IROIROtitle
このコーナーは、生活の中で色々試したポートです。ここに書かれている記事をお読みになりご参考になさって下さい。
SealedBBs   ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換 チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ BB: シールドBB 買物自転車CC フルカバーC・CC スポーツ車CC

シールドカートリッジBB メンテナンス

 トップ   工具   クランク外し   BB外し  クランク取付 工具無し作業  まとめ 

 自転車で走っていて、最近ペダルを踏み込むとゴリゴリ、パッキーンというような音がします。チェーンが伸びたときのものより金属的な異音です。音はペダルか、ボトムブラケットの辺りから出ているようです。以前BB(ボトムブラケット)を外さずにグリスアップしてみましたが、全く効きません。ここで思い切って、工具を使って修理する事にしました。
この自転車はSHIMANOのBBを使っていますが、自転車によってBBの構造が違います。
ママチャリは構造が違いますのでご了承の上お読み下さい。

  使用する工具    トップへ

BBtool

 右の写真にありますように、六角レンチとBB工具とコッタレスクランク専用工具が必要です。六角レンチは出来れば長いものがやり易いです。上のモンキーレンチは、クランクを抜く時に、クランクプーラーを回す時と、大きな六角のBB工具を脱着する時に使います。ここには写っていませんが、このBB部分のオイルシールをめくる時に精密ドライバーの細いものが必要です。あとはグリスです。

  クランクを取り外す  コッタレスクランク専用工具のみの作業    トップへ

CycleBB_L CycleBB_Lremove
  1. クランクの軸上にあるボルトを六角レンチで外します。
  2. 右クランクの軸にクランク取り外し工具を手で奥まで止まるまでねじ込みます。
  3. 奥まで入っていることを確認します。(斜めに入っているとクランクのネジ山を壊してしまいます。)
  4. 次にモンキーレンチでねじ込むと段々クランクが抜けてきます。(左上写真参照)
  5. 同様に左側のクランクも外します。
  6. BB工具を使って、BB留め具を外すとボトムブラケットが見えてきます。
CycleBB_Rremove CycleBBmente

  シールドカートリッジBBを取り外す    トップへ

  1. BBを外します。(右側のBBは逆ネジになっています※シェル幅70mm以外)
  2. BBを取り外しオイルシールを精密ドライバーで外します。
  3. 右ワンには太いオイルシールが入っています。
  4. ベアリング部分を覗いてみてもグリス切れ以外、特に問題はなさそうです。
CycleBB_RG CycleBB_RGup

  BBを清掃・グリスアップ    トップへ

  1. パーツクリーナーで両側の汚れを落とします。
  2. 回転を確かめます。段々回転が滑らかになってきます。
  3. グリスを小さなヘラで押し込みます。(写真のものは安いモリブデングリスです)
    グリスガンの細口ノズルでもOK
  4. グリスを入れ終わったら、オイルシールを面を間違えないように戻します。この時グリスが溢れますので拭いてください。
  5. 片面もオイルシールを戻します。

  クランクを元に戻す    トップへ

  1. フレームにBBをねじ込み、反対側もねじ込みます。
  2. 締め付けが終わったらクランクを戻します。
  3. 試走して修理部分を確認します。

  BB工具なしでコッタレスクランク専用工具のみでの作業    トップへ

 この作業は自転車を何回も倒したり、起こしたりでかなり作業がやりにくいです。今後あまり工具のを使う可能性がないなど、購入したくない方・よけいな出費を抑えたい方には以下の方法でもできると思います。BB工具代1000〜1500円位、節約できます。

  1. 両側のクランクをコッタレスクランク専用工具で外して、自転車を倒します。
  2. BB部分の汚れをパーツクリーナーとブラシで清掃します。
  3. 両側のオイルシールをマイナス精密ドライバーなどで、傷を付けないようにめくって取り外します。
  4. 自転車を斜めにしてベアリング部分をパーツクリーナーの噴射で清掃します。
  5. 汚れたパーツクリーナー液を完全にこぼします。
  6. 反対側に倒して3〜4の作業をして同じように清掃します。
  7. 乾燥したらグリスを両側のベアリング部分にヘラ(アイスの木棒でOK)で充填します
  8. オイルシールを戻して、左クランクを取り付けます。
  9. 右側はチェーンをチェーンリングに掛け、クランクを取り付け完成です。
トップへ

〔まとめ〕
この自転車は13年物で外置き(カバーあり)です。特にBBはメンテナンスをしていなかったので、油切れが起こりました。カバーなしの外置き(雨ざらし)の場合は特に注意が必要です。右ワンは逆ネジで、硬く閉まっていたために緩めるのに手こずってしまいました。このような時は延長パイプがあるとカンタンに緩みます。
 BB部分の分解作業には、クランク抜きとBB抜きの特殊工具が必要です。2つの専用工具で2〜3,000円位掛りますので、ご判断下さい。自転車を複数台お持ちの方は、そのうちこの工具の出番がくるかるかも知れません。
 作業に自信の無い方は、修理代金はいくらかかるか聞いてから、プロにお願いしましょう。
異音が出る症状はペダルのベアリング部分や、リアがサスペンションの場合は可動部分の注油が必要です。

SealedBB MamaBCCbb FullChainCB SportsCCBB

ハブメンテ LEDライト チェーンホイール CC/BB保守 ワイヤー潤滑 ブレーキ交換 Vブレーキ交換 外装変速タイヤ交換
チェーン交換 ワイヤー交換 パンク修理 注 油 適正空気圧 リムの振れ取り スポーク修理 BBメンテ ペダルメンテ


TopPage Reform eco kaden souji Smorke OldColeman Fiish PRIUS12 Jsyuri syuriB トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 21/Jan./2014 - Last Modefied 9/Dec./2016