IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

 完全体の零戦が日本に!

 所沢航空記念公園 日本の戦闘機 零戦展示(2013.8迄)

 2012.11.10のNHKのニュースで、無傷の零戦がアメリカから運ばれ展示される事になったと報道されました。製造当時のエンジンを搭載し、唯一飛行できる機体と放映していました。開催期間は2013年の3月末まで展示されるようでした。約1ヶ月後に展示されている所沢にある航空発祥記念館出かけてみる事にしました。
 この記念館にはこの話題の零戦の展示中のせいか航空ファンとみられる方々が多く、館内に入ると航空発祥100年の催しで天井には日本で初飛行した機体が展示されていました。観覧券を購入し展示場へ入ると今まで自衛隊等で活躍した往年のヘリコプターやジェット練習機なども展示されており、機体によっては乗り込む事も出来るようになっていました。やはり零戦のコーナーはかなりの人で賑わっていいました。近くには寄る事が出来ませんでしたが、コックピットを再現した物が通路のそばに展示されていました。 また、日本の航空技術100年の特別展が行われ、直列エンジンを搭載した当時の戦闘機、飛燕の実物のエンジンや設計図も展示されていました。民間機・戦闘機など写真が数多く展示されていますので、航空ファンの垂涎の的の展示会と感じました。

【展示期間がH25年8月末まで延長】
アメリカ・カリフォルニア州の航空博物館が所蔵し、所沢航空発祥記念館での零戦の展示が、予想を超える人気で8月末まで延長されました。 (H25.3.24 NHKニュースより)

画像をクリックすると拡大出来ます。
撮影データ:NikonD800 AF-S NIKKOR 16-35mmF4G/VR ISO3200
会場配布資料は別ウィンドウで開きます  特別展日本の航空技術100年」の零戦
TOPへ
トップへ

 トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 15/Jan/1997 - Last Modefied 24/May/2017