IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!

野鳥サイト


武蔵国分寺跡/国分寺市立歴史公園/僧寺・金堂跡

Nagayamon_GateS
家長屋門改修
JyurigiLandS
お鷹の道・湧水
HossawaWFallS
真姿の池
TMnM_EntS
お鷹の道湧水園
MDGKTB_houseEntS
武蔵国分寺・楼門
OKutamalakeS
仁王門・薬師堂
OKutamalakeS
国分寺尼寺
OkutamaStationS
講堂・金堂址他

 武蔵国分寺址の場所は、JR中央線とJR武蔵野線の交わる西国分寺駅の南南東約1kmにあります。現在残るお寺は当時からの物ではなく、後に建立されたものです。こちらからは、お鷹の道の西端になり湧水から流れ出た水路が下流の一里塚で野川と合流します。また周辺には、多くの遺跡があり往事の繁栄を見ることができます。

 「武蔵国分寺は、東西880㍍、南北550㍍と広大な寺域がありました。実際は史跡武蔵国分寺跡で、現在ある武蔵 國國分寺はその史跡の北東の位置にあります。上の地図にありますように、現在の府中街道の西側には、伝鎌倉街道が通っておりその路の傍に国分僧寺と国分尼寺があったと云われています。また現国分寺のお寺がある、府中街道の東側には、石碑が埋まっている場所に金堂、その北側には講堂があり、さらに当時無かった現在の薬師堂のある南には北方建物がいわれています。さらにその東南東には、現在史跡となっている七重塔があったと云われています。
武蔵国分寺跡は、全国の国分寺跡と比べても規模が大きく、その歴史的重要性はつとに認められており、大正11年に国指定史跡に指定されています。」右上地図はクリックで900x600pixに拡大できます。参考資料:国分寺市教育委員会史跡武蔵国分寺跡(僧寺地区)整備実施計画より

武蔵国分寺講堂跡  ▲top


武蔵国分寺跡の講堂跡と講堂跡の説明板

 武蔵国分寺の講堂跡は上の地図の中心の赤枠の上部に位置していたと云われています。現在の武蔵国分寺の本堂や楼門から南の位置にあり、武蔵国分寺史跡鋼の北側に位置しています。

 「講堂は、教典の講義が行われた建物です。武蔵国分寺の講堂は、桁行けたゆき5間、梁行はりゆきき4間の二面庇の東西棟とうざいとう礎石建物そせきたてものとして8世紀中頃に創建されましたが、9世紀後半に東西両側に各1間を増築して、金堂と同規模である桁行7間の四面庇しめんひさし建物として建替えられました。
 講堂の基壇きだんは、創建・再建とも瓦積かわらづみ外装で、乱石積らんせきづみ外装を施す金堂や七重塔とは大きく様相が異なります。てて物の再建に伴って基壇自体も東西に増築しており、その規模は東西約42.2m、南北約22.6mをはかります。」 本文・図:武蔵国分寺跡の講堂の説明板より引用


武蔵国分寺跡の講堂の説明板より切り出し

武蔵国分寺金堂跡  ▲top


今は朽ちて無くなってしまった現地の説明板と手前が金堂の礎石   武蔵国分寺址石碑の南側の広場にある看板に事細かに説明されています。

 武蔵国分寺跡は現在の府中街道の東側にあり、寺域の回廊に囲まれた中には南に金堂・北に講堂があり、西には西僧坊、東には東僧坊と時刻を知らせる鐘楼がこの東僧坊の西どなりにありました。(右上の図参照)
【金堂跡】
 「金堂は本尊仏を安置する建物です。桁行き7間(約36メートル)×梁行き4間(約17メートル)の礎石建物として建てられました。現在も多くの礎石が残されています。武蔵国分寺の金堂は、諸国国分寺中最大級の規模となります。
【講堂跡】
 講堂は経典の講義などが行われる建物です。桁行き5間(約29メートル)×梁行き4間(約17メートル)の礎石建物として創建され、後に金堂と同規模の桁行き7間(約36メートル)×梁行き4間(約17メートル)に増設して再建されたことが明らかになっています。」 

