IROIROtitle
iroiroLOGOsss
東京の博物館・動物園・水族館の一部をご覧になれます。

古民家園 小林家 /川越道緑地

   住宅街の民俗古民家      トップへ

 小林家は、立川市幸町4丁目37番の1にあって、江戸時代以来、旧砂川九番組に属してきたお宅です。その母屋は、砂川には数少ない六間型(土間をのぞき6部屋で構成される)で、高い技術と優れた材料が使われた「オク」の間で、床の間・違い棚・書院などの座敷飾りは、当時の武家住宅に匹敵するほどの高い格式をもっています。
立川市は、こうした点に注目し、当家を文化財に指定するとともに、「川越街道」内に移築復元することにしました。作業は、出来る限り元の材料を使って創建当初の姿に戻す、という方針で進められました。なお、移築に先立つ解体調査では「寛永五(1852)年」と書かれた部材が発見され、建築年代が明らかになっています。
小林家の住宅復元は、平成元年5月に調査が始められ、平成5年10月17日に川越道緑地古民家園が開園しています。

  • 【母屋の概要】
  • 屋根形式:入母屋造、茅葺き
  • 平面積 :約200㎡(60.425坪)
  • 上屋桁行:約16.2m(9間)
  • 上屋梁行:約7.2m(4間)
  • 棟  高:約8.2m(24.7尺)

  • 参考資料:立川市教育委員会 川越道緑地古民家園内 小林家住宅パンフレットより

       小民家園の外観      トップへ


    広い庭には、砂利が敷かれ文様がつけられています。

     古民家の西側には竹林があり、3月頃には紅梅が彩りを添える

     古民家北西には砂川十番大のぼりが保管されています。        古民家入り口には大八車が展示されています。

       小民家園の内部      トップへ


     小林家の古民家内には、当時使われたと思われる道具類が展示されています。

     六つ間の配置は図の通り

     当時のおかって(台所)は、燃料は薪をカマドに焼べて調理します。

     当時、生活に使われていた、台所の道具類も展示されています。

     いろりは、天井から自在鍵で鉄瓶が吊られています。冬には暖房、湯沸かし、焼き物、調理など活躍。

     長火鉢は、畳部屋に置かれて暖房湯沸かしに使われていました。右は中の間

     障子のさんには飾りが施されています。早春には障子越しに梅と竹林が味わえます。
    トップへ   撮影:NIKON D750 24-80mm f3.5-4.5G ISO 12800  LENDS:AF-S NIKKOR16-35mm f4 VR

    トップへ
    CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono  Since 15/Mar./2015 - Last Modefied 26/Mar./2015