蔵国分寺公園のカワセミ 秋分の日の姿見の池のカワセミ

     
     

   カワセミの家族/武蔵の池      トップへ

 武蔵国分寺公園に撮影に出掛けました。4月にはペアで見かけたカワセミですが、このところ、武蔵国分寺公園ではカワセミの姿をよく見る事ができます。
 武蔵国分寺公園では、円形広場の西側の歩道の傍に咲いていたガクアジサイも終わりを迎えました。これからノウゼンカズラの回廊が、少しの間目を楽しませてくれます。   ふと園内の武蔵の池を見渡すと、カメラマンが一人何かを狙っていました。ここの前に寄った姿見の池ではカルガモがヒナと一緒に泳いでいましたが、ここでは私は見かけていません。望遠レンズの先に目をやるとカワセミがいました。しかし4月に見た物より体がかなりスリムで、落ち着きがなく止まり木に留ったかと思うとあっという間に飛び去ってしまいます。運良く公園の係員の方にお話しを伺う事が出来ました。
カワセミは親が2羽とこどもが2羽いるとの事です。恐らくスリムで落ち着きのない鳥は子どもと思われます。今までは、鳴き声は出していませんでしたが、この日はいる場所が分かるぐらい「チッチッ!」と鳴きながら飛んでいました。運良く欄干に留ったのでクリヤーに写す事ができました。 〔写真をクリックすると拡大されます〕

  カワセミの子供   トップへ


人に恐怖感を感じないのかベンチ前の欄干に止まった子供?のカワセミ

このカワセミは警戒心が無いのか幼鳥と思われます。運良く10mくらい先の欄干にとまってくれました。

左ー武蔵の池の中にある島の止まり木に留りましたが、止まり木と欄干を往復して飛んでいました。

    2羽のカワセミ  トップへ


4月に撮影した親と思われるつがいのカワセミのペアで左がオスで右がメス

 右小魚の狩りにはまだ慣れていない様でした。
撮影:NikonD800 J1+FT1 LENDS:NIKKOR 70-200f4+TeleConverterTC-20EIII

移 動: カワセミの家族 カワセミの子供 2羽のカワセミ

リンク: カワセミ/水辺の野鳥 モエビをダイビングキャッチするカワセミ 武蔵の池のカワセミ2013 カワセミの一瞬のダイブ 姿見の池で魚を補職する『カワセミ』 『カワセミ』の幼鳥 8月の姿見の池の野鳥 国分寺にいる『カワセミ』 都立武蔵国分寺公園のカワセミ 秋分の日の姿見の池のカワセミ

     
     

  その他のカメラとレンズ      トップへ

  【NIKON D500と超望遠ズーム】


撮影:NIKON D800
NIKKOR AF-S 70-200mm f4
三脚:SLIKカーボンマスター
824PRO N
ご興味の方は、
右のamazonのリンクで製品の
評価を見れます

Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
※軽量で高画質のf4ズームで近接1.0m!

Nikon テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER
TC-20E III フルサイズ対応

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D800 ボディー

SLIK 三脚
カーボンマスター 824 PRO N
4段 中型 記念キット

Nikon D4s
※プロが使う11コマ/秒の
デジタル一眼レフカメラ

TAMRON
超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD ニコン用

Nikon MB-D12
マルチパワー
バッテリーパック
※縦位置撮影のホールド抜群!

Nikon EN-EL15 Li-ion
リチャージャブル
バッテリー

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D810 ボディー
※D800が更に進化!
【Canon】

Canon
EOS 5D Mark III ボディ

Canon 単焦点超望遠レンズ
EF600mm F4L IS II USM

VANGUARD
Quovio66バックパック
超望遠レンズと三脚対応

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD キヤノン用

Canon
EOS 7D ボディ

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 4/Jul./2014 - Last Modefied 6/ Jun./2022