IROIROtitle

iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!
【お掃除関係MENU】

サーキュレーターのメンテナンス

   夏シーズンを終えたサーキュレーターのメンテナンス      トップへ

 SAR-VL15WS_CLupV
【山善サーキュレーター SAR-VL15WSの内部清掃】

 サーキュレーターは、夏は扇風機の代用としてオールシーズンは室内の温度差の解消など式を通じて活躍してくれる家電です。長期なん使用していると、サーキュレータないのファンの羽部分や、ガードなどに部屋の綿埃などがビッシリ付いてきます。特に羽には空気を切る部分のエッジに綿ぼこりが引っかかって、だんだん溜まっていきます。当然この部分が抵抗になり、新品時のように効率よく風を送ってくれなくなります。
 埃の付着で効率が悪くなるのはもちろん、付着した埃と湿気で火災になる可能性もあるため掃除は必要と考えます。

   分解掃除で、送風効率アップ      トップへ

SAR-VL15WS_OffBolt
前ガードを外すには赤丸印の位置にあるネジ一本のみ
SAR-VL15WS_Fb_Scr SAR-VL15WS_FCv_Off

 前ガードには、下の方にネジがついています。これを緩めればカンタンに外れると思いネジを取り外して、引っ張って見ても外れません。こんなことでしばらく掃除は諦めていました。しかし羽に埃の付着が目立つようになり、スパイラル状の前ガードにもかなり付着してきました。普通はネジを外せばカンタンに外れるのですが、ビクともしません。外せないわけがないと思い、色々いじっているとロックが掛かっていると判断しました。ガタツキも無いのでおそらくと、回転して見たらやっと外すことができました。おそらく同メーカーからたくさん販売されている機種も同様な構造が使われている可能性があります。数年経って説明書を無くしてしまったので、外し方がわからなくなっていました。使っていくとだんだん埃は付着していきます。掃除は必須なので、外し方を本体に印字していただくと良い思います。

   扇風機のモーター部分の埃の付着具合      トップへ

 左上の写真が前ガードを取り外した状態です。これさえ外せば内部の清掃は非常にカンタンになります。(この写真は、羽やガードの埃をかなりとした状態です)そして、右上の写真は、前ガードのロック部品で、後ろ側に写っている本体の溝に入り回転して固定するようになっています。

   小型掃除機で内部を清掃      トップへ

SAR-VL15WS_CL_Fan
羽部分の先端(エッジ部分)にこびりついている綿埃の塊は、指でカンタンに取れます。
SAR-VL15WS_CL_InS SAR-VL15WS_ B_Clean
円筒部分の内側にも、薄く張り付いています。本体の後ろ側の吸気側の掃除も効率を上げます。

   清掃後は新品に近い状態で使用できます      トップへ

使用していて、前ガードや羽のエッジに埃が付着した時は、この方法でお掃除してください。送風が無駄なく行われます。またモーター周りの埃も取り払うことによって、放熱も妨げられず、快適に長く使うことができると思います。  トップへ

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ

 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 8/Oct./2018 - Last Modefied 8/Oct./2018