IROIROtitle

iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

JR青梅線
JR青梅線の駅 (48P)


特集:奥多摩・檜原村

HinoharaAveS
奥多摩周辺のスポット


特集:御岳渓谷遊歩道

MVRT_IkStepS
軍畑〜美術館(8項目)


東京近郊のダム湖特集

MGKE_ZenkeiS
宮ヶ瀬湖畔園地

TL_ShiroyamarDamS
城山ダム(津久井湖)

OGD_BoatUpS.jpg
小河内ダム(桜の季節)


特集:奥多摩川の橋梁

OkutBridgess
多摩川上流部の橋梁(44)


特集:新しい道路

JYTunnelEntS
将門〜愛宕橋


kankouchi

HamariQUmiteS
浜離宮恩賜庭園

MJG_OhToriiS
明治神宮御苑

MJG_OhToriiS
小石川後楽園

EdoTHs
江戸東京博物館


NGY_ZigokuNozokiS
南房総・鋸山

KMP141228KFPss
釜の淵公園/青梅

1308MtTKBStAMs
高尾山


norimono

NMdarinS
帆船日本丸

HikawamaruS
1月上旬の横浜氷川丸

CHMKchiriinS
調布飛行場まつり

TKPt6gS
所沢航空発祥記念館

掲載画像・データ:禁転載

chs_banner
【動物ミニチュア】
〔アフリカの動物〕

Schleich シュライヒ
ライオン (オス)

Schleich シュライヒ
ライオン (メス:歩)

Schleich シュライヒ
トラ (オス)

Schleich シュライヒ
ヒョウ

Schleich シュライヒ
Schleich シュライヒ
キリン (メス)

Schleich シュライヒ
シマウマ (オス)

Schleich シュライヒ
アフリカ象(オス)

Schleich シュライヒ
カバ

Schleich シュライヒ
ゴリラ(オス)

Schleich シュライヒ
チンパンジー (仔)

Schleich シュライヒ
ミーアキャット (立)

Schleich シュライヒ
ダチョウ
〔アジアの動物〕

Schleich シュライヒ
インド象(オス)

Schleich シュライヒ
ジャイアントパンダ

Schleich シュライヒ
コウノトリ
〔南アメリカの動物〕

Schleich シュライヒ
アルパカ(オス)
〔オーストラリアの動物〕

Schleich シュライヒ
カンガルー

Schleich シュライヒ
コアラ (メスと仔)

初秋の上野動物園/西園   上野動物園/東園はこちらから

   日本最古の動物園      トップへ

 正式名称は恩賜上野動物園で 1882(明治15)年に開園した日本初の動物園です。上野の山の緑あふれる東園では、ジャイアントパンダ・ホッキョクグマ・アジアゾウ・スマトラトラ・ニシローランドゴリラなど、蓮で名高い不忍池に広がる西園ではアイアイ・ハシビロコウ・キリン・オカピ・コビトカバなど、合わせて約400種の動物たちに出会えます。(資料ー上野動物園MAPより)
この多摩動物園の西園と不忍池のそばにある西園への移動は、徒歩か園内を走るモノレールでできます。しかし子ども連れの方と広い園内を移動して疲れた方にはとても人気で、乗車するには長い列を並ばなければいけません。


【入園料無料日】
みどりの日、子どもの日と敬老の日からの老人週間(付添者1名無料)、都民の日(10月1日)になっています。
詳しくは、上野動物園サイト をご覧ください。

【多摩動物公園の記事】2014.8.31はこちら 2013.5.4のコースはこちら  2013.4.28 マンホールデザイン

   上野動物園/西園エリア      トップへ

〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕

左ー東園から来ると不忍池のそばにはペンギンエリアがあります。        

左ーここのカンガルーも座って休んでいました。            右ーアミメキリンは、宿舎に入る時間でこれが最後の一枚。

   フラミンゴとハシビロコウ      トップへ


写真ーひと際目立つ色彩を放つベニイロフラミンゴのエリアですが、オオフラミンゴより色が鮮やかです。

写真ーじっとして顔の大きな変わっている鳥のハシビロコウですが、撮影している間このポーズです。

   カバオ・カピー・サイ      トップへ


左ーカバは巨大な体格をしていますが、右のコビトカバは可愛らしく見えます。後ろ姿はアボカドのよう。

左ー宿舎に入る前のオカピは二重の格子で覆われていた。右ー室内で食事するオカピ。残念ですが、サイは撮影できず。

   アイアイのすむ森      トップへ

 このアイアイのすむ森は不忍池の対岸に、浮き橋で渡ることも出来ます。浮き橋の途中には、縞模様の長い尾を持つワオキツネザルがバオバブ(模造品)の袂に沢山集まっていました。この幾分揺れる橋を渡り切ると、アイアイのすむ森(遮光した建物)へと続きます。途中のレムールの森と称されたケージにはエリマキキツネザルなどを見ることができます。

   ワオキツネザル・エリマキキツネザルほか      トップへ


左ーアイアイのすむ森には、こちらから行くには浮き橋を渡って不忍池を渡ります。右ーそのマップ。

左ーワオキツネザルがなにやら集まってコミニュケーションをしています。右ーワオキツネザルの姿。

左ーエリマキキツネザルは頬からあごにかけて白い毛がはえています。右ーキツネザルの仲間。

   弁天門に続く道      トップへ

 こちらからのコースでは、JR上野駅の公園口に向かうには出口が弁天門が近いとのことです。途中道の両脇には、この池で有名な蓮の群生や、不忍池弁財天の八角堂を見ることができます。


〔写真をクリックすると拡大されます 戻るボタンで前の画面に戻ります〕
【上の動物公園】2013.5.4のコースはこちら    2013.4.28の記事はこちら   上野動物園のマンホールデザイン 
トップへ


この撮影で使用した機材: NIKON D800
TAMRON SP150-600mm(DXmode撮影で900mm相当)
三脚:SLIKカーボンマスター824PRO N
ご興味の方は、右のamazonのリンクで製品の評価を見れます

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D800 ボディー

AMRON
超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm F5-6.3
Di VC USD ニコン用

Manfrotto 一脚
680B 4段 大型
アルミニウム製
※プロも使う頑丈な一脚!

SLIK 雲台
SBH-200 DQ N
※中型カメラも
しっかり固定!

 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 16/Sep./2014 - Last Modefied 26/May/2017