IROIROtitle
SakuraG_ParkW
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

桜ヶ丘公園/多摩市

 ジャンプ: 桜ヶ丘公園は丘陵公園 園内の丘上の風景 大谷戸公園の景色 大谷戸公園の小川と池 連光寺記念碑
明治天皇の記念碑と聖蹟記念館

   桜ヶ丘公園は丘陵公園      トップへ

SakuragaokaPark_MAP
桜ヶ丘公園内にある案内図(クリックで拡大します)

 桜ヶ丘公園は関戸橋南の鎌倉街道を東に折れ、川崎街道の蓮光寺坂上交差点の南にあります。開園日は、1983年(昭和59)6月1日です。広さは339,322.38㎡で、小金井公園の799,127.17㎡に比べると約半分程度の広さで、武蔵国分寺公園の109,485.03㎡の約3倍となっています。
 北には、多摩川が流れ鎌倉街道の東側は小高い丘になっています。この「多摩丘陵」の起伏のある都立公園です。  アクセスは小田急多摩線「小田急永山駅」、京王相模原線「永山駅」から京王バス聖蹟桜ヶ丘駅行き、または聖ヶ丘団地行きで「桜ヶ丘公園西口」下車1分です。日・祝日は駐車場は混雑しますが、平日では2箇所の駐車場が利用できることがあります。一つは川崎街道沿いの「夕日の丘口公園駐車場」と「記念館口公園駐車場」があります。
 公園は南西にある「大谷戸公園」と南東にある「蓮光寺公園」と接していて、通路で連結しています。 園内には、明治天皇御製碑や五賢堂、旧多摩聖蹟記念館があります。
 旧多摩聖蹟記念館は「大松山」で、山の頂上近くにあたり、ここから「百地ヶ丘」に向かって「谷戸の丘」との間の谷を通り、地形合わせ歩道が下っています。途中の丘は鬱蒼とした雑木林で囲まれていて、自然を感じることができます。

   園内の丘上の風景      トップへ

SakuraG_Park_Slope"" SGP_KistustukiMorii
左ー「記念館口公園駐車場」から下る山道 下り切る途中の 「谷戸の丘」の遊歩道
SGP_Yamanokoshi
坂下にある「百地ヶ丘」へ向かうメインの通路で、樹木が覆いかぶさり湿気が多いのか、道端には苔が生えています。
SGP_RestHill
 左の丘に休憩所があります。右奥のメインストリートは下っていきます。
SGP_OhyatoP_Boundary
丘下の「桜ヶ丘公園」と「大谷戸公園」(右方向)の分岐点があります。

   大谷戸公園の景色      トップへ

SGP_OhyatoP_SignP
「大谷戸公園」入り口で、右にはキャンプ練習場があります。

 大谷戸公園は、桜ヶ丘公園(丘陵公園)の西側に位置します。桜ヶ丘公園と地続きになっていますので道しるべを見ていないといつの間にか入ってしまいます。桜ヶ丘公園は丘陵で平地がほとんどありませんでしたが、この「大谷戸公園」は比較的フラットで、子供用の遊具、広い芝生、キャンプ練習場などが設置されていて、小さなお子さん連れでも楽しく過ごせそうな場所です。
 設置されている地図には、この「大谷戸公園」と東側の桜ヶ丘公園の丘陵の界には小川が描かれていましたが、残念ながら干上がっていました。

SGP_OhyatoP_Ent SGP_OhyatoP_PlayG_Equipment
大谷戸公園には遊具があります。

   大谷戸公園の小川と池      トップへ

SGP_OhyatoPond
「大谷戸公園」の北端にある、大谷戸池で水質は悪い様です。
SGP_ShoubuPond SGP_HotaruSawa
左ー「しょうぶいけ」の石碑と苔むした大石の間にわずかに水が流れています。
SGP_KareSawa
「大谷戸公園」の丘の境にある小川は、湧き水が流れていたらさぞ素晴らしいと感じました。

   連光寺の記念碑      トップへ

SGP_RenkojiMemorial SGP_RenkojiExp
大谷戸公園西端の通り近くにある「連光寺の石碑」。うさぎは当時連光寺の丘を駆け巡るうさぎがテーマ。

   明治天皇の記念碑と聖蹟記念館      トップへ

SGP_to_TSMemorial
丘上の「記念館口公園駐車場」から西へ続く道には「記念碑・旧多摩聖蹟記念館」があります。
SGP_TSMemorial SGP_MT_Song monument
明治天皇御製・昭憲皇后御歌の石碑があります。
SGP_Gokendou SGP_TSMemoriaMusiuml
五賢堂と旧多摩聖蹟記念館の入口

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ


Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 7/Oct./2019 - Last Modefied 8/Oct./2019