IROIROtitle
このコーナーは、自転車修理サイトです。ここに書かれている記事をお読みになりご参考になさって下さい。お読みになりご参考になさって下さい。
McBLwanBSetS ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換 チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ BB: シールドBB 買物自転車CC フルカバーC・CC スポーツ車CC

ママチャリのBB整備で快適ペダリング

 トップ  カップアンドコーンの構造  クランク外し   工具  BB外し  BB組立て

McRside

 ママチャリも変速機付(内装・外装)、変速機無し(チェーンカバー付)などがあります。お買い物としては毎日使っていらっしゃる方も多いとおもいます。 殆どの自転車が保守されていないと思われます。

 重要なパーツであるBB(クランクの軸周り部品)のハンガー芯はかなり酷使されています。また、グリスが切れた時にはこの部分の金属どうしが回すたびに擦れて削れていると考えられます。この自転車も10年以上前に買ってからBBの軸部分は特に整備はしていません。
ママチャリの他に比較的低価格のスポーツ車や、等につかわれているボトムブラケットは『カップアンドコーン』と呼ばれている型式です。工具さえあればシールドタイプのBBと違い、取り外すと各部品がバラバラに取れるので、メンテナンスがやり易いです

   カップアンドコーンBBの構造    ※イラストは拡大できます  トップへ

CCmBBillust

 このタイプのBBは右のイラストの様な構造になっています。工具さえあれば、シールドタイプBBと違って分解すると部品が個別に取り出せます。主なパーツは、軸になる「ハンガー芯」、リテーナー入りベアリング、左右のワン、ロックリングとなっています。工具さえあれば、メンテナンスは比較的カンタンです。右のイラストはクリックで拡大します

   クランクの取り外し    トップへ

McRclankbolt SocketWrench
  • 買物自転車(通称ママチャリ)のコッタレスクランク軸はナットで止められています。
  • ナットのサイズは14mmで、奥まっているので14mmのソケットレンチで外します
  • ハンガー芯の状態を見るため手で回してみると、軽く回ってしまったのでグリスが完全に切れている状態でした。
McChainCovR McRclankRe
  • コッタレスクランク工具を使ってクランクを外しますが、工具のネジは確実に緩めてから、クランクのネジ部分に確実に締め込みます。
  • 次にモンキーレンチかスパナを使って、左右のクランクのナットを、ソケットレンチで右回しで締めていくとクランクが抜けてきます。
  • チェーンカバーの3ヶ所のネジを外します。
  • 外れたチェーンリングからチェーンを外し、チェーンステーにかけておきます。

   使用する工具    トップへ

 ここには写っていませんが、クランクを外すのに『コッタレスクランク専用工具』、あとは左下の写真にあるモンキーレンチ、フックスパナ、17mmハブスパナとグリース、パーツクリーナーです。上から2番目の工具はカプアンドコーンBBの専用工具のマルチフックで、自転車用に薄く(普通工具の半分くらい)出来ていますのでスパナと合わせて締め付ける時にも確実に出来ます。こちらの自転車では左の他に右側のチェンカバーを止める為にも使われています。 McBB_Toolsこの自転車では右ワンの外すのに6爪ハンガー外し工具を使います。完全に分解出来ませんが今回は使わないで作業をしてみます。
晴雨にかかわらず頻繁に使っている自転車が数台ある場合は、ベリングの油切れに伴うBBの摩耗を防ぐために、これらの工具があった方がいいかと思います。他に使うのは、安価なグリスとパーツクリーナー、ウエス(布)だけです。


ご注意:ベアリングの鋼球のサイズは確認のうえ、用意してください。

   カップアンドコーンBBの分解    トップへ

McBLwan McRemove
  • 左ワンはロックリングで止まっています。
  • 右ワンのロックリングはチェーンカバーのステーを止めてあります。ロックリングは逆ネジなので右回しで緩めます。
McRwan6 McHangerClean
  • 右ワンは6ヶ所凹んでいて、外すには6爪のハンガーワン工具が必要になっています。 6爪の専用工具は高価な割に余り出番のない工具なので、今回は使わないでやってみる事にしました。
  • 左ワンを外した後に、右ワンを裏側からパーツクリーナーとウエスで奇麗にします。

   カップアンドコーンのグリスアップ    トップへ

McBearing McHangerUp McBLwanBSet McBLwanSet
  • 写真は外した左ワンで、ベアリングが入っているリテーナーと一緒に取れましたが、球は思いのほかに奇麗でした。しかしグリスは殆ど残っていませんでした。
  • パーツクリーナーで清掃したハンガー芯は、それなりに削れていました。
  • ハンガー芯と左右のリーテーナーをパーツクリーナーで清掃します。
  • 外していない右ワンにも小指を使って、内側にグリスを十分に充填します。

   カップアンドコーンの組立    トップへ

McBLwanLock McLockRre
  • グリスアップした左右のリテーナーを、グリスをたっぷり塗ったハンガー芯に通して差込みます。この時、ハンガー芯の玉受より端迄の長さが長い方が右(チェーン)側ですので間違えないように組み込みます。
  • 左ワンをネジ込みます。薄手のゴム手袋があると、作業がとてもやり易いです。
  • 左ワンを締め込んで、17mmハブスパナとマルチフックを使い締め込みます。
  • ガタが無く、かつゴリゴリせずにスムーズに回転する箇所を丹念に探します
  • ベストな位置が決まったら、マルチフックを左手で固定して、スパナでロックリングを回して締め付けます。
McBRwanSet 右ワンにはチェーンカバーのステーを右ワンに通しロックリングを付けます。
  • チェーンカバーステーの位置をカバーを当ててネジの位置を確認しロックリングを固定します。
  • チェーンカバーを当ててステーの上下2ヶ所、チェーンステー1ヶ所にネジを仮止めします。この時位置が合わないときはステーを叩いて回転し微調整します。
  • チェーンリングの方のクランクをにはめこみ、ナットを締め付けます。
  • 右の180度回転した位置に左クランクをにはめこみ、ナットを左右に締め付けます。ともにキャップを付け終了です。

   摩耗部品の交換  トップへ


McHangerUp  左右のクランクを繋ぐ軸は、コッタレスハンガー芯は両端にナットが付いているタイプと、ボルトをネジ込む物があります。主に買物自転車は殆ど両端がナットのコッタレスハンガー芯が使われています。交換時に気をつけなければならないのは同じサイズの物を交換することです。上の写真には、3U、5U、3S、5S、5Tのコッタレスハンガー芯があります。交換時には使用しているコッタレスハンガー芯の軸の中央部分に形式が刻印されていますので同じ物と交換します。


 トップ   工具   クランク外し   BB外し  クランク取付 工具無し作業  まとめ 
ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ

TopPage Reform eco kaden souji Smorke OldColeman Fiish PRIUS12 Jsyuri  
トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 21/Jan./2014 - Last Modefied 12/Sep./2016