IROIROtitle
iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!
【お掃除関係MENU】

浴室壁取付換気扇のメンテナンス

  性能が落ちた 浴室換気扇のメンテナンス      トップへ

VentiFanCleanBefore191207
四季を通じて湿気を排出してくれる壁取付浴室換気扇

浴室壁取付換気扇の内部清掃

 最近浴室換気扇の能力が落ちていると感じている方は、内部清掃がおすすめです。ここでは壁取付式浴室換気扇の、ファンの回転速度が落ちてきたためメンテナンスを行います。ファンブレードの回転が落ちると湿気の排出能力が下がるので、カビ発生の確率が上がります。健康と直結していますので、この様な時の掃除が必要となります。
 通常の掃除では、前の樹脂カバーを取り外し見える範囲で、ファンブレードにこびり付いた綿埃などの除去を行なってきました。換気扇は、室内の空気を排出するためにファンブレードの窪みが外側にあります。今回は、ファンの回転が遅くなり吸い込みが極端に低下しているのがファンブレードの回転音と排出音で分かりました。浴室換気扇の、前カバーを外して原因を探ってみました。

   分解して原因を探ります      トップへ

 前カバーは、下の方につまみ状のものが出っ張っていますのでこちらを手前に引きます。 本体上部に引っかかりがありますのでたまえに引きながら持ち上げると外すことができます。
 次にファンブレードを取り外します。キッチンの扇風機と違ってカンタンに取り外すことができません。取り外しボタンなどがありませんので、このタイプは殆ど差し込み式で、ファンブレード側には、モーターシャフトをしっかり挟む様に、金属のスリットが入ったパイプ状のものがはめ込まれています。ファンブレードを抜く時は、シャフトに負担が掛からない様に慎重に真っ直ぐに引っ張ると徐々に抜けてきます。

   浴室換気扇風洞部の清掃      トップへ

汚れの原因は脱衣室の綿ぼこり

 下の画像が浴室換気扇のファンブレードを取り外した時のものです。今まで見える範囲しか掃除はしていませんでした。実際ファンブレードを外し裏側を見るとこんな有様でした。これでは積もったホコリが湿気排出の邪魔をしてしまいます。
浴室換気扇の風洞部を掃除するには、ファンブレードを外すことが必要です。外し方は上記の通りです。モーターのシャフトが細く長いので外れるまで真っ直ぐに引っ張ります。ファンブレード側のシャフトの差し込み口には円筒形の金属のバネが入っていてしっかりシャフトを抑える構造になっています。

VentiFan_BladesRemoval191207 VentiFan_BladesBackSide191207
左が外れたファンブレードで案の定、回転低下の原因は厚く積もったこの埃でした。
VentiFan_InsideClean191207
風洞にもかなり埃がへばり付いています。

   ファンブレードを取り外す時は、ご覧の通りモーターの軸はかなり細いので注意が必要です。しつこい様ですがファンブレードの取り外しは慎重に真っ直ぐ引き抜くことが重要です。このNational(現パナソニック)の浴室換気扇は、スイッチの紐を引くとファンブレードが回り、風圧で外扉(台所用と違って1枚スリット)が持ち上がる構造になっています。脱衣室と隣り合わせの浴室は、脱衣した時に出る綿埃を浴室を通って室外に排出します。このため綿埃が湯気で湿り気を帯びて、室外へ排出されます。この時空気を送り出すファンブレードの凹み部分に湿気で付着する 様です。奥に見えるアルミの板がそのシャッター(扉)です。ファンブレードがホコリで重くなり回転が遅くなった分、排出能力が下がって様で内部は思ったより綿ぼこりが積もっていました。

   取り外したファンブレードを清掃      トップへ

VentiFan_BackSideDust191207 VentiFan_BladesClean191207
埃が積もったファンブレードの画像で2~2.5mm位の厚みがありました。これを古い歯ブラシで削り取ります。
VentiFan_BladesDust191207
これだけのホコリが剥がれずに付着していました。

 ファンブレードにこびりついた主に綿埃を除去するには、飛び散らない様に下に紙などを敷き作業をします。今回は大きさも小さいものなので、すぐ捨てられる様にティッシュペーパーを敷きます。 今回、取付以来ファンブレードを取り外して掃除するのが初めてでした。浴室は湿気がとても高いので、汗をかいた換気扇のブレードが綿ぼこりを含んだ湯気を排出しているので、羽の外側の凹みにかなり積もっていました。
 4枚のブレードに積もったホコリをこそげ取り、さらにキレイにする為に歯ブラシを使って水洗いをしてから水分を布で取り去ります。

   部品を清掃後に組み立てます      トップへ

VentiFan_BladesSet191207 VentiFan_BladesSetOn191207
キレイにしたファンブレードを慎重にモーター軸に差し込み、回転状態を確認します。
VentiFanCleanDone191207

 掃除が終わり掃除した前カバーを戻した浴室換気扇です。清掃後の浴室換気扇は作動後ファンブレードの回転は戻り、しっかりと回って浴室の湿気の排出速度がかなり早くなり元に戻りました。  トップへ

   CHSのIROIROサイト:人気サイト      トップへ

 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 7/Dec./2019 - Last Modefied 24/Dec./2019