IROIROtitle
WithCycleTitle

55歳からのサイクリング記録

2011.08.28 奥多摩の橋めぐりサイクリング
2011.08.07 猛暑の羽村堰ツーリング
2010.12.12 12月是政〜羽村堰ツーリング
2010.12.04 12月の澤井ツーリング
2010.10.17 檜原村ツーリング
2010.10.11 奥多摩ツーリング
2010.9.19 東京シティサイクリング出場
2010.9.12 東京シティサイクリング試走行2
2010.9.05 東京シティサイクリング下見
2010.9.04 木陰の武蔵&野川公園
2010.8.22 羽村堰にサイクリング道路を使って
2010.8.14 羽村堰にちょっことツーリング
2010.8.01 玉川上水沿いにポタリング
2010.7.11 ラピエールDE 澤井ツーリング
2010.6.20 ラピエールDE ちょっこし羽村
2010.6.12 野川公園へポタリング
2010.6.6  竹寺(子ノ権現方面)ツーリング
2010.5.03 あきる野市の新緑ツーリング
2010.4.25 青梅市の岩蔵温泉ツーリング

  46歳~48歳

2002.5.4  輪行4/奥多摩鋸山林道〜神戸岩縦断
2001.8.19 檜原村/払沢の滝ツーリング
2001.8.12 養沢ヒルクライム
2001.4.1  さくら巡り多摩川サイクリングロード
2000.9.24 輪行3/奥多摩方面/沢井周辺
2000.8.14 武蔵五日市方面/養沢
2000.8.6  奥多摩まで輪行2
2000.7.2  奥多摩まで輪行1

電車利用で奥多摩駅まで/輪行2

トップページ 奥多摩駅輪行1 奥多摩駅輪行2/海沢 奥多摩駅輪行3/昼食で軍畑まで 奥多摩駅輪行4/奥多摩〜檜原村縦断

   輪行ツーリングはじめ      トップへ


体調の加減で、電車利用も可能です。

 遠い目的地に行きたい時、自走する以外にもう一つ方法があります。自転車を小さく分解して「輪行バッグ」に入れて目的の駅まで運ぶことが出来ます。
 輪行の流れは、目的の駅に通じる鉄道の駅で自転車を分解して、輪行バッグに収納します。電車のなかでは、出来るだけ先頭車両の運転席の後当たりが良いと思っています。万が一の緊急停車などで、自転車が他のお乗客に出来るだけ被害を与えない場所になるからです。運転席の後ろの壁には手摺があります。念のために、ここに輪行バッグのテープで固定しておくとより安全です。到着駅の改札を出てじゃ何ならない場所で組立てて、走行します。自宅の最寄りの駅でバッグから出した自転車を組立てて戻ります。これが日帰りの輪行の大まかな流れです。
 右の写真は、輪行途中で体調があまり良くなかったので、帰途の途中で電車利用した時のものです。この様に体調、怪我、など電車がライダーと自転車と運んでくれます。長距離走行に自信のない方にも、心強い走行方法です。

   奥多摩駅まで電車の輪行サイクリング2      トップへ

ten_bikesky
鳩の巣大橋から青梅街道「将門交差点」手前
日  時:2000.8.6
走行距離:奥多摩>国分寺間 約50km
自 転 車:LOUIS GANEAU XC-RACE/スリックタイヤ
携 行 品:工具、パンク修理セット、デジカメ、雨具
     エアポンプ、デジカメ、着替え
ル ー ト:奥多摩駅→ 鳩の巣「鳩美→古里→吉野街道→
     新奥多摩街道→昭和記念公園(水分補給)
     →五日市街道→自宅
水分補給:DAKARA、サプリメントウォーター、
     食堂鳩美の冷水、トマトジュース
中継地点:奥多摩アメリカキャンプ村、鳩の巣城山
     キャンプ場、懐石料理丹縄
走行ルート:奥多摩駅→アメリカキャンプ村 →鳩の巣→
      城山キャンプ場→古里 →青梅街道→羽村→
      昭和記念公園(水分補給)→五日市街道→
      玉川上水→自宅

青梅街道と裏道のルート

徐々に長距離走行に慣れるための輪行

 今回で2回目となる青梅線の輪行です。奥多摩駅で自転車を組み立てて、青梅街道を使って、東京方向へ向かいます。この輪行は青梅線の奥多摩駅まで停車駅が少ない「ホリデー快速おくたま」を利用しました。この電車は軽登山やキャンプ等の乗車客が多く、まさにレジャーを求める方達で一杯です。今回のコーズは前回の古里から分岐する、「吉野街道」下りと違い、青梅街道を走り街道沿いの主だった観光地に寄ってきました。奥多摩とはいえ、真夏である8上旬の気温は34℃とかなり暑く、水分補給や手足にボトルの水をかけ風邪を浴びながらクールダウンしながら走るル事が必要です。
 今回は身体の状況を確認出来るパルスメーターを装着しました。私は血圧が高いため最高心拍数に注意をして180回/分までに押さえるように走りましたが、平均165回/分になってしまいました。心臓に余り負担をかけると心臓の壁が厚くなるという症状がしばらく出ていましたのでほどほどに。


輪行のノウハウ本

負担の少ない自転車選び

 自転車は、軽くて走行抵抗が少ない、ロードバイクがベストですが、タイヤがある程度太さのあり、疲労が少ないと思われるFサス付きの軽量のマウンテンバイクにしました。フレームはイーストンのウルトラライトを使用し、本体が9.8kg(ペダル無し)軽量のマウンテンバイクにしました。タイヤは転がり抵抗の少ない1.5インチ細めのスリックタイプのタイヤがおすすめです。またフロントサスが付いていると高い空気圧でも路面の凹凸を吸収してくれ快適に走ることが出来ます。フルサスの場合は、ペダルを漕ぐたびに力がリアサスに吸収されて長距離では疲れると思います。(個人的にはフルサスは近場しか利用していません)
 快適に走るには、尿道圧迫や骨盤の痛み軽減のパッド入りのサイクリングパンツも必要となります。

青梅街道のコースについて

 奥多摩から東に向かう道は下りが比較的多いですが、山道なのでアップダウンは必ずあります。記憶に残る青梅街道上りの難所は軍畑駅入口(奥多摩大橋)から青梅に向う急坂です。この上り坂を回避するには、軍畑大橋を南に下り、吉野街道へ出れば比較的平坦な道が続きます。吉野梅郷からは長い下りが続きます。話は逸れましたが、この坂を上がりきった所に猛暑も加わって、力尽き果てていた人を数人いました。ここからは道も広くなりしばらく下りが続き快適です。
 二俣尾駅を過ぎ、その先の奥多摩路入口信号辺りから日向和田駅手前の青梅街道は、道路幅が狭い場所がありますので、接近して来る車には要注意です。
 このあとは、吉野梅郷北側にある日向和田駅を過ぎると一部上り坂はあるものの、青梅市内まであとわずかです。
住んでいる場所にもよりますが、新奥多摩街道の方が青梅街道より、交通量が少なく比較的安心して走れます。拝島あたりまで出れば、時間はかかりますが玉川上水沿いのコースが木々が多く、真夏には涼しくてオススメです。


  奥多摩駅コース:小作駅〜奥多摩駅 付近の見どころ クリックで1920x379pixに拡大します

 自転車工具と修理のリンク/CHSのIROIROサイト
../JitensyaKouguM
自転車修理TOP
文字クリックで
ジャンプします。

ハブメンテ チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換 チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ

Cycle HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 6/Aug./2000 - Last Modefied 30/Mar./2020