  国分寺市役所サイト 武蔵国分寺跡より引用

七重塔跡 武蔵国分寺跡  ▲top

「七重塔跡は、こんどう・講堂跡から東方200メ-トルのところに位置します。塔は「きんこんこうみょうさいしょうおうきょう 」を安置する国分寺の重要な施設で した。3間(約10メートル)四方の礎石建物で、高さは約60メートルほどあったと推定されます。現在、中央にほぞ穴(心柱を受ける穴)がある心礎を含め7個の礎石が残っています。
  国史である「続日本後紀」に、承和2年(835年)に七重塔が雷火で焼失し、復旧ができなかったのを、前のふすまぐん(現在の埼玉県比企郡付近)のたいりょう(長官)であるぶのきっふくしょうが再興を願い出て許されたと記されています。発掘調査では、塔が創建期とその後の2回この位置で建てられたことを確認しています。
 また、平成15年度の地下レーダー探査により、礎石の残る塔跡(塔跡1)の西方約55メートルの地点で、もう一つの塔跡(塔跡2)が発見されました。塔跡2には大規模な地盤固めの跡(版築・はんちく)があるのみで礎石は残っていません。塔跡2と塔跡1の建て替えとの明確な関係は把握できていません。」
国分寺市役所サイト武蔵国分寺跡より引用    右写真ーお鷹の道湧水園に設置してある七重塔模型

※金光明最勝王経とは
 「詔に「金光明最勝王経、妙法蓮華経各十部を写さしむ、朕又別に擬して金字の金光明最勝王経を写して塔ごとに各々一部を置かしむ」とあり国分僧寺、国分尼寺建立の依)拠となったのが、この二つの経典(仏教の思想を記したもの)であることが判)ます。詔は次いで「僧寺には必ず二十僧あらしめ其の寺名を金光明四天王護国之寺となし、尼寺には一十尼あらしめ其の寺名を法華滅罪之寺と為し」と経典にちなんだ寺名を定めております。国分僧寺建立の所依の経典となった「金光明最勝王経」は、彼の玄奘三蔵(600~664)の足跡を慕ってインドに渡り、20年余ナーランダ寺で仏教を学び、多くの経典を携え期天武后の時代に帰国した、唐の義浄(645~713)の訳になるものです。この経典が最初に我が国に伝えられたのは、天武5年(677)で、当時は「金光明経」(インド僧・ドンムシン訳)といったが、義浄はその後、この経典を増訳し「金光明最勝王経」といたしました。その増訳した「巻第五・四天王観察人天品第十一」にこの経を説く法師を恭敬し供養する国王あらば“我等四王、皆共に一心に、是の人王及び国の人民を護り、災患を離れて常に安穏を得しめん”と四天王が国や王や人民を護る決心を述べています。また「巻第六・四天王護国品第十二」では、この経典を信ずる人々を、四天王がよく護っている、と知った世尊(仏)が、四天王に“若し人王ありて、此の金光明最勝の経典を恭敬し供養せば、汝等応に勤めて守護を加え安穏を得しむべし。一畧一汝等(四王)若し能くこの経を護持せば、経力に由るが故に、よく諸々の苦、怨、賊、饑饉及び諸々の疾疫を除かん。この故に汝等四衆、この経王を受持し読誦する者を見ては一畧一守護を加えて為に衰悩を除き安楽を施与すべし”(国訳大蔵経)と諭されております。」『武蔵国分寺より一部引用』



左ー武蔵国分寺七重塔跡の説明板               右ー七重塔跡の礎石が並びます。
【七重塔跡/現地説明板より引用】  「国分寺造営の詔に「造塔の寺は国の華たり」と象徴的に記されている塔は「きんこんこうみょうさいしょうおうきょう」を安置する国分寺の重要な施設でした。
 この塔は「しょく日本後紀」によって承和二年(835)に雷火で焼失し、十年後に男衾郡(埼玉県比企郡)のさきのだいりょう(郡の長官)のぶのきっふくしょうがその再建を願いでて許可されたことが知られています。
 昭和39年の発掘調査の結果、とうだんが修復されていることや礎石の下に瓦片を大量に詰め込んでいることなどが明らかになり、このことが証明されました。
 塔の再建に当たっては北方建物の新築・講堂の増築・寺地内付属諸院の整備なども併せて行ったようで、創建以来の本格的な造営事業に発展したと推察されます。」平成六年一月 国分寺市教育委員会 現地説明板より引用
    国宝 金光明最勝王経(国分寺経):奈良国立博物館 収蔵品データーベース 


左ー武蔵国分寺七重塔跡の北側の広場            右ー七重塔跡の基壇の模型でしょうか?

 武蔵国分寺周辺   1   2   3   4   5   6   7   8  次は・長屋門改修

武蔵国分寺に関わるお菓子  ▲top


トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 28/Sep./2016- Last Modefied 5/Jun./2018