IROIROtitle

iroiroLOGOsss
IROIROサイトのトップページは、修理(自転車あり)・アウトドア(野鳥)・青梅や奥多摩の記事など山盛り掲載してあります!上のロゴをクリック!
【お掃除関係MENU】

古い扇風機を安心して使う為に

   シーズンオフになったら収納前に扇風機の内部清掃      トップへ

【古い扇風機の内部清掃】

 この扇風機は東芝製のハンディパックD30-PA卓上扇です。製造年は昭和45年(1970)です。台とモーター部分が分解できる現代の扇風機と違って、ファンガードの取り外し以外はできません。そのためにシーズンオフには、製品の発泡スチロール箱に仕舞わなければなりません。その箱は収まる様に、分解時の各パーツの形に整形されて、部品が収まる様になっています。
 この頃の扇風機は、この卓上扇と背の高いリビング扇大まかに分類されます。この1時代前の扇風機は重い鉄製で、全く分解ができないタイプでした。1970年のこの扇風機はファンガードの枠部分が鉄製で、3ヶ所ある留め具によって固定されます。ガードの枠は平たい大きなリング状になっていて回転止めのピンと穴を合わせ、固定金具を倒すことでロックできる構造でした。
 現在販売されている扇風機は樹脂製で、この製品に比べ耐久性がかなり劣っています。現在が2016.10ですので、46年の長寿です。この扇風機は故障した所が一ヶ所ありましたが、これは電源プラグ部分で断線してしまいましたので、現在はプラグの刃が折りたたみ式に交換してあります。

   古い扇風機の火災予防      トップへ


 以前ニュースで、古い扇風機の火災に注意という放送が流れました。扇風機はハネの後の空気を前に押し出す構造になっているので、扇風機のモーターのこの風で冷却する構造になっています。モーター部分に空気取り入れ口のスリットが無いものがありますが、このタイプはスリットが同心円状に空いています。今はちょうど扇風機の役目が終わった10月で収納次いでに内部の清掃をしてみることにしました。

   扇風機のモーター部分の埃の付着具合      トップへ


 このタイプは首振りの動力を同じモーターからとる構造です。特に火災の原因は良く報道されていますように、綿埃が電極でショートして発火するという物です。 モーターカバーを開けてみるとモーター周辺には衣類から出た綿埃の様な物が満遍なく付いていました。ご覧の通り電気配線がいくつかあり、コンデンサーらしき部品の端子にも綿埃が付いていました。その上には配線が基盤にハンダ付されていましたが、そこにも綿埃が積もっていました。

   電極部分の清掃      トップへ


  カバーを開けてから基盤の上だけを拭った状態。  綿棒で掃除すると細かい所の綿埃までキレイに取れます。

   前カバーの取り外しと清掃      トップへ


  扇風機のガードと羽根を外した状態。  ネジを取り外すと前カバーが外れますが同じように汚れています。

   各部分の清掃      トップへ


  複雑な形状の埃取りは綿棒が一番です。  電極部分を重点に清掃し一安心。

   清掃後電気製品に思ったこと      トップへ

 46年前の扇風機を掃除してみました。現在の扇風機と違って、樹脂部品が余り使われていませんのでかなり頑丈です。余談ですが、10年越しの扇風機は、ファンガードの前後の合わせ部分が打つけたショックで割れてしまっています。昔は、樹脂部品は劣化が激しいので、使用可能な箇所を使い分けてありました。
 経年劣化を起こし易いこの素材は、こんなことを無視して製造の手間がカンタンに出来る部品にたよっています。こんなことがわかっていて、暫くしたら壊れるように造られていることが残念です。当時の製品のように物を大事に長い期間使うと云う時代は消え去ってしまったようです。
製造メーカーは、製品をどんどん造って販売しなければ成り立ちません。しかしカンタンに壊れてまた売ると言うことが、ゴミを造り出すことにも繋がっています。致命的な故障なら納得できますが、一部品の故障で製品の使用が不可能になる様なことにならない様にメーカーには工夫をして強度が必要な箇所には樹脂パーツを使わない様に設計・製造し頑張って頂きたい物です。
“勿体ないという物を大切にする心”が無くなってしまわない事を、各メーカーに望みます。

 トップへ
 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 16/Oct./2016 - Last Modefied 13/Aug./2017