IROIROtitle
iroiroLOGO
このコーナーは、生活の中で色々試したポートです。ここに書かれている記事をお読みになりご参考になさって下さい。

刃物を研いで、切れ味抜群!! 


 以前仕事の関係で、専門業者に研ぎを何回もお願いした事があります。専門業者は据え置きのグラインダーで研いでいます。ここでは、砥石を使って自分で研いで切れ味を良くします。
ハサミの刃の部分をよく見ると、刃裏には緩やかなカーブがあります。しかし研ぐのはこちら側ではなく、後にご説明する外側の『小刃』のみの研ぎになります。
 切れ味が悪くなっているハサミは、刃の真上から見ると刃の部分が線状に細く光っています。はさみはこの箇所が切れ味のポイントとなりますので、この状態では最悪の場合噛んで切れ味がかなり落ちている状態です。ここで刃こぼれしている場合は、その箇所まで刃の部分を削らなければなりませんので、刃が欠けている部分まで犠牲になります。日頃から注意して作業をすると苦労せずに済みます。
 ハサミは物を裁断する時に刃同士を擦り合わせて切るために、使っているうちに切れ味が悪くなってきます。「切れないや!」と諦めて捨てる前に、ご自分で研いでみてはいかがでしょうか。

  自分で出来るはさみ研ぎ

〔はさみの種類による準備〕

 はさみも色々な種類が出ていますが、サイズは別として研ぎに大きく影響してくるのはネジ部分が外れるか、鋲状のもので固定されているかに分かれます。比較的大きめの裁ちバサミなどはネジ式のものが多いです。しかし紙切りばさみ等は殆ど固定式になっています。固定式のものはハサミを開いた状態で研ぐ事になります。
 また握りバサミは左右の刃を力一杯握って、刃を交差させて刃の部分を外に出して研ぎます。やはり一般のハサミと同じように、裏は研ぎ厳禁で切り付(小刃の部分)のみを研ぎます。


〔必要な道具〕
 お手軽に研ぎが出来るのが砥石で、金物店・ホームセンターで入手できます。用途を話してお店の方に選んでもらってください。一般的に砥石というと専門的に感じてしまいますが、包丁・はさみ(紙切りはさみもOK)など研げますので持っていると便利です。刃物は使うたびに切れ味が落ちる物です。
 例えば包丁でトマトなどなどを切る時に、包丁の切れ味が落ちていると刃が滑ってしまい危険です。また包丁のきれると、料理も奇麗に出来上がります。写真の物は荒目・中目両面の砥石です。

  研ぐ箇所と研いではいけない箇所

 菜っきり包丁を除く一般的な包丁は両面を研ぎますが、ハサミでこれをやってしまうと使用不能になってしまいます。最初に研ぎの専門業者のお話をしました。グラインダーが無い一般家庭の場合は、研ぐ箇所は、左の写真で標している小刃(コバ)のみになります。良く観察してみると、小刃は意外に角度が緩いのがお分かりになると思います。この角度をイメージして研ぐ事になります。
〔刃を真上から見てみる〕
切れない刃物は殆ど、真上から見ると刃の部分が細く光っています。これは刃が摩耗や潰れて起きている証拠です。切れる刃物はこれがありませんので、研ぐ事によってこれを無くしていきます。但し、しつこいようですが、研ぐ面は上の説明写真の切り刃側からです。刃裏からは厳禁です。

  はさみの研ぎ方

w

最初はあまり使っていないハサミで練習されると良いと思います。しつこい様ですが、研ぐのは小刃のみです。 刃裏側は研ぐと使用不能になりますので厳禁です。
1.砥石を用意して、水が潤滑の役目をするので、本体の色が変わるまで水をかける。
2.分解できる物は分割すると、研ぎやすいです。出来ない物は開いておく。
3.湿らせた砥石を滑らないように固定すると研ぎが楽になります。
4.研ぐのは小刃のみで、切り刃側から刃裏の一方向で、押して研ぎ引く時は浮かして戻ります。このとき手首は固定して角度を一定になるように心がけます。
5.最初に見た小刃の角度をイメージして一方通行で研ぎます。
6.研ぎ進めると、小刃の刃裏側にだんだんバリが出てきます。
7.バリを刃裏側から砥石で撫でるイメージで取ります。(決して研ぎません)
8.指先で刃裏側から撫でてみて、バリが無くなったのを確認し片側の研ぎを終えます。
9.同じように5〜8の行程で反対側を研ぎます。
10.確認のために刃の断面を見て、細く光っていないかを確認し、それがなければ完成です。
11.試し切りをしてみてください。

トップへ

CHS HomePage Communication Handle Service Corp./ Maintained by A.Shiono Since 13/Jul./2013 - Last Modefied 19/Sep./2015