IROIROtitle
iroiroLOGOsss

新ページのお知らせ サイクリング
Nikon D500

1510CosmosBeeSS
D500で風景撮影

1510CosmosBeeSS
D500で晩夏の花撮影

1510CosmosBeeSS
D500で野鳥撮影


D750view
ニコンD750レポート

1510CosmosBeeSS
D750で春の花撮影

KRS_2FaquaS
D750で水族館内の撮影

THK_HibariS
D750で博物館内の撮影

TDK15CheaterS
D750で動物の撮影

SkyTreeTopS
D750でスカイツリー撮影


【NIKONの製品】


Nikon D500
暗部性能に磨きをかけた10コマ/秒のDXデジタル一眼レフカメラ

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D750 ボディー
※軽量・高性能・深いグリップ・チルト液晶
1920×1080:60p動画

Nikon D5500ボディ
2400万画素 3.2型液晶
※バリアングル液晶+
Wifi+タッチパネル
1920×1080:60p動画

Nikon 単焦点レンズ
AF-S NIKKOR 300mmf/4E PF ED VR
※高性能で軽量な300mmレンズ


Nikon 望遠ズームレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
※軽量で高画質のf4ズームで近接1.0m!

Nikon テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER
TC-20E III フルサイズ対応
 焦点距離が2Xになる
コンバーター
(対応要確認)

TAMRON 超望遠ズームレンズ
SP 150-600mm
F5-6.3 Di VC USD
ニコン用 フルサイズ対応

掲載データ“禁転載”

chs_banner

1月中旬の軍畑の野鳥/青梅市

四季の軍畑周辺の野鳥/青梅市: トンビが鮎捕獲  トンビが蛇の奪い合い  トンビが野鳥捕獲 

   軍畑という場所      トップへ

JR青梅線の軍畑駅周辺は、青梅街道沿いに街並みが続く二俣尾駅あたりまでと違います。青梅街道近くまで山が近くまで迫っていて、多摩川もこの街道のすぐ南側に流れています。また、軍畑大橋が南に通る吉野街道に繋がっています。
 この軍畑大橋近くの多摩川の流れは、下流では大きく南に曲がります。しかし上流は、比較的川が遠くまで眺められ、正面の山並みが続く景色が切れるあたりには、御嶽山のケーブルカーの駅や展望台を遥か遠くに見ることができます。
 軍畑大橋より、青梅街道の西側には「御岳渓谷遊歩道」が川井手前にあるせせらぎの里美術館まで繋がっています。

   1月中旬の軍畑の野鳥      トップへ

 年を越し1月頃には、ここ青梅地域は気温が氷点下まで下がることが多くなります。この周辺は青梅市の観光スポットなっていますが、真冬ではこの御岳渓谷遊歩道を訪れる観光客はほとんど姿を見なくなります。
 下の写真は、夫婦のオシドリです。こんな時期遊歩道を通る人が少なくなり、安心したのでしょうか近くを通った時に突然近くの草の影から飛び立ちました。その先は対岸で、岩の上に留まった時の写真です。南側に位置する対岸は冬の時期には山蔭になり、南向きのこちら側と違って青みがかって見えます。


御岳渓谷遊歩道の軍畑の上流側でいきなり飛び立ったオシドリは40m先の山影の対岸へ岩の上に留まりました。
OshidoriP_Up180114IQ OshidoriSGI171224Lr
左はこの軍畑で撮影した夫婦のオシドリ 右は姿見の池で撮影したオシドリの雄

 今シーズン地元でも雄のオシドリを撮影することができましたが、ここでやっと夫婦のオシドリを 撮影することができました。「オシドリ」は、この写真のように雄は派手な色彩ですが、おそらく雌はひなを育てるために目立たない色彩になっていると思われます。雌雄の姿があまりに違うため雌だけですと「カモ類」と間違ってしまいそうです。
オシドリはカルガモは大きさが約60cm位なのに対して、オシドリは約40cmという大きさです。

   カラスとトビのバトル      トップへ

 カラスの子育て時期は5から月7月頃と言われていますが、この撮影をしていた時は1月中旬ですのできっと縄張り関係でハシボソカラスがトビを威嚇していたのでしょう。今まで釜の淵〜川井の川沿いでバトルを見たことが何度もありますが、いつもはトビが諦めて飛び去ることが多かったですが、今回はバトルの結果カラスが去って行きました。小さいカラスが大きい猛禽類のトビに立ち向かう負けん気の強さには関心させられます。

TobiF180114IQSteelTower TobiCrowB180114IQSteelTower
今回はトビとカラスがバトルをしていました。(設定ミスでカラーバランスが崩れています)

軍畑の上空でカラスとバトルしカラスを追い払ったトビで、いつも見かける鳥とは形状が違います。

   そのほかの野鳥      トップへ


多摩川の本流の緩い流れの場所で餌を探すカルガモ

 冬は広葉樹の木々の葉が落ちるため、かなり野鳥を見つけることができます。しかしこの日は、この他に葉の生い茂る中に「メジロ」を発見しましたが、落ち着きがない動きをしていたために写すことができませんでした。
 冬の野鳥撮影するには軍畑〜奥多摩は常緑樹である「杉」が多いために「声はすれど姿は見えず」で終わる時が多くなります。

撮影:NIKON D500 TAMRON 150-600mmf5-6.3 (〜900mm相当)

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  18/Dec./2017 - Last Modefied 15/Jan./2018