IROIROtitle

ガステーブル背面の汚れのガード

   ハッチガードの設置      トップへ

RinnaiHG40-3385   調理後のガステーブルの掃除は面倒なものです。揚げ物や炒め物などでは油のハネがあり、鍋の煽りをした時に勢い余って調理材料が飛び出したりします。調理が終わってガステーブルの天板のには、飛び散った油や飛び出した切った野菜などがあったりします。こんな時、天板の掃除だけならかなり楽になります。それがビルトインコンロでないばあいは、のガスコックにガステーブルが接続されているため、15cm程度のスペースがあります。これは必要なスペースなのですが、なんとここに溢れる調理中の材料の多いこと。
 奥まっているこのスペースは、手前から覗きこまなければ、下までが見えにくくなっています。こんな所に落ちたものを拾うことを考えると気が重くなってしまう方も多いかと思います。

  リンナイの純正品の「ハッチガード」ハッチガードの設置  トップへ

RinnaiHG_Side RinnaiHG_Open

   上の写真が、リンナイのハッチガードです。簡単に説明いたしますと、左上の画像の左右に2本出ている差し込みプレートをガステーブルの背面の左右にある差し込み口にきちんと止まるまで差し込むだけで設置が出来ます。左の画像がハッチガードの扉部分を開いた状態です。
 素材は薄い鉄板のようなものに、左右の部品はメッキ、上の扉にはフッ素加工が施されています。このような構造なので、多少ねじれ方向には弱くなっています。しかしガスコックを開閉したりする時以外、頻繁に開閉するものではないので全く問題はありません。設置の関係で調理台の折り返しの立上り部分とギリギリの設置になりましたが、問題なく取り付けられています。
 購入する方は右上の写真のように、ガステーブル本体の幅よりわずかに広くなっていますのでギリギリの場合は少しの余裕があるかをご確認ください。

RInnai_HatchGuard

 ハッチガードの種類  トップへ

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 27/Nov./2018 - Last Modefied 27/Nov./2018