IROIROtitle

「チャレンジしましょ!」のページは、手づくり食材の体験レポートです。初めての方はこの記事ご参考にしてみてださい。
【料理関係】


ダッチオーブンで
パリパリを食べる!


庭に梅の木から
梅干し作り!


アジの干物作り!


ぬか漬けチャレンジ!!

【手作りくん製】


くん製の道具


スモークウッドの
燻製


【家でも活躍の鍋】

意外に使えるOD用品


ランタン etc.
1919〜

掲載データ
“禁転載”

CHS HomePage


【熱さに打ち勝つ】

サンシェードで
遮光,断熱

ベランダに物干が
できるサンシェード

サンシェードで
目隠し&リラスペース

  工場見学  


サントリー武蔵野工場

 屋外レジャー 


御岳渓谷遊歩道

葛西臨海水族園

【料理関係】


掲載データ
“禁転載”

CHS HomePage


【【アマゾンで調べる】

【果実酒ビン 5L】
日本製


【粗塩】
伯方の塩 粗塩1kg


高級 竹ザル
(竹ざる・梅ザル・盆ザル) 55cm

梅干しづくり/3回目の夏は豊作

リンク: 梅干し造り1 梅干しリベンジ 梅干し造り3 梅の実豊作の年 梅ジャムづくり 梅の花に集まる野鳥 失敗しないビン選び

  梅の状態で作るものを選ぶ

 狭い敷地にある庭の梅の木は、迷惑にならない程度に枝切りをしていますが、昨年より大きくなっているようです。6月に入ると枝の真下に張ってある遮光ネットにはある程度の大きさのウメが落ちて来ます。梅の実は葉と殆ど同じ色をして見つけにくいですが、どうやら昨年より多いようです。
今年で3回目になる梅干し造りですが、昨年は梅酒、梅サワーを重点的に作ったため出来上がった梅干しの数は非常に少量でした。今回は、梅干しの割合を多めにすることにしました。梅の実は青い状態の時でも落ちてくるので状態を見計らって第1収穫は梅酒、梅サワー用の青梅をして、第2収穫は明るい緑から黄色く変わってきた完熟梅で梅干しと、わずかな量で梅ジャムを作ってみることにしました。
トップへ

  梅干し作りのおさらい

  • 収穫量にみあった梅酒のビンの用意
  • 収穫量にみあったあらしお
  • 重石用の厚手ビニール袋
  • 35度の焼酎(容器の殺菌に使用)

  1. 上記の様に焼酎で保存容器を殺菌します。
  2. 完熟梅だったので水洗いします。
  3. あらしおを梅の重みの10〜15%位を梅を入れながら入れます。
  4. 薄手ビニール袋を3重以上にして水を入れ重石にします。
  5. 梅酢が上がるまで数日待ちます
  6. 梅雨明けが発表されたので、水気を拭いて竹籠へ移し天日干ししました。


トップへ

  梅干しの完成

H25は梅雨が明けるといきなりの猛暑でした。早速取り出した梅を日干しにしてみました。2日干したので、1つどんな出来か試食をしてみました。今回も昨年同様まさに紀州梅干しのあの食感になりました。やはり待ちに待った完熟が最高ですね。
 干しは陽が強い場合は陰干しということらしいので、様子をみながら日陰に移動しました。シワも程々によりました。(味は梅の酸味と「あらしお」の旨味が美味しくしてくれました。今回はウメが豊作でしたので、たくさん収穫が出来ました。完熟後に枝から落ちたウメもしようしましたので、バラツキはありますが全体的に柔らかめなウメが多かったです。ということで果肉がゼリー状になっているものが2割りほどありました。塩漬けにした時に無理に押し込んでしまったので破れていたものもありましたので、漬けるは量はほどほどだと反省しました。


【梅ジャムの作り方】
 梅ジャムの味は、最初にアンズジャムの様な甘さがきて、あとから梅の酸味がきます。お好みの方はチャレンジしてはいかがでしょうか?

〔材料〕
ウメ 1kg
砂糖 800g

〔作り方〕
・余っているジャムのビンを熱湯消毒する。
・出来れば完熟梅が良いと思いますが、青梅でも大丈夫の様です。
・ウメのホシをとって、鍋にウメ・水を入れてお風呂の湯より熱くなったらお湯を捨てる。
・これを2回程度繰り返す。
・冷めたら種を取り出して、包丁かフードプロセッサーで細かくする。
・鍋にこれを入れて少しずつ砂糖を加え火をつける。
・湧いてきたら、砂糖を1/3残して5分ほど煮る。
・残りの砂糖を入れて20分程度煮る。
・透明感が出てきたら、これを熱い状態でジャムビンにいれて出来上がり。

トップへ

リンク:リンク:初めての梅干し造り  梅干しリベンジ  梅の花に集まる野鳥  失敗しないビン選び  剪定で梅が豊作 


トップへ


CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 8/July/2013 - Last Modefied 30/Dec./2